【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…

【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…のタイトル画像

発達が気になるお子さんとの毎日は、楽しいこと、うれしいこと、そしてちょっと大変なこと…いろんな出来事があり、ママパパの心も膨らんだり、ときにはしぼんでしまったりすることもあるのではないでしょうか。編集部は、2019年3月に開催した「子育てフェスタ2019」の会場で、「発達凸凹キッズあるある募集」と題し、エピソードの募集をさせていただきました。そこで集まったエピソードを発達ナビの連載ライター陣によってコミックエッセイ化。

今回は「受給者証申請のための通院」にまつわるエピソードをご紹介します。

発達ナビ編集部のアイコン
発達ナビ編集部
13405 View

子育てフェスタで募集した「子育てあるある」エピソード

「子育てフェスタ」会場に設置した、エピソード投書箱
「子育てフェスタ」会場に設置した、エピソード投書箱
Upload By 発達ナビ編集部
発達が気になるお子さんとの毎日は、楽しいこと、うれしいこと、そしてちょっと大変なこと…いろんな出来事があり、ママパパの心も膨らんだり、ときにはしぼんでしまったりすることもあるのではないでしょうか。

それぞれのご家庭でのエピソードを集めたら、きっと「わが家と同じ!」「懐かしいなぁ」「なんだか自分のことみたいにうれしい」と共感いっぱいで読んでいただけるのではないか…?

そこで編集部は、2019年3月に開催した「子育てフェスタ2019」の会場で、「発達凸凹キッズあるある募集」と題し、エピソードの募集をさせていただきました。そこで集まったエピソードからいくつかを厳選し発達ナビの連載ライター陣によってコミックエッセイ化したものを、2回に分けてご紹介します。
発達が気になる子の「学齢期の悩みへのヒント」がいっぱいの一日に!子育てフェスタ2019開催のタイトル画像

関連記事

発達が気になる子の「学齢期の悩みへのヒント」がいっぱいの一日に!子育てフェスタ2019開催

3歳児健診がこわい…先延ばしにしていた日々

発達が気になる息子は、ASD(自閉症スペクトラム)とADHD(注意欠陥・多動症)の傾向があります。そんな3歳の息子のことです。

3歳児健診のお知らせが届いたけれど、私は「行きたくない」という気持ちでいっぱいでした。息子の発達に気になるところがあり、健診に行けば必ず指摘をされるだろう、と分かっていたからです。息子には何らかのフラグが立ってしまう。そうしたらきっと行政機関にも連携されてしまうだろう。それがどうしても受け入れられず「健診で出される課題もクリアできるようになってから受けたい」と思っていたのです。

そんな思いを抱きながらネットで情報を探し、発達ナビのサイトでもたくさんのコラムを読みました。民間療育施設の体験にも行ってみました。1回のセッションで驚くほど変化が見られたこともあって、私の中で少しずつ、「発達障害」に対しての心理的ハードルが低くなり、療育の必要性も感じるようになっていったのです。

療育できる施設に通うには、受給者証が必要だと知る

【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…の画像
Upload By 発達ナビ編集部
療育の必要性を感じ始めた私は、どうしたら受けられるのかを調べました。すると、療育をしてくれる施設(児童発達支援事業所)へ通うには、通所受給者証が必要だと分かったのです。そしてこの受給者証をとるためには、お医者さまの意見書が必要だとも知りました。

「子どもの発達を指摘されるのがイヤ」という気持ちから、「療育を受けさせてやりたい」という気持ちに変化してきた私は、ようやく、ずっと先延ばしにしていた3歳児健診を受けに行く決意ができたのです。

ようやく向かった3歳児健診…でも、大暴れで診察を受けられず

【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…の画像
Upload By 発達ナビ編集部
3歳児健診に行こう。そして、発達についての意見書を書いてもらおう。そう考え向かった3歳児健診。ところが…いつもとは違う私の緊張感を察知したのか、息子は逃げ回ったり、大暴れしてしまったのです。

診察ができない状態のまま

【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…の画像
Upload By 発達ナビ編集部
結局、診察もままならず、受診不可に…。私は、「あぁ、この子には本当に療育が必要だ」と強く思いました。そして力尽き、その場で涙してしまいました。

先生は、(大暴れしたため診察も難しかったという)そのときの状況を意見書に書いてくださいました。
【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…の画像
Upload By 発達ナビ編集部
興奮してイキのいいマグロのような状態の息子を抱えるようにして病院を後にしました。そして「このままじゃダメだ」と、その足で息子を保育園に預け、お医者さまに書いていただいた意見書を手に役所に向かいました。

役所で知ったのは、行政の療育施設経由の受給者証申請だと希望者が多く半年はかかるということ。そこで、すぐに手続きが完了するセルフプラン(※)で申請することにしました。

窓口の担当者の方にも発達障害傾向のお子さんがいるということで意気投合し、丁寧にセルフプランの描き方を教えてくださったおかげで、1時間程度で手続きも終了。翌週には通所受給者証を手にすることができました。

※障害福祉サービスを利用するには、指定特定相談支援事業者・障害児相談支援事業者が作成するサービス等利用計画等が必要になります。相談支援事業者に代わり利用者や家族、支援者が「セルフプラン」を作成することもできます
現在、療育施設に通い始めて2か月。療育の効果は少しずつ感じることができています。結局受診不可だった3歳児健診には再訪できておらず、はっきりした診断名がついたわけではありません。でも、息子に必要なことを積極的にできている今は、以前のような漠然とした不安はなくなりました。

あのマグロ事件も、私の背中を押すための息子の作戦だったのでは――そんな風にも感じています。

エピソード提供:TSさん(3歳の男の子のママ)
イラスト:ひらたともみ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達ナビ編集部 さんが書いた記事

感覚過敏の救世主「タグカバー」&見せたいときだけヘルプマーク「提示カードホルダー」、ママの声を活かして発売!フェリシモ×発達ナビコラボ・第2弾のタイトル画像

感覚過敏の救世主「タグカバー」&見せたいときだけヘルプマーク「提示カードホルダー」、ママの声を活かして発売!フェリシモ×発達ナビコラボ・第2弾

「洋服のタグがチクチクして服を着てくれない」「提示カードがうまく取り出せずスムーズにお出かけできない」。発達が気になる子どものお出かけをも...
身のまわりのこと
12820 view
2019/08/08 更新
発達障害がある子どもが安心できる歯科治療を!全国130の歯科への調査で見えた、配慮の現状と課題とは?のタイトル画像

発達障害がある子どもが安心できる歯科治療を!全国130の歯科への調査で見えた、配慮の現状と課題とは?

歯医者=こわい、痛い…という印象がありますよね。大人でも「ちょっと苦手だな」と感じる方も多いと思います。発達が気になる子どもや保護者にとっ...
発達障害のこと
12896 view
2019/08/07 更新
発達障害の子のママの声から生まれた!整理整頓が苦手でも不器用でもOK「メッシュリュックインナー」&「お財布ポシェット」、フェリシモ×発達ナビのコラボで発売のタイトル画像

発達障害の子のママの声から生まれた!整理整頓が苦手でも不器用でもOK「メッシュリュックインナー」&「お財布ポシェット」、フェリシモ×発達ナビのコラボで発売

「バッグの中がごちゃごちゃして何を入れたか分からなくなる」「お会計のときにどうしてももたついてしまう」。そんな、発達が気になる子どものお出...
遊び・お出かけ
23776 view
2019/08/05 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。