偏食むっくん、苦手な食べものは「知り合う時間」が重要…!?母子で取り組む3つのコト

2019/07/02 更新
偏食むっくん、苦手な食べものは「知り合う時間」が重要…!?母子で取り組む3つのコトのタイトル画像

むっくんは4歳頃まで偏食が強く食の細い子でした。今では保育園のおかげで食べられるものも増え、心配も苦労も減りましたが相変わらず拒否する食べ物は多め…。どうして食べないんだろう?と苦手な食べ物についてデータを取っていくと、ある「理由」が見えてきたのです。

ウチノコのアイコン
ウチノコ
12231 View

食の経験値が足りない!?

むっくんが食べない大きな理由、それは「慣れない食べ物だから」です。

つまり、食卓に上る回数の少ないものほど口にしないのです。子どもが好きそうな果物でさえ、旬にしか目にできない、さくらんぼ、ブルーベリー、スイカ、メロン、プラム、桃、ブドウ(品種による)なんかは拒否。野菜ならトウモロコシ、枝豆。めったに買わない高級食材なんてもってのほかです!
苦手な旬の野菜に囲まれて青ざめるむっくん
Upload By ウチノコ

慣れないものは危険なもの

食べたことがないのだから、ただの食わず嫌い。なのですが、よくよく考えてみると私も思い当たるフシが…。慣れない店に行くと、よくわからないカッコイイ名前の料理よりも、味が想像できる見知った料理を頼んでしまうことはありませんか?これって慣れないものを拒否して慣れたものを食べたがるむっくんと同じ原理なのかも。
自分自身も食べなれたメニューを頼みがちだと気づくママ
Upload By ウチノコ
そもそも人間が狩猟生活をしていた頃を想像してみると、見慣れない木の実や動物をわざわざ食べるだろうか?慣れないものを食すなんて、命にかかわる行為かもしれない。と考えることもできます。子どもは体が小さい分、良くないものを食べれば命にかかわります。「慣れないものは食べない」という行いは、生き物の本能からくる行動で、警戒心を持つほうが当たり前なのかもしれません。
狩猟採集時代を想像し、見慣れないものを食べてみようとするタイプ(ママ)と怪しいと感じるタイプ(むっくん)の2人
Upload By ウチノコ

慣れた食べ物へと昇格を狙え!

そうは言っても色々食べてほしいのが親心。「慣れなきゃ食べない」の対策は簡単!

「慣れない食べ物」から「慣れた食べ物」への昇格を狙うのです。

旬のものを食卓に

見る回数を増やすため、旬の食材は少々高くても、「今しか出回らない!」と奮発して意識して買うようにしています。食材は好きに触らせ、図鑑や絵本で学習、食べなくても食卓に並べ、家族は普通に食べます。すると毎年少しずつ食べられるものが増えていくから面白い。

一昨年、昨年、祖父の畑に実ったスイカをノルマのように家族で食べていたら、むっくんも種を取れば食べられるようになりました。しかし、冬の間に再びスイカは「慣れない食べ物」に降格されたようで、今は拒否・・・。だけど今年もスイカを出し続ければ、食べるようになるはずです。今年6歳のむっくんにとって、スイカと過ごす夏はまだ6回目。6回目のデートじゃ、相手を知るには時間が足りないでしょ!
触れ合った回数が少なければ仲良くなれないことを、織姫と彦星に例えた絵
Upload By ウチノコ

食材を育てて収穫体験

収穫体験でも食べられるものが増えました。「口に入れた感じが嫌!」と吐くほど苦手だった枝豆は収穫してから食べられるように。目の前にある食材がどのように育ち、実り、今ここにあるのかを知ることも「慣れない食べ物」からの昇格につながるようです。
偏食むっくん、苦手な食べものは「知り合う時間」が重要…!?母子で取り組む3つのコトの画像
Upload By ウチノコ

料理を楽しんでみる

一緒に料理をするのも効果的でした。苦手だったポテトサラダは、作ったことで大好物に変わりました。自分で切って、混ぜて、味付けると原材料を全て把握できるからか、「慣れない食べ物」から昇格されるようなのです。
偏食むっくん、苦手な食べものは「知り合う時間」が重要…!?母子で取り組む3つのコトの画像
Upload By ウチノコ

食べない理由は「好き」か「嫌い」だけじゃない

好き嫌いは許しません!と育てられた私はむっくんの偏食にずいぶんと悩み戸惑いました。だけど診断後、どうして食べないのかな?という目線を持てるようになったことで、食べないもの一つひとつに単なる「好き、嫌い」以外の理由があることを知りました。
偏食むっくん、苦手な食べものは「知り合う時間」が重要…!?母子で取り組む3つのコトの画像
Upload By ウチノコ
むっくんは感覚が敏感なので、「食べる」という視覚、嗅覚、触覚、味覚、固有覚と様々な感覚に強い刺激が入ることに、恐怖心を抱くことがあるように感じます。中には受け入れがたい感覚もあるのでしょう。しかも特性により、はじめの一歩を踏み出すことも苦手なので、新しいものを受け入れるには、人一倍パワーや時間が必要なのかもしれません。

そう考えると、辛いなら無理しなくていい、死なない程度に食べてればいいやと思えるようになりました。

食べることが幸せにつながるように

それでも、食べることが好きな私は、むっくんがおいしいなぁ、幸せだなぁと思える食べ物を、ひとつでいいので増やしたいとも思っています。余計なお世話かもしれないけれど、年単位の時間をかけてゆっくりと経験値をあげていけたらなと考えています。

むっくんのおかげで食べ物と向き合う時間が増えた私。以前より旬の食材センサーの感度は上がりました。わぁ、今年もスイカの季節だね!と、季節の移ろいを敏感に楽しめるのはむっくんのおかげだなと思っています。
偏食むっくん、苦手な食べものは「知り合う時間」が重要…!?母子で取り組む3つのコトの画像
Upload By ウチノコ
ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!のタイトル画像

関連記事

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!

子どもの偏食、どうしてる? 発達障害との関係は?原因と工夫、みんなの体験談を一挙にご紹介!のタイトル画像

関連記事

子どもの偏食、どうしてる? 発達障害との関係は?原因と工夫、みんなの体験談を一挙にご紹介!

家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うことのタイトル画像

関連記事

家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うこと

KOKUYO しゅくだいやる気ペン
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

ウチノコ さんが書いた記事

「仕上げみがき」に親子で疲弊!?じっとしていられない、感覚過敏…歯磨きニガテなむっくんのストレスを減らす5つの工夫とはのタイトル画像

「仕上げみがき」に親子で疲弊!?じっとしていられない、感覚過敏…歯磨きニガテなむっくんのストレスを減らす5つの工夫とは

ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つむっくんの母、ウチノコです。歯磨きが苦手なお子さん、いらっしゃると思いますが、むっくんも小さな頃は...
身のまわりのこと
2820 view
2019/12/05 更新
白黒思考のむっくん、叱られると褒められたことまでゼロになる…!頑張りを見える化するお手伝いシステムのタイトル画像

白黒思考のむっくん、叱られると褒められたことまでゼロになる…!頑張りを見える化するお手伝いシステム

ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ6歳児むっくんは、お手伝いが大好き。自分のことは頑張れなくても、頼まれたお手伝いは、「苦手な切り替...
身のまわりのこと
11669 view
2019/11/07 更新
お風呂嫌いなむっくんが豹変…!脱・お風呂バトルの救世主とは?超カンタンな作り方も公開のタイトル画像

お風呂嫌いなむっくんが豹変…!脱・お風呂バトルの救世主とは?超カンタンな作り方も公開

親をやっていると、1日の終わりに成し遂げねばならない一大ミッションがあるのです。それは子どもをお風呂に入れること!まぁこれが大変。子どもに...
身のまわりのこと
11841 view
2019/10/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。