「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとは

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはのタイトル画像

広汎性発達障害の娘は小学3年生。特別支援学級に在籍しています。言葉が苦手な娘…ある日、家に遊びに来た普通学級の友達に、ドキッとする質問をされました。

SAKURAのアイコン
SAKURA
70817 View

親として考えさせられた、娘の友達からの質問

広汎性発達障害の娘は、小学3年生。現在、特別支援学級に在籍し、国語と算数以外の時間を交流学級で同じ3年生のみんなと過ごしています。

娘は幸い、友だちにも恵まれていて、家に遊びに来てくれる子もいます。
友達が家に遊びに来ることになった娘
Upload By SAKURA
クラスの友達が遊びに来てくれた時の話です。
「なんで特別支援学級なの?」と聞かれドキッとする母親
Upload By SAKURA
私は正直、ドキッとしました。何と説明すればいいか迷ったのです。

それは、娘の前で聞かれたからではありません。その質問に対する答えと説明が、この子(友達)が成長していく上での価値観に繋がる言葉になるかもしれない…。私の言葉で、偏見を持つようになってほしくない…そう思ったからです。

一瞬迷って、私が出した答えは…

私は一瞬(数秒)だけ迷って、「私があーさんに説明したように言おう!」と決め、話を始めました。
苦手なことがあるみんなと同じように、娘は言葉が苦手なんだと説明する母親
Upload By SAKURA

「なんで苦手になっちゃったの?」難しいその質問の答えは…

なんで言葉が苦手になったのか聞かれる母親
Upload By SAKURA
この質問…一番悩みました。脳の問題…という言葉は、使い方を間違っては大変なので、出すべきではないと思いました。しかし、それを言わずにどうやって、小学3年生にわかるように伝えればいいか…。

おそらく医学的な原因というより、「いつ、どういうきっかけで」ということを伝えればいいかなと考えて…。
「生まれる前から、こういう子で生まれると決まっていたのかも」言葉が苦手になった理由を説明する母親
Upload By SAKURA
娘の友達が全部理解できたかはわかりませんが、今回ちゃんと説明できたことは良かったと思っています。親である私たちが娘を認めているということを、少しでも感じてくれたら…大きな意味があった気がします。

言葉が苦手なことは決して恥ではない

私たちは普段から、娘に「なぜ特別支援学級にいるか」や「娘が苦手な言葉のこと」を隠さず話しています。そのため、娘は大人から特別支援学級や放課後等デイサービスについて尋ねられた時…。
自信満々に言葉が苦手だからと説明する娘
Upload By SAKURA
私が答えるより早く、通っている理由を自信満々に説明しています(笑)

言葉が苦手なことは、悪いことではない、恥じることではないという私たちの思いが、しっかり伝わっているのかなと感じます。

自分らしい個性をいつまでも大切に

娘は言葉以外にも苦手なことが多いですが、「私はすごい!私は私のことが大好き!」と言える娘を、私は心から娘を誇りに思っています。

娘が自分の苦手な部分をうまく付き合いながら、自分らしく生きていけるよう、私たちは全力で娘をサポートしたいと思います。
今できなくてもいい。発達障害の娘と「いつかできる将来」を見据えてのタイトル画像

関連記事

今できなくてもいい。発達障害の娘と「いつかできる将来」を見据えて

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。