「ゲーム障害」講演会や療育イベント、障害者アート展の作品募集、迷子対策グッズも――発達障害に関する情報をお届け

「ゲーム障害」講演会や療育イベント、障害者アート展の作品募集、迷子対策グッズも――発達障害に関する情報をお届けのタイトル画像

【8月の発達障害ニュース】今月のニュースまとめでは、8月から9月にかけて開催される療育に関するイベントや「ゲーム障害」をテーマにした講演会の情報、障害のある方を支援する取り組みやグッズの情報などをお届けします。また、後半戦に差し掛かる夏休みの自由研究にもまだ間に合う!?ITものづくり教室の夏休み特別プログラムの情報も。ぜひチェックしてみてください。

発達ナビニュースのアイコン
発達ナビニュース
9693 View

【講演会】「ゲーム障害」、その予防や治療法とは?――NHKハートフォーラム「ゲーム障害の子ども・若者への支援」(大阪府)

NHKハートフォーラム「ゲーム障害の子ども・若者への支援」の案内チラシ
Upload By 発達ナビニュース
大阪府で2019年9月23日にNHKハートフォーラムが開催されます。

テーマは「ゲーム障害の子ども・若者への支援」。「ゲーム障害」は、WHO(世界保健機関)の国際疾病分類「ICD-11」に新たに加わることが今年5月に発表された、オンラインゲームなどに熱中し日常生活に著しい支障をきたす障害です。子どもから大人まで、多くの愛好者がいると言われているゲーム。どこから「障害」と診断されるのか、またどんな予防法や治療法があるのか、今回は特に中・高生のゲーム障害について、専門医がわかりやすく解説します。

ゲーム障害について知り、お子さんのゲームとの付き合い方を考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

講演会の前半は「大人の発達障害からみる幼少期の育て方、関わり方」というテーマでの講演も行われ、大人の発達障害の方が抱えるさまざまな課題を検証しながら、幼少期から思春期にかけての家庭や学校における子どもとの関わり方について考えられます。

【日時】2019年9月23日(月・祝日)受付開始:12:00 開演:12:30 終了予定:15:50
【会場】オーバルホール(大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビルB1)
【入場料】無料
【定員】400名 ※応募フォームまたはハガキかFAXで事前申し込みが必要

【ニュース】テーマは「無限の可能性、才能」。凸版印刷と一般社団法人障がい者アート協会が、障がい者アート作品を募集・展示

凸版印刷と一般社団法人障がい者アート協会が障害者アート作品を募集、展示する「可能性アートプロジェクト」の展示風景
Upload By 発達ナビニュース
凸版印刷株式会社と一般社団法人障がい者アート協会が『可能性アートプロジェクト2020』を実施、アート作品の募集を2019年7月5日(金)より開始しました。

『可能性アートプロジェクト』は、凸版印刷が2018年から推進しているプロジェクトで、凸版印刷の印刷テクノロジーを活用して障がい者アーティストの作品を価値化し、社会的課題解決(障がい者の自立支援)と経済的事業活動が両立するビジネスモデルを構築することを目指しています。

今回の募集では、応募された作品は障がい者アート協会が運営するオンラインギャラリー「アートの輪」に設けられる特設ページにて全作品掲載されるとともに、そのうち30作品はプリマグラフィ(※)により額装され、2020年4月から約一ヶ月間、凸版印刷小石川ビルのロビーに展示される予定だそう。
(※)プリマグラフィ:凸版印刷の登録商標で、ジクレー版画技法とトッパンカラーマネージメント技術を融合させた、高品位なデジタルアートプリントの総称

応募には障がい者アート協会へのアーティスト登録が必要となります。応募された作品は、凸版印刷の印刷テクノロジーを活用した商品になる可能性もあるとのことで、障がい者アートの可能性が広がるプロジェクトとなっています。応募条件や応募方法の詳細はホームページからご確認ください。絵が好きなお子さんにとっては、自分の絵を多くの人にみてもらえる貴重な機会になりますね。

●応募可能な方
・自身の障がい者手帳、および障がいを証明できる書類を提出(画像データ)できる方
・一般社団法人障がい者アート協会へのアーティスト登録が完了されている方(登録無料、18歳未満の場合は保護者が代理人となる必要あり)

●応募方法
【受付期間】2019年7月5日(金)〜2019年8月30日(金) 応募作品の提出締め切りは2019年11月29日(金)
【作品の提出方法】障がい者アート協会「アートの輪」へ応募作品を「作品投稿フォーム」より登録

●作品条件
・応募可能作品ジャンル:「絵画」「CG」が対象 ※立体作品や写真、文字、書、詩歌などは対象外
・応募可能作品点数:上限なし
・募集作品サイズ:規定なし
・画材・素材:指定なし
・未発表作品であること(「アートの輪」掲載済作品を除く)

【イベント】お子さまもいっしょに楽しめるプログラムも盛りだくさん!障害のある子の学びと暮らしを考える「リョーフェス」開催(大阪府)

イベント「リョーフェス」のロゴ
Upload By 発達ナビニュース
昨年度も開催された「リョーフェス」が今年も開催されます!「リョーフェス」は、障害の有無や障害の種別をこえて、療育の世界にスポットを当てる、「特定非営利活動法人ダウン症ファミリー総合支援 めばえ21」が主催するイベントです。イベントの内容としては、講演会、パフォーマンス、教育・医療・福祉関係のブース展示などが予定されています。

講演会では「障害があるとはどういうことだろうか」というテーマで、香川大学教育学部教授 坂井聡先生が登壇。自閉症スペクトラム支援士エキスパート・特別支援教育士スーパーバイザーでもある坂井教授による、障害のある人の支援に関する最新の情報を交えたお話をきくことができます。

パフォーマンス部門では、一般社団法人手話エンターテイメント発信団oioiによる、コントや歌など様々なエンターテイメントに手話をかけ合わせた「手話エンターテイメント」のステージを楽しむことができます。また、ダウン症と先天性右手欠損の障害があるピアニスト鈴木凛太朗さんによるミニコンサートも開催予定。鈴木さんは、左手と右手首を使ったピアノ演奏を披露されます。

また、ステージの司会はダウン症のある女性コンビ「みなみ&さや」が担当して会場を盛り上げます。その他にも、発達障害のある子どもの学びや暮らしを支援するLITALICOのアプリを紹介するコーナー、客席のお子さまたちも参加OKの、知的障害・ダウン症の子どもたちによるダンスタイムも開催されるので、親子で楽しめそうですね。

ステージやブースに関する情報の詳細は、当日までに順次公開予定です。

【日時】2019年9月7日(土) 10:00-15:30
【会場】大阪府箕面市グリーンホール(大阪府箕面市西小路4-6-1)
【入場料】500円(※18歳未満は無料)
【参加方法】事前申込不要。

【ニュース】安心!QRコードを使った迷子の早期発見支援サービス「おかえりQR」

「おかえりQR」シールをランドセルに貼る使用例
Upload By 発達ナビニュース
自分の居場所がわからなくなった認知症や発達障害、迷子の方などが無事に家族の元に帰ることを支援することを目的とした「おかえりQR」が昭文社より発売されました。持ち物に貼り付けたQRコードのシールを、発見者が携帯電話やスマートフォンで読み取ることで、状況や発見場所を家族に伝えることができます。QRコードを読み取った発見者も、近くの交番の位置と発見場所からの経路を知ることができ、迷子の方の速やかな安全確保に役立ちます。

このサービスは2018年10月より試行販売が行われ、2019年7月24日より東京都内のすべての郵便局窓口でQRシールの本格販売が開始されています。購入者への対面での使い方説明の実施や、郵便集収・配達スタッフにサービスが周知されることで見守り対象者の早期発見体制が強化されることを狙い、郵便局で販売されることになったそう。

サービスを利用するには、事前に「おかえりQR」シールを購入し、シールシートに記載されたID番号と通知メールを受け取るメールアドレス(最大3件)を専用サイトで設定します。シールタイプなので通学カバンなど普段の持ち物に貼ることができ、お子さまの居場所確認の不安の解消に繋がりそうです。

【シールシート価格】1800円(税抜)。シート構成は大サイズ(43×60mm)4枚、小サイズ(25×35mm)6枚の10枚
【利用料・期間】サービスの利用は無料。※利用期間はユーザー登録後1年間、継続利用の場合はシールの再購入が必要です。
【販売場所】東京都全域(離島含む)の郵便局のほか、Amazonおよび楽天市場でも販売

【イベント】夏休み終盤!自由研究にも役立ちそうなプログラムがいっぱいのサマーラボ!(東京都・神奈川県)

LITALICOワンダー「サマーラボ2019」のロゴ
Upload By 発達ナビニュース
8月に入り、夏休みもいよいよ終盤。時間がある夏休みのうちに、お子さまの興味に合った活動をさせてあげたいですよね。LITALICO発達ナビを運営する株式会社LITALICOでは、「LITALICOワンダー」というIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を運営しています。LITALICOワンダーの各教室では、パソコンやゲームが好きなお子さまが楽しめそうなプログラムを用意した、「サマーラボ2019」を開催中です!

タブレットでプログラミングを行いゲームをつくる初心者でも楽しめるものから、プロも使うゲーム開発エンジン「Unity」を使った本格ゲーム制作講座、ロボットをプログラミングして徒競走やボール投げなどの競技に参加できるものなど多数のコースがあるので、お子さまの興味に合った内容を選んで参加できます!

また、3Dペンでの昆虫標本工作、はんだ付けして作るデジタル時計など作った作品の持ち帰りが可能な、サマーラボだけの特別なコースも。自由研究テーマになりそうなものを選ぶのも良いですね。

年中・年長から参加できるコースもあるので、きょうだいで一緒に参加することもできます。教室やコースによって、参加可能な年齢や料金が異なるので、詳細はぜひホームページからご確認ください!

【期間】2019年7月13日(土)〜2019年9月1日(日)
【開催場所】LITALICOワンダー各教室
【対象年齢・コース】教室によって開催コースは異なります。すでに定員が埋まっている場合もあります。詳細はホームページからご確認の上、各教室にお問い合わせください。
約600名が回答「子どもとゲームに関するアンケート」の結果は!?わが子はゲーム障害!?と悩む家庭の、お悩みから対応策まで!のタイトル画像

関連記事

約600名が回答「子どもとゲームに関するアンケート」の結果は!?わが子はゲーム障害!?と悩む家庭の、お悩みから対応策まで!

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

特別支援教育の最新情報や発達障害を学べるセミナー、親なきあとに密着した映画まで!足を運びたいイベントを紹介のタイトル画像

特別支援教育の最新情報や発達障害を学べるセミナー、親なきあとに密着した映画まで!足を運びたいイベントを紹介

今月のニュースでは、発達障害のある一人暮らしの男性の生活を3年に渡って撮影した映画の公開情報や、国立特別支援教育総合研究所の公開イベント、...
発達障害のこと
8608 view
2019/10/17 更新
「ワンダーメイクフェス6」で、ものづくりを通した成長を実感!ワークショップやプログラミング体験もできる!11/9、10に東京で開催のタイトル画像

「ワンダーメイクフェス6」で、ものづくりを通した成長を実感!ワークショップやプログラミング体験もできる!11/9、10に東京で開催

11月9日(土)・10日(日)、最新テクノロジーに触れられる年に一度の祭典「ワンダーメイクフェス」が東京で開催。年長・小学生~高校生の子ど...
進学・学校生活
6222 view
2019/09/30 更新
じっとしていなくてOK!なコンサート、学習支援ツール展示やICTセミナー開催もある福祉機器展、ダウン症の男の子も出演する注目の映画情報まで!要チェックイベントを紹介のタイトル画像

じっとしていなくてOK!なコンサート、学習支援ツール展示やICTセミナー開催もある福祉機器展、ダウン症の男の子も出演する注目の映画情報まで!要チェックイベントを紹介

【9月の発達障害ニュース】今月のニュースでは、じっとしていなくてOK!なコンサートの情報や、最新の福祉機器を知ることができるイベントの情報...
発達障害のこと
6434 view
2019/09/12 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。