緊張の放課後等デイ見学と思いきや…?自閉症ヒルマ、超・アットホームな施設に「オレまた行く!」

緊張の放課後等デイ見学と思いきや…?自閉症ヒルマ、超・アットホームな施設に「オレまた行く!」のタイトル画像

放課後等デイサービスの利用について「子どもを預けて自分がラクしていいの?」という後ろめたい思いを持つ親御さんがいることを知っておどろきました。

わたしなら微塵の迷いもなく預けるからです。
それなのにうちの学区には、放課後に通える施設がなかったのです…。

アマミモヨリのアイコン
アマミモヨリ
12202 View

休日の個別療育の付き添いがしんどい

「付き添いがしんどい…」と思っている母と、療育中の息子
Upload By アマミモヨリ
自閉スペクトラム症の小5の息子ヒルマは、土日の1~2時間だけ、個別療育として学区外にある放課後等デイサービスを利用しています。

「子どもの世界を広げたい!」という一心で何年も通っているのですが、正直なところ毎週の送迎と付き添いは負担でした。

レッスン中の付き添いは必須ではないのですが、ヒルマは毎回緊張するため「教室にいて欲しい」と訴えるのです。

夏休みに向けて

高学年になったことだし、そろそろ同年代での小集団活動があってもいいかもと思い、ネットで調べてみました。

すると、
パソコンで調べて、新しい施設ができていることに気づいた
Upload By アマミモヨリ
新しい教室を発見しました。

しかも「送迎つき」で、夏休みは「午前から夕方まで利用可能」とあります。

このチャンスは逃せません。
さっそく見学の申し込みをしました。
電話して、施設見学の申込をしている
Upload By アマミモヨリ

見学に行きました

学校が早く終わった午後に、見学に行きました。
見学の日、緊張した様子の息子ヒルマと施設に向かう様子
Upload By アマミモヨリ
初めての場所が苦手なヒルマは当然不安そうでしたが、わたしは期待でいっぱいでした。

新しいビルの1階に、その教室はありました。

受付を済ませて入口に向かうと、男の子が駆け寄ってきました。
施設に入ると、小2の利用者の男の子が「お名前、なにくんですか?」と聞いてきたところ
Upload By アマミモヨリ
こんな風にたとえ相手が明らかに自分より年下だったとしても、突然話しかけられることが、ヒルマはやはり苦手なようです。(自分がされるとイヤだから、自分からも話しかけません)

「ヒルマ君です」とわたしが答えると、男の子は納得したようにうなずいて戻って行きました。

かわいいお出迎えでした。

教室内の様子

さて、実際の教室を見た第一印象ですが、
施設を見て「狭い」と思っているところ
Upload By アマミモヨリ
とにかく狭いのです。

一人暮らしのワンルームマンションに荷物を押し込んだような感じです。

そして、新しい建物なので清潔感はあるのですが、教室内の備品やおもちゃは、
おもちゃや備品が質素な様子
Upload By アマミモヨリ
質素。

田舎のおじいちゃんの家に遊びに来たようなアットホームな雰囲気とも言えます。

とりあえずこれまで見学した施設のどこにも似ていませんでした。

実際の活動は?

見学の時間に利用していたのはさっきの男の子(小2)ひとりだけでした。

キャッチボールをするというのでおどろいて見ていると(だってキャッチボールをするには狭すぎる)、
タオル素材のボールでキャッチボールしている様子
Upload By アマミモヨリ
布製のやわらかいボールを、ふんわり投げるだけでした。

やさしく放られたボールを、それでも顔面で受けてしまう男の子のことを、微笑ましく眺めました。

う~ん、でもね、ヒルマは小5なわけです。この小さい子向けの運動を楽しいと思えるでしょうか。

すると、先生がヒルマに話しかけました。
バレーボールに誘う先生と、ハイと答えるヒルマ
Upload By アマミモヨリ
今度はバレーボールをすると言います。

この低い天井の狭いスペースで、しかも3人でどうやってボールを打つのだろうと思ったら、
風船を使ったバレーボールに夢中になる子どもと先生
Upload By アマミモヨリ
風船バレーボールでした。

なるほど、それなら安全です。しかもヒルマの張り切りようときたら!

その後トランプやオセロなどのゲームにも、ヒルマは少し遠慮がちに笑顔を見せながら参加できました。

見学を終えた息子の感想

教室からの帰り道、ヒルマは高らかに宣言しました。
見学の後、全然緊張しなかった、また行く!と言うヒルマ
Upload By アマミモヨリ
当初の希望とちがって、利用しているのは低学年の子ばかりだったけど、ひとりっ子のヒルマにとってはそれも良い経験になりそうです。

何より、もう何年も通っている教室にはいまだに緊張しているのに、全然緊張しなかったってすごいことです。

気負わないアットホームな感じが、ヒルマに合っていたのかもしれません。

そして夏休みに実際通ってみると…

夏休みに利用し、とても楽しかったことを報告するヒルマ
Upload By アマミモヨリ
そして実際のところそれは大正解で、ヒルマにとって楽しい夏休みになったのでした。

2学期からは放課後も充実して過ごせそうです。
自閉症ヒルマ、未提出の宿題がどっさり。「欠かさずやっていたのに…!?」再び発覚した連絡帳の落とし穴のタイトル画像

関連記事

自閉症ヒルマ、未提出の宿題がどっさり。「欠かさずやっていたのに…!?」再び発覚した連絡帳の落とし穴

「え、それも明日必要!?」連絡帳見て走り回る母、注文の多い小学校だと思っていたけれど…!のタイトル画像

関連記事

「え、それも明日必要!?」連絡帳見て走り回る母、注文の多い小学校だと思っていたけれど…!

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

アマミモヨリ さんが書いた記事

自閉症ヒルマ、未提出の宿題がどっさり。「欠かさずやっていたのに…!?」再び発覚した連絡帳の落とし穴のタイトル画像

自閉症ヒルマ、未提出の宿題がどっさり。「欠かさずやっていたのに…!?」再び発覚した連絡帳の落とし穴

小5の1学期がこんなに忙しいとは思いませんでした。委員会活動に運動会、林間学校や職業体験など学校行事が盛りだくさんなのです。ASD(自閉症...
進学・学校生活
31371 view
2019/08/06 更新
小4ではじめて聞けた「プール行ってきます!」。夏のプール開放、自閉症ヒルマは「いつもと違う!水が嫌!」で断固拒否だったけれど…!のタイトル画像

小4ではじめて聞けた「プール行ってきます!」。夏のプール開放、自閉症ヒルマは「いつもと違う!水が嫌!」で断固拒否だったけれど…!

自閉症スペクトラムの息子ヒルマは、はじめてのことが苦手です。「何が起こるのか、どうすればいいのか」と不安になるようです。 小1の夏休み、...
進学・学校生活
22196 view
2019/07/04 更新
「え、それも明日必要!?」連絡帳見て走り回る母、注文の多い小学校だと思っていたけれど…!のタイトル画像

「え、それも明日必要!?」連絡帳見て走り回る母、注文の多い小学校だと思っていたけれど…!

小学生の頃のわたしは、毎日のように平気で忘れ物をしていました。しかし息子のヒルマは自閉スペクトラム症。忘れ物をしたらパニックになりかねませ...
進学・学校生活
39840 view
2019/06/03 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。