保護者も熱望!障害がある子のコミュニケーションをもっと豊かに――特別支援学校の先生考案「きもち・つたえる・ボード」。製品化に向け、クラウドファンディング実施中

保護者も熱望!障害がある子のコミュニケーションをもっと豊かに――特別支援学校の先生考案「きもち・つたえる・ボード」。製品化に向け、クラウドファンディング実施中のタイトル画像

tobiraco(トビラコ)の代表・平野です。

tobiracoでは、特別支援学校の先生が自作した教材や教具を先生とともに製品化してインターネットで販売しています。コミュニケーションゲームがトレンドとなった今、「発達障害、知的障害の子にこそ楽しんでほしい」という思いを伝えたい!そしてツールを広く普及させたい!と考え、クラウドファンディングを立ち上げました。どの子もコミュニケーションゲームを楽しめるようになるツールの販売を目指しています。

平野佳代子のアイコン
平野佳代子
11273 View

不思議と盛り上がるボード。製品化のきっかけはワークショップでした

tobiracoは、年に数回、製品を考案した先生を講師に招いてワークショップを開催しています。製品を販売して終わりではなく、先生の思いを伝えることでより効果的に活用していただきたいからです。

ワークショップで使ったあるツールを「製品化してください」と、参加者たちからリクエストされたのは今年3月。これからお話しする「きもち・つたえる・ボード」が誕生するきっかけとなりました。

講師は佐藤義竹先生(筑波大学附属大塚特別支援学校)。ご自身が考案したコミュニケーションゲーム「すきなのどっち?」のワークショップでのできごとです。
ワークショップの様子
Upload By 平野佳代子
リクエストされたのは、リアクションボード(当時の呼称)。相手の答えに反応(リアクション)を示すのに掲げる、プラスチック製の小さなうちわ型のボードです。
保護者も熱望!障害がある子のコミュニケーションをもっと豊かに――特別支援学校の先生考案「きもち・つたえる・ボード」。製品化に向け、クラウドファンディング実施中の画像
Upload By 平野佳代子
ボードには「なるほど〜」「すてきだね」「いいね!」などと書かれています。

ワークショップは、ボードなしとボードありの2回行いましたが、盛り上がったのは、断然、ボードありの方でした。参加者は、ボードを手にし、身を乗り出していました。
ワークショップの様子
Upload By 平野佳代子
リアクションボードを考えたのも佐藤先生です。自作して教室で使っていました。子どもたちの反応がとてもよく、いつかは製品化をと考えていらしたことは知っていました。そこへ参加者たちの熱いリクエスト。

背中を、ぐいと押されるようにして製品化に向けて動き始めました。

聴くことに課題のある子、意思表明に課題のある子に使ってほしい

専門的には「傾聴の手立て」という目的で自作された教材。それがリアクションボードです。

筑波大学附属大塚特別支援学校で行われているコミュニケーションゲームは、ゲームと名がついていますが、「コミュニケーション能力を身につける」ことに重きがおかれた授業です。

授業でリアクションボードを使ったところ、相手の話を最後まで聴けない子や自分の思いを伝える(意思表明)ことがうまくできない子たちに効果があることがわかりました。

その効果とは、次のようなものです。

・答えている人の話を最後まで聴くようになった。
・答えている人に注目するようになった。
・リアクション(反応)を相手に示すようになった。
・ゲームに主体的に取り組むようになった。


下のグラフは「指導2」からリアクションボード を使って、子どもたちの変化を分析したものです。
グループA「「自分の思いを伝えること」に教育的ニーズがあるグループ」の結果のグラフ
グループA「「自分の思いを伝えること」に教育的ニーズがあるグループ」
Upload By 平野佳代子
グループB 「相手の話を聴くこと」に教育的ニーズがあるグループの結果のグラフ
グループB 「相手の話を聴くこと」に教育的ニーズがあるグループ
Upload By 平野佳代子
ボードで自分の感想を示そうとすると、自然と相手の話を最後までよく聴くようになります。また、自分の感想に近いものはどの言葉が書かれたボードなのかを考えるようにもなります。

もうひとつ、佐藤先生から伺ってなるほどと思ったのは、話を聴いている間、ボードを手にしていると落ち着く子がいるそうです。コミュニケーションと直接関係ないかもしれませんが、ボード効果の副産物といえそうです。
コミュニケーションボードをもつお子様
Upload By 平野佳代子

相手の目にどう映っているのかを考える

ボードの特徴のひとつが、表と裏で言葉とイラストが異なっていることです。たとえば、「なるほど〜」の反対面は「え〜!」というように。異なる両面。これも教材の大きな狙いです。
なるほど~と書かれたボード
Upload By 平野佳代子
え~!と書かれたボード
Upload By 平野佳代子
「なるほど〜」と思ったからといって「なるほど〜」の面を自分に向けてしまうと、相手には「え〜!」の面を見せることになります。

自分の差し出したボードが相手の目にどう映るか。相手の視点に立ってボードを使うことが他者理解につながる。このように考えて、佐藤先生はボードの両面をあえて変えました。

ちょっと話がそれますが、「相手の目」ということで付け加えたいことがあります。「人の目を見て話すのが苦手という子は、下を向いたままボードを差し出すだけでいいんです。それだけで伝わります」と佐藤先生。なるほど、ボードが自分の気持ちを代弁してくれるので、相手の顔を見なくてもすみます。

「話を聴くこと」や「自分の意思表明」に課題がある子、加えて相手の目を見てコミュニケーションをとるのが苦手な子。ボードは、いろいろなタイプの子どもたちの助けにもなります。どの子もコミュニケーションゲームを楽しめるためには、このような行き届いた配慮が必要なんだということを、佐藤先生に教えていただきました。
試作品を手にする佐藤義竹先生
試作品を手にする佐藤義竹先生
Upload By 平野佳代子

「共感」と「安心」の見える化

コミュニケーションゲームは、相手の話を聴きながら頷くだけでもいいのですが、ボードを使うことでゲームに参加している感が強くなります。話し手と聴き手の距離もぐっと縮まります。

しかも、ボードに書かれている言葉はすべてポジティブ。ネガティブな言葉は使われていません。「聴いているよ。共感したよ」という気持ちを見える化しています。
試作品。使われている言葉はすべてポジティブ。
試作品。使われている言葉はすべてポジティブ。
Upload By 平野佳代子
話し手は、差し出されたボードを見て、聴いてもらっていると実感できます。それは自分自身が肯定されているという安心感でもあります。

ボードを通して見える化された「共感」と「安心感」。

ボードを使うようになって、佐藤先生の教え子たちがゲームに主体的に取り組むようになった、というのも納得できます。

「きもち・つたえる・ボード」として製品化、そしてクラウドファンディング

コミュニケーションゲームは、今やトレンドでもあります。でも、ただ与えるだけではなく、発達障害、知的障害のある子には佐藤先生が自作していたようなツールがあると、2倍にも3倍にも楽しめることがわかりました。

いえ、障害のあるなしにかかわらず、「共感」と「安心」を見える化することでだれもが楽しめます。ワークショップの参加者たちが楽しんだように。このことをたくさんの人に知ってほしくてクラウドファンディングを実施しています。

「きもち・つたえる・ボード」は、教室で使われていたボードのコンセプトを活かしつつ、広く親しんでもらえるように動物たちの可愛いイラストでつくりあげました。動物にすることで男女の枠にとらわれることがなくなります。

そして、教材の狙いがズバリわかる「きもち・つたえる・ボード」というストレートなネーミングで世の中に送り出します。
ボードの試作品
Upload By 平野佳代子
試作品。ボードの表と裏。
試作品。ボードの表と裏。
Upload By 平野佳代子
このように使います。
コミュニケーションゲームで、
コミュニケーションゲームで、
Upload By 平野佳代子
答えている人に
答えている人に
Upload By 平野佳代子
自分の気持ちをボードで示します。
自分の気持ちをボードで示します。
Upload By 平野佳代子
相手の視点に立ってボードを出すのがポイント。
相手の視点に立ってボードを出すのがポイント。
Upload By 平野佳代子
クラウドファンディングの詳細は、こちらから。よかったらのぞいてみてください。賛同とご支援をいただけたら、とてもうれしいです。

特別支援教育の教材は、障害のあるなしにかかわらず楽しめる

障害のある子のために手作りされた教材の多くは、障害のない子にももちろん通用します。さまざまな特性のある子どもたちが楽しめるように作られているからではないかと思います。筑波大学附属大塚特別支援学校の手作り教材を見ていると、どれも楽しそうで、遊びたくなるような教材や教具ばかりです。
保護者も熱望!障害がある子のコミュニケーションをもっと豊かに――特別支援学校の先生考案「きもち・つたえる・ボード」。製品化に向け、クラウドファンディング実施中の画像
筑波大学附属大塚特別支援学校の教材展示コーナー。
Upload By 平野佳代子
特別支援学校の教材を多くの人に知っていただきたくて、昨年秋、クラウドファンディングで佐藤先生考案のコミュニケーションゲーム「すきなのどっち?」を作りました。
保護者も熱望!障害がある子のコミュニケーションをもっと豊かに――特別支援学校の先生考案「きもち・つたえる・ボード」。製品化に向け、クラウドファンディング実施中の画像
Upload By 平野佳代子
「すきなのどっち?」のクラウドファンディングのサイトです。
「きもち・つたえる・ボード」もぜひ、製品化させたいです。
収納ケースに入ったボード
Upload By 平野佳代子
片づけやすい収納ケースつき
片づけやすい収納ケース
Upload By 平野佳代子
時計への苦手意識が「できた!」「わかった!」に変わる『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート: 何時何分かすぐ読める時計シートつき!』のタイトル画像

関連記事

時計への苦手意識が「できた!」「わかった!」に変わる『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート: 何時何分かすぐ読める時計シートつき!』

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。