「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日

「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日のタイトル画像

広汎性発達障害の娘には、長年苦しんでいるある症状があります。
私が今まで子育てでいろいろなことに取り組んできた中でぶつかっている一番大きな壁です。

SAKURAのアイコン
SAKURA
18578 View

小さいころからアトピー体質の娘

広汎性発達障害の娘は、小さいころからアトピー体質です。小学3年生になった今も、毎日の保湿が欠かせません。

幼稚園(3歳)ごろから、肌の荒れが目立つようになり、いつもどこかがカサカサで、赤く荒れている状態でした。

病院に通い、飲み薬と、保湿クリームを使って、状態を安定させるのに必死で、私はいつも娘の肌に気を遣っている状態でした。娘は太陽の光や汗、ちょっとした刺激にも弱く、外を出る時は帽子と長袖が手放せませんでした。

本人も無意識に掻いてしまうので、せっかく良くなりかけてもまたすぐ掻きむしってしまい、気がつくと出血していることもよくありました。

イライラすると掻きむしるように

それでも、小学生にあがるまでは安定している時期も長かった娘。しかし、小学1年生ごろから、ある変化が起きました。

娘は、イライラしたりうまくいかないことがあったりすると、全身を掻きむしるようになったのです。
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
何かを我慢していたり、自分の中で葛藤していたり、そうしたことが体に現れてきてしまうのでしょう。かゆい訳ではないのに、掻いてしまうようでした。

強く掻いてしまうと、血も出るし、傷になってしまう。私は娘に掻かせないようにしようと、日々必死でした。

試したのは…

声掛け

簡単に「掻いちゃダメだよ~」「血が出ちゃうよ~」「治らなくなっちゃうよ~」と声を掛け続けましたが、娘はやめませんでした。

叱る

今度は強めに声掛けし、時には叱ることも…しかし、娘はその時だけしかやめてくれず、またすぐに掻いてしまうのでした。

言い聞かせ

「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
なぜ掻いてはいけないか…掻いたらどうなってしまうのか…理由をしっかり説明し、言い聞かせましたが、娘はまったくやめませんでした。

3種類の関わりを試してみましたが、どれも効果はなく...娘は掻かないほうが良いことはわかっていても、イライラするとどうしても掻きたい気持ちをおさえられないようでした。

皮膚科医に相談

ここまで1年ほど試して、力尽きた私は、『嫌なことがあると、掻きむしってしまう現状』を皮膚科の先生に相談しました。

皮膚科の先生は、「精神面のことは専門外だから、わからない。」と言いました。

困り果て、会計待ちをしていると、看護師さんが寄ってきて…
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
「大変だろうけど…お母さんが『子どもが嫌なことがあると掻きむしっている』ということに気づいてるっていうことが大きいよ!
子どもが掻きむしってても気がつかない親御さんをいっぱい見てきたからわかる。寄り添って、付き合っていくしかないの。」と言われました。

学校でも目立つように…

「なるほど…」とは思いましたが、正直…どうやってやめさせるか、答えがないことに落胆しました。そこからは寄り添うことを心がけてきましたが、なかなか治りません。

2年生になったころから、娘の掻きむしりは学校でも目立つようになり…
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
学年が上がりすんなりいかないことも増えてきて、そのストレスが掻きむしる行動に繋がることが増えてきたのです。

小児科医に相談…

そこで、小児科を受診した時に、先生に相談してみました。

すると、小児科の先生は専門ではなかったものの、

「こういう時はね、掻くことを怒っちゃダメ。大丈夫だよ~って安心させてあげて。
それから、掻く以外の手段を考えてあげて、タオルで抑えるとか、保冷剤で冷やすとか…
特別支援学級の先生と方法を統一して、あーさんの精神安定剤のようにしてあげるといいよ。」

とアドバイスしてくれました。
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA

落ち着かないかゆみ。

さっそく特別支援学級の先生と話し合い、娘が掻きむしった時には、怒らず、「大丈夫」と声掛けし、保冷剤をあてる…ということにしました。

半年ほど続けましたが効果はなく、娘は「これじゃ効かない!かゆいのが消えない!」と騒ぐようになりました。
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
頭では「怒ってはいけない…大丈夫という声掛け…寄り添う!」とわかっていた私ですが、目の前で掻きむしられると、つい「こら!ストップ!」と声を出してしまい、自分の言葉を抑えながら冷静に声をかけるのは、思っている以上に難しいことでした。

娘も辛いけど、見ている私も辛い…。

ここからは試される「親のメンタル」!日々見えない敵と戦っているような気分でした。

かゆくなっちゃうから!

そしてついに、3年生になったころから娘は、何か注意されたり嫌なことを言われたりすると…
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
自分がかゆくなる原因を理解して、私の言葉を止める、盾のようにし始めました。

そして特別支援学級や放課後等デイサービスでも同じように言い始め…
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
先生方が気を遣ってくださるのを見て、娘に対してイライラ、何も対策が取れない自分に対してイライラ…。娘が掻きむしるのを見ると、何か言ってしまいそうで、見ないように下を向き、無意識に出るため息…。

そんな私の態度は娘にも伝わり…
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
苦しんでいるのは娘なのに、露骨に嫌な顔をして…私は何をやっているんだと情けなくなりました。

試行錯誤中の現状。

たびたびこのことについては、主人と話し合ってきましたが、お互いまったくいい考えが出ず…。

いろんなことを試していたのに効果が出ない…娘になにかしら刺激を与えるのでは?と、かゆい時は、深呼吸をしよう!と妖精が出てきて教えてくれるというお話の絵本も作りましたが...

絵本として楽しんでくれただけで、掻きむしりは止まりませんでした。
「寄り添って」と言われても…ストレスでからだを掻きむしる娘。解決策が見つからない、試行錯誤の毎日の画像
Upload By SAKURA
現状…今ここです(笑)

いろんなことを試していたのに効果が出ない…おそらく、私の子育て…療育史上、最大の壁にぶち当たっているでしょう。普通の子育てでもなんだかんだ悩みは尽きませんが、娘のように特性を持つ子の悩みの壁は思った以上に高いですね。

焦りは禁物。でも何かせずにはいられない。でもどの方法もうまくいかない…。

そんなモヤモヤの中、私は今日も娘と向き合っています。
アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話のタイトル画像

関連記事

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話

「まぶしい=赤い」!?感覚過敏な娘。しんどい時かわすテク、こんな風に覚えていこうねのタイトル画像

関連記事

「まぶしい=赤い」!?感覚過敏な娘。しんどい時かわすテク、こんな風に覚えていこうね

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。