テストでうっかり、珍解答連発...でも「見直し」はやめた!ADHD息子が見つけた自分流の対策とは!?

2019/12/10 更新
テストでうっかり、珍解答連発...でも「見直し」はやめた!ADHD息子が見つけた自分流の対策とは!?のタイトル画像

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は、ドリルやテスト用紙の問題を読んで解いていくことが苦手です。算数の文章問題に怒り爆発だったり、問題の意味を読み間違えたり答えを書き間違えたり、テストにはたくさんの壁がありました。

かなしろにゃんこ。さんのアイコン
かなしろにゃんこ。
14163 View

『問題を読んで解く』はADHD息子にとっては大変なことだった

リンゴを中途半端な値段や個数で購入したり、割り切れない人数で分けたりする算数の問題に対して怒るリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太はドリルやテスト用紙の問題を読んで解いていくことが苦手でした。

長い文章問題は本当に苦手で...「なんで中途半端な値段のリンゴを中途半端な数買ってきて割り切れない人数で割ろうとするんだよ~プンプン=3」

問題の意図なんてもはやどうでもよく、「こんな面倒くさいこと計算させるなんて!」と怒りがわいてくるらしいのです。

こんな息子ですから小学校のときは、テストやドリルの中の文章問題はほとんど手つかずでした。

どんどんズレていく...解答欄のワナ

テストの問題を解く際、わからない問題を飛ばして進めたら解答欄がずれ、以降の問題が全部バツになったリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
中学生になると少しは冷静に問題に向かえるようになったものの、解き進めるにあたってニガテなことはまだまだたくさんありました。

例えば、できない問題を飛ばして解答していく方法が苦手飛ばした問題の解答欄に次の問題の解答を書き込んでしまい、1問ずつ答えがズレてしまうなんてことがしょっちゅうでした。トホホ…。

上から順番に答えを埋めていく方法でないと自分は書き間違えると悟ったのが中1のときだったと息子は言います。

余計な情報は隠す!特性に気づいた息子なりの工夫

テストの際、解く問題だけに集中できるように、他の問題をペンケースなどで隠す工夫をした。
Upload By かなしろにゃんこ。
また、問題がたくさん書いてあるプリントは情報量が多く気が散ってしまうので、1問解答が終わるごとに終わった問題の上に筆箱などを置いて問題を隠し、今取り掛かっている問題だけに集中できるよう工夫していたそうです。

少しずつ自分のニガテに気づき、対処方法を身につけていったようでした。

問題の解き進め方だけではなく、書かれている問題を正確に理解したり、よく確認しながら解答することも苦手で、時間がかかったりうっかりミスをしたり…。今となっては笑えるような珍解答も多数ありました。

珍解答を連発!?それでも『見直しはしない主義』

好きな色を書く英語のテストで、イタリア語で解答を書いてしまい、先生に「これ何語?」と聞かれる。
Upload By かなしろにゃんこ。
中2のときの英語のテストで「好きな色を英語で書きなさい」という問題がありました。リュウ太には大好きな車の色があってスペルをちゃんと覚えていたので得意になって書いたら、テストを返してもらう際に先生から「お前、これ何語?」とツッコまれたそうです。

自信満々で書いたものは、なんとイタリア語だったのでした…チーン☆ (ちなみにお気に入りのイタリア車のカラー名「チャチャチャ・アズール」を思い出し、「アズール(水色)」のスペルを書いたそうです)

もちろん解答は×でした。“英語の”テストですから、そりゃ×ですわ~。先生も「は?」ってなったと思います。

冷静に考えてから書けば正解できたはずの問題ですが、そこはADHDの息子ですから、衝動的に頭に浮かんだ外国語の色のスペルをなんの疑いもなく書き、珍解答になってしまったわけです。
「バチカン」と書こうとして「バチコン」と書いた答案を母に見せるリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
社会科の問題でも『バチカン』と解答する問題で、「これはわかるぞ!」と得意になり勢い余って書いた答えが『バチコン』でした。

先生からは「おもしろかったけれど×にしました」と言われて、息子も自分の解答に爆笑。

自分ではきちんと書いたつもりなのに、書き間違ってしまうことに本人もはてな????なんだそうです。

こういった珍解答は、学校でよく言われている”見直し”をすれば気がつきそうですが…見直しをして書き直したら間違えた!なんてこともあり、自分がする見直しを信用できない!という不安もあったんだとか。
テストの見直しはしない!と宣言するリュウ太くんと苦笑いする母。
Upload By かなしろにゃんこ。
特性上細かい確認がヘタで、見直しをして間違いを発見できる確率ももともと高くないことが自分でわかっているので、不安になるくらいなら見直しはしないほうが良い!という結論になったようでした。

テストの点がその人間の良し悪しを決めるわけじゃない!と本人は開き直ってますし、気にしていないみたいなので、私も「気をつけなさい!」とガミガミ言うより20歳で学校を卒業するまであたたかく見守ることにしたのでした。

ん?『本人に任せて放っておいた』が正しいかな!?

息子にテストにまつわるこれらの困りごとを聞いていたら、問題を読み解いて答えることって、ADHDの特性があると大変だったんだ!とわかりました。

自分の苦手を把握して、自分で工夫しながら乗り越えていたんだということもわかって、改めて、頑張ってきたのだと頼もしくなったのでした。

この本を書いた人の著書

発達障害 僕にはイラつく理由がある! (こころライブラリー)
かなしろにゃんこ。 (著), 前川 あさ美 (解説, 監修)
講談社
うちの子はADHD 反抗期で超たいへん! (こころライブラリー)
かなしろにゃんこ。 (著), 田中 康雄 (監修)
講談社
不器用だから調理はできない!?「料理の手伝い」は断固拒否のADHD息子のために、便利グッズを探せ!のタイトル画像

関連記事

不器用だから調理はできない!?「料理の手伝い」は断固拒否のADHD息子のために、便利グッズを探せ!

(絶対ここで笑っちゃだめだ…)テストの回答に母悶絶。器のデカすぎる息子のコメント、聞いてください。のタイトル画像

関連記事

(絶対ここで笑っちゃだめだ…)テストの回答に母悶絶。器のデカすぎる息子のコメント、聞いてください。

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

かなしろにゃんこ。 さんが書いた記事

お手伝いにだって最低賃金を!?小さな家事だって小学生の僕にとっては大仕事だった!――大人になったADHD息子からの問題提起のタイトル画像

お手伝いにだって最低賃金を!?小さな家事だって小学生の僕にとっては大仕事だった!――大人になったADHD息子からの問題提起

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太に社会勉強をさせたくて小3頃から買い物や掃除のお手伝いをさせていました。しかし毎回いやそうに拒否...
身のまわりのこと
4159 view
2020/07/30 更新
やらなければいけないことを身体が拒否!集中できない、気持ちが下がる意外なワケ。ADHD息子の振り返りから感じた環境を整える大切さのタイトル画像

やらなければいけないことを身体が拒否!集中できない、気持ちが下がる意外なワケ。ADHD息子の振り返りから感じた環境を整える大切さ

授業と休み時間の切り替えができなかったADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は小学校時代は業間休みにはじめた工作を中断できない、時計ば...
学習・運動
16669 view
2020/07/14 更新
文字を書くのが苦手なADHD息子、原因は「ツルツル」にもあった!?筆圧の調整も道具をかえて練習してみると…のタイトル画像

文字を書くのが苦手なADHD息子、原因は「ツルツル」にもあった!?筆圧の調整も道具をかえて練習してみると…

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は不器用で小学生のときは文字を書くことやハサミを使うなど細かい作業が苦手でした。不器用の原因は腕...
学習・運動
14870 view
2020/06/30 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。