計54名様に!発達障害に関する書籍をプレゼント!【発達ナビ4周年記念キャンペーン①】

2020/01/20 更新
計54名様に!発達障害に関する書籍をプレゼント!【発達ナビ4周年記念キャンペーン①】のタイトル画像

LITALICO発達ナビは、1月26日で4周年を迎えます!それを記念し、出版社各社にご協力いただき、日頃の子育てや支援に役立てていただきたい発達障害関連書籍をプレゼント!子育てのヒントになるような書籍から、実践的なワークや教材まで。興味のあるもの、お子さんの特性にあったものを選んでぜひご応募ください♪

発達ナビBOOKガイドさんのアイコン
発達ナビBOOKガイド
13304 View

計54名様に!日々のお子さんとの関わりに役立つ書籍をプレゼントします

LITALICO発達ナビでは、書籍レビューコラムや新刊情報コラムにて、発達障害や子育てに関する書籍の情報をお届けしています。今回は4周年を記念して、発達ナビユーザーの皆さまに書籍をプレゼント!

各出版社様にご協力いただき、さまざまな種類の書籍が集まりました。ぜひ興味のある書籍を選んで応募してください!

応募方法

4周年書籍プレゼントキャンペーンの応募期間は、2020年1月31日(金)まで。
下記の応募要項を確認の上、ぜひ奮ってご応募ください!

【応募要項】
ご応募はお1人様1回までです。
当選した方には、書籍の送付先をお伺いするため2月14日(金)までにメールにてご連絡いたします。ご応募の際は必ず受信確認ができるメールアドレスをご入力ください。
ご連絡が取れない場合、期日までに送付先情報がいただけない場合には、当選は無効となります。
■個人情報取扱の注意事項にご同意の上お申込ください。お申込いただいた時点で同意いただけたとみなします。

子育てや支援の考え方について考えたいときに読みたい7つ

『「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する』/SBクリエイティブ(3名様)

多くの発達障害の方を診てきた精神科医の田中康雄先生が、日々お子さんや親御さんと関わる中で大切にしている考え方に触れることができます。
医師として診断名をつけることはもちろん大切ですが、診断名でその子を捉えるのではなく、一人ひとりの思いに目を向けてその子や家族に合った関わり方を一緒に考えることを大事にする田中先生。その姿勢は保護者や支援者としての子どもたちとの関わりにもヒントを与えてくれそうです。
「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する (SB新書)
田中康雄 (著)
SBクリエイティブ

『庭に小さなカフェをつくったら、みんなの居場所になった。~つなげる×つながる ごちゃまぜカフェ』/ぶどう社(3名様)

富山県砺波市にある「みやの森カフェ」は、さまざまな人が訪れ、誰にとっても居場所になります。障害の有無も老若男女も関係なし。海外からきた人も不登校の人も...みんなが「カフェのお客さん」という共通点でつながり、心地よいコミュニティが形成されていきます。

福祉でもない、支援でもない、新しい形の居場所はどのように成り立っているのでしょうか。その魅力と可能性が詰まった一冊です。
庭に小さなカフェをつくったら、みんなの居場所になった。~つなげる×つながる ごちゃまぜカフェ
南雲明彦 (著), みやの森カフェ (著)
ぶどう社

『感情や行動をコントロールできない子どもの理解と支援: 児童自立支援施設の実践モデル』/金子書房(5名様)

感情や行動を自分自身でうまくコントロールできない子どもたちを支援する際に必要とされる、子どもの心理を読み解く理論やアプローチ方法を、仮想事例を用いて分かりやすく解説している専門的な書籍です。
子ども本人との向き合い方から、生活の基盤となる家族や地域環境との関わり方といった環境へのミクロアプローチ、社会システムのあり方のようなマクロ環境へのアプローチまで幅広い視点から説明されており、支援者がより質の高い支援を提供するために知っておきたい知見が詰まっています。
感情や行動をコントロールできない子どもの理解と支援: 児童自立支援施設の実践モデル
大原 天青 (著)
金子書房

『発達障害 僕にはイラつく理由がある! (こころライブラリー) 』/講談社(3名様)

発達ナビでコラム連載中のかなしろにゃんこ。さんの著書です。ADHDと軽い自閉症スペクトラム障害があるリュウ太くんの、「キレやすい」「イライラしやすい」「おしゃべりが止まらない」といった行動にずっと悩まされていたかなしろさん。その行動の理由を、大人になったリュウ太くん本人が語ってくれています。前川あさ美先生(東京女子大学教授)の解説も交え、「行動の理由や背景」を解き明かしていきます。
どうして?と頭を抱えてしまうような行動があっても、その背景を理解した上で関わることで、きっと子どもは成長してくれる...かなしろさんの楽しい漫画とともに、発達障害のわが子との向き合い方を学んでみてはいかがでしょうか。
発達障害 僕にはイラつく理由がある! (こころライブラリー)
かなしろにゃんこ。 (著), 前川 あさ美 (監修)
講談社

『うちのでこぼこ兄妹 発達障害子育て絵日記』/飛鳥新社(5名様)

発達ナビでもコラムを好評連載中の寺島ヒロさんの、発達障害のあるお子さん2人とのエピソードがまとめられたコミックエッセイです。
大変なこともたくさんある日々の中でも、好きなこと・得意なことはのびのびと取り組ませ、できないこと・苦手なことは理由を探しながらあたたかく見守る様子は、読んでいてほのぼのとした気持ちになれます。子どもたちのありのままを受け止めて楽しむ寺島家のお話は、肩の力を抜くことの大切さに気づかせてくれそうです。
うちのでこぼこ兄妹 発達障害子育て絵日記
寺島ヒロ (著)
飛鳥新社

『発達障害&グレーゾーンの小学生の育て方』/すばる舎(5名様)

発達ナビユーザーへのアンケートから、ニーズの高かったお悩みについての考え方を紹介している書籍です。監修は鳥取大学大学院教授の井上雅彦先生。日常生活、学校生活、人間関係など、小学生はさまざまな場面で困りごとに直面します。その際、どのように子どもと向き合いサポートしていくのがよいか、その答えは1つではありません。本の中では3つの対策が提案されています。複数のサポート方法に触れながら、ご自身のお子さんにはどんなサポートが合っているのかを考える参考にしてみてはいかがでしょうか。
発達障害&グレーゾーンの小学生の育て方
井上 雅彦 (監修)
すばる舎

『発達障害のある女の子・女性の支援: 「自分らしく生きる」ための「からだ・こころ・関係性」のサポート』/金子書房(5名様)

二次性徴でのからだの変化の大きさや、女子グループ特有のコミュニケーションの複雑さなどから、女性が抱えるストレスは思春期前後から大きくなっていく場合があります。周囲から見えにくく自分自身でも認識が難しいこうした困難について、この本では、「からだ」「こころ」「関係性」の3つの軸から理解し、支援していくことが提案されています。発達障害のある16人の女性たちの実際の支援事例が紹介されており、当事者、保護者、支援者がどのように困難を理解し、サポートを受けてどのように変化していったかを事例を通して知ることで、現在またはこれから思春期に入る女の子のサポートを考えるヒントが得られそうです。
発達障害のある女の子・女性の支援: 「自分らしく生きる」ための「からだ・こころ・関係性」のサポート
川上 ちひろ (著), 木谷 秀勝 (著)
金子書房

支援方法を学べる事例やワークが詰まった書籍

『発達障害の人の会話力がぐんぐん伸びる アイスブレイク&ワークショップ (こころライブラリー)』/ 講談社(3名様)

発達ナビでもコラムライターとして大人気の、かなしろにゃんこ。さんの著書。
話す・聞く力を身につける「イイトコサガシ」のソーシャルスキルのワークショップの内容が、かなしろさんと長男リュウ太くんが実際に参加した様子の漫画とともにまとめられています。会話力を伸ばすためのワークとそのポイントが分かりやすく解説されており、家庭でも支援の場でも実践できそう!
発達障害の人の会話力がぐんぐん伸びる アイスブレイク&ワークショップ (こころライブラリー)
冠地 情 (著), かなしろにゃんこ。 (著)
講談社

『今日何してあそぶ? 脳と体をそだてる感覚あそびカード144: 11の感覚・機能を発達させる ([実用品])』 /合同出版(1名様)

2017年に刊行された書籍『発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそび』(合同出版)で紹介されている68の遊びがさらに明確化・具体化され、支援の際に活用しやすいカード型で発売されました。カードには身体のどの感覚・機能を伸ばすかや、遊びに必要な人数・場所などがアイコンで分かりやすく記載されており、子どもの得意不得意や環境に合わせて取り組む遊びを選択できます。
各カードにはQRコードもついていて、動画で遊びの流れが確認できるので、保護者や支援者がどのように遊ぶか事前に確認し、より適切な支援を行うことや、遊び方のモデルの提示がスムーズにできることも特徴です。
今日何してあそぶ? 脳と体をそだてる感覚あそびカード144: 11の感覚・機能を発達させる ([実用品])
鴨下賢一 (監修), 高橋知義 (著), 小玉武志 (著), 池田千紗 (著), いとうみき (イラスト)
合同出版

『発達障害の子の気持ちの聞き方・伝え方』/合同出版(3名様)

コミュニケーションが苦手という人でも、「この場面ではこうする」というような、状況に合わせて「うまくいくスキル」を身につけられれば、楽しく過ごせたり、自立や就労に繋げることができたりする場合も。
この本では「声の大きさの調整」「困ったときに助けを求める方法」など苦手な子どもも多いスキルがワークになって紹介されています。ワークには子ども自身が考えて記入できる欄もあり、子ども自身も取り組みやすい設計になっています。支援者向けの指導のポイントやQ&Aページもあり、子どもがスキルを獲得するためのヒントがたくさん詰まった一冊です。
発達障害の子の気持ちの聞き方・伝え方 (6歳児から使えるワークブック 2)
アスペエルデの会 (編集), 辻井 正次 (監修)
合同出版

『子どもの発達を支えるアセスメントツール』/合同出版(3名様)

発達が気になるお子さんを育てたり支援したりする中で、「どんな支援が必要なのか」と不安に思う場面もあるかもしれません。そんなとき、子どもの発達の段階と現状の課題が把握できると、接し方を考えやすくなります。
この本では、その子の発達段階や困りごとを”見える化”するシートとその活用方法が紹介されています。見える化した子どもの様子は、子育てや支援の見通しを立てる際にはもちろん、専門家に相談する際の情報共有に使用することも。著者は特別支援教育コーディネーターの安部博志先生。教育現場で実際に使用しながら、専門的な知識がなくても活用できるようアップデートを繰り返して刊行されています。
子どもの発達を支えるアセスメントツール ([実用品])
安部 博志 (著)
合同出版

『学校でできる! 性の問題行動へのケア』/東洋館出版社(3名様)

性の行動に関して正しい知識を身につけることは、自分の身を守るためにも他者を傷つけないためにも大切です。そんな性の行動に関しての知識を、発達障害のあるお子さんでも学びやすいよう具体的な指導方法とともにまとめた書籍です。
月経指導用グッズ、性感染症の液体実験、恥じらいやマナーの学習用カードなど指導に使用できるアイディアも多数紹介されており、性教育の実施に活用できます。子ども自身が考えられる4コマ漫画形式のワークもあり、日常の中で遭遇するかもしれない問題を学んでおく際にも役立てられるので、支援者だけでなく保護者が読んでも参考になる一冊です。
学校でできる! 性の問題行動へのケア
宮口 幸治 (著), 國分 聡子 (著), 伊庭 千惠 (著), 川上 ちひろ (著)
東洋館出版社

『イラスト版子どもの感情力をアップする本: 自己肯定感を高める気持ちマネジメント50』/合同出版(3名様)

さまざまな感情がうまれる毎日の中で、自分の感情とうまくつき合うことが難しい子どももいます。そして感情との向き合い方の中でも、どのように感情を言葉にすればよいかが分からなかったり、感情のコントロールが苦手であったりと、困りごとの種類も多様です。
この本では、場面ごとに自分や他者の感情に気づき、感情を調整すること、友達とうまく関わることなどの方法やコツを学ぶことができる50ワークが、さまざまな場面設定に合わせて紹介されています。お子さんが気持ちを大切に育んでいけるよう、一緒に読み、活用してみましょう。
イラスト版子どもの感情力をアップする本: 自己肯定感を高める気持ちマネジメント50
渡辺 弥生 (監修), 木村 愛子 (著)
合同出版

『未来に飛び立て! 発達の気になる子の大人になるためのチャレンジ〈学齢期編〉』/翔泳社(3名様)

将来就職できるのか、ひとりで生活していけるのか――大人になる前に身につけて欲しいことはたくさんありますが、どのように教えていけばよいのでしょうか。
本書では、思春期の子どもに身につけてもらいたい身だしなみや家事、お金やスケジュールの管理、コミュニケーション方法などの具体的なスキルの教え方が紹介されています。また、家庭学習、ゲームや動画サイトの閲覧など気になる人が多いテーマについて、実際のご家庭での取り組みやエピソードを紹介するなど、実用的な内容を多数取り上げていることも特徴です。悩みや子育ての難しさに寄り添いながらも、将来に向けて踏み出す保護者をサポートしてくれます。
未来に飛び立て! 発達の気になる子の大人になるためのチャレンジ〈学齢期編〉
鹿野 佐代子 (著), 橋本 美恵 (著)
翔泳社

お子さんの日々の学習をもっと学びやすく!

『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート: 何時何分かすぐ読める時計シートつき! 』/合同出版(3名様)

苦戦するお子さんも多い時計の読み方を、特別支援学校教諭が日々の指導の中で作成した教材をもとにスモールステップで学べるワークです。短針、長針をステップを分けて読む練習をしたり、前半はメモリの数字が細かく振られていたりと、段階にわけた補助も活用しながら理解を深めることができます。
「がんばりシール」「ごほうびカード」
もついており、お子さんの達成感を大切にしながら学習をすすめられそうです!
1日1歩 スモールステップ時計ワークシート: 何時何分かすぐ読める時計シートつき!
佐藤義竹 (著), たきれい (イラスト)
合同出版

『みんなの地図帳~見やすい・使いやすい~』/帝国書院(3名様)

視覚に障害のある子どもたちを教える教員で構成される日本視覚障害社会科教育研究会がつくった、使いやすい工夫が詰まった「みんなの地図帳」必要な情報だけに絞り、色使いも配慮しているのでシンプルで見やすく、また図の読み方を身につけやすいレイアウト設計にもこだわっているため、情報を探し出すのが苦手な方でも使いやすいデザインになっています。
1ページあたりの情報量は減らされていますが、小学校と中学校の学習内容はすべて記載されており、学校の学習にも活用できます。
みんなの地図帳~見やすい・使いやすい~
柏倉 秀克 (編集), 嶋 俊樹 (編集), 青松 利明 (編集), 丹治 達義 (編集), 江口 美和子 (編集), 奈良岡 歩 (編集), 大財 誠 (編集), 三宅 洋信 (編集), 柿谷 愛子 (編集), 村山 彩 (編集), 佐藤 桂 (編集), & 3 その他
帝国書院
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。