母の小言よりアルバイト!ADHD息子が「ほう・れん・そう」ができるようになったワケ【前編】

2020/02/13 更新
母の小言よりアルバイト!ADHD息子が「ほう・れん・そう」ができるようになったワケ【前編】のタイトル画像

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は、小中と学校では勉強ができずに落ちこぼれ、学校生活では人間関係の問題がいろいろありました。でも16歳でアルバイトをはじめると心や話し方に変化が起きはじめました。

かなしろにゃんこ。さんのアイコン
かなしろにゃんこ。
11956 View

「ほう・れん・そう」が苦手だった息子、高校生からアルバイトを開始!その理由は...

友達付き合いにかける費用を、高校生になったら返す約束で息子に貸す母
Upload By かなしろにゃんこ。
ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は、小中と人間関係の問題で毎日イライラし、勉強では落ちこぼれ、学校生活では問題がいろいろありました。でも16歳でアルバイトをはじめると心や話し方に変化が起きはじめて、苦手だった「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」ができるようになりました。その理由を21歳の息子に聞いてみました!

義務教育を終了してすぐにアルバイトで働きはじめた息子。早く働きはじめた理由はこんなものでした。

中学時代、「高校生になったらアルバイトをして返してね」と毎月社交代として2千円~3千円をお小遣いとは別に息子に貸していました。

社交代を貸していたのは、親の財布からお金を抜き取って使われるくらいなら決まった額を貸してしまおう!という考えからです。あくまで親から"借りている"かたちにして、『成長したら返してもらう』ことを約束していました。その社交代の借金が合計で2万6千円あったので、返済のためにアルバイトをしてもらったのです。
それに、発達障害のある人の就活をサポートしている専門家から「発達障害がある子は早めに社会に出しましょう。社会が大人にしてくれます」というお話を聞いたことも理由の1つでした。
発達障害のある人の就活をサポートしている専門家が「発達障害がある子は就職する前にボランティアやアルバイト経験を積んだほうがいいと思います」と話す
Upload By かなしろにゃんこ。

自分の言動を客観視できるようになり、ぐんぐん成長

まず最初は私の知人の経営するラーメン屋、その次は高2でスーパーマーケットの酒・ドリンクの陳列のアルバイトをしたリュウ太ですが、この2つのアルバイトで気がついたのはこんなことだったといいます。
ラーメン屋でアルバイトする息子リュウ太くん。社会の目を気にして行動すること必要性に気づく。
Upload By かなしろにゃんこ。
「学校ではイヤなことがあると、周りの視線は気にせずすぐにワーワーと騒いでみたりケンカしたりしていたけれど、ラーメン屋のバイトでお客さんの前に立つようになってからは、社会の目を気にするようになった忙しくてイライラしても落ち着かなきゃいけないと思うようになったかも。

パニックになっても大きな声は出せないし、自制しなきゃいけないなって考えるようになった」と言います。

お客さんの前に立ったことで、自分の言動がどう見えているのかを客観的に考える力が身についたようです。また仕事を与えられることで、必要とされる喜びや働くことの楽しさという、それまで感じたことのなかった気持ちに気がついたとも言います。

失敗はすぐに報告!職場のためにも、自分のためにも

「ウイスキーの特典グラス割っちゃいました」「缶ビールを傷つけちゃいました」と報告するリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
報告・連絡・相談をマメにしたほうが怒られないことに気づくリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
また、スーパーマーケットの陳列のバイトでは、
「すみません、えっと…ウィスキーの特典のグラスを割っちゃいました。」
「缶ジュースの段ボールを開けるときにカッターの刃を出し過ぎてジュースの缶に傷つけちゃいました。」など、失敗も先輩や責任者にその都度報告していくことで、きちんとした商品管理ができることを学んだと言います。

「アルバイトをはじめて慣れてきた頃にダメな人と思われたくなくて失敗を隠そうとしてしまったりするんだけど、隠してもバレるからムダだし、オレみたいにウソがヘタな場合は特に信用を失うからやめたほうがいいと思う。報告連絡相談をマメにしたほうが揉めないし、自分にとっても相手にとってもいいんだってわかった

と、息子の心がグングン成長しているのを感じたのでした。

面倒だと思っていた『丁寧なコミュニケーション』を磨く場に

他者に状況報告をすると気には、時間や数や状態などの情報を一緒に伝えるといいことに気づくリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
家でも小中の頃は親が質問してものらりくらり答えたり、主語のない話をしたり、時系列に沿って話すことができずに内容が伝わらないことも多々ありましたが、高校生になってからは「昨日コレをここにコレしたけど、ソレはどうする?アレしておく?明日必要だからコレしておいたほうがいい?」というように順序立てて説明することができるようになりました

相手にわかりやすいようにするため、状況や数、時間帯などの情報を入れて工夫することに気がついたそうです。

なんで小中時代にそういう丁寧に伝える話し方をしなかったのか聞いてみると、「お母さんに詳しく話すのは面倒くさかったから」だそうです。私に親切にするのはダルい!ということでした。「この野郎(怒)」って感じですが(笑)

家庭の中だけだと、会話はツーカーになりやすく情報を伝えるスキルは成長しにくかったのだと思いました。社会参加することで会話力の必要性を感じて、学んでいったのですね。

現在は車の販売店に就職して整備士見習いとなったリュウ太。社会人になってから更に仕事における「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」の重要性について学んでいきました。

それは次回に続きます。

このコラムをかいた人の著書

発達障害 僕にはイラつく理由がある! (こころライブラリー)
かなしろにゃんこ。 (著), 前川 あさ美 (監修)
講談社
うちの子はADHD 反抗期で超たいへん! (こころライブラリー)
かなしろにゃんこ。 (著), 田中 康雄 (監修)
講談社
ADHDな高校生息子の初バイト!お客さんから学んだ大切なことのタイトル画像

関連記事

ADHDな高校生息子の初バイト!お客さんから学んだ大切なこと

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。