勉強ができることは「勝ち組へのパスポート」 ではなかった――生きづらさから傲慢だった発達障害の私。就活挫折と仕事での苦難から気づいたこと

2020/06/16 更新
勉強ができることは「勝ち組へのパスポート」 ではなかった――生きづらさから傲慢だった発達障害の私。就活挫折と仕事での苦難から気づいたことのタイトル画像

高機能自閉症のある私。学校の成績がよかったのもあって、発達障害を発覚しないまま難関大学に進学し、周囲からは「そのまま有名企業に就職するだろう」と期待を受けていました。しかし私は大学時代、就活で大きな挫折を経験します。この記事では、その後10年近くのひきこもり生活を経て現在は在宅で文筆業をなりわいとしている私が、「勉強のできる発達障害者と仕事」について考えていることをお伝えします。

宇樹義子さんのアイコン
宇樹義子
17724 View

勉強ができる=仕事ができる=人生は順風満帆 ではなかった

誰かが「勉強ができる」ことは、その誰かが「たまたま勉強において好成績をとるのに向いた特性を持っている」ことを表すにすぎません。

仕事や生活では、体力やコミュニケーション能力、応用力や瞬発力、マルチタスク能力が要求されたり、ジェネラリストであることが求められることも多くあります。勉強がよくできても、仕事や生活管理がうまくできるとは限りません。勉強のできる発達障害者の場合、こうした本人内での凸凹が大きいので、「勉強はできても仕事はできない」ということが十分起こりえます。

しかし、大学時代、就活をしていた当時の私は、自分に発達障害があるとは気づいていませんでした。自分の中で能力の凸凹があるという自覚もありませんでした。新卒採用の面接で落ちまくったり仕事がことごとくうまくいかなくなったりするようになるまで、勉強ができる=仕事ができる=人生は順風満帆 だと思いこんでいたのです。

勉強ができる=本人の努力のおかげ、でもない

勉強の成績には、本人の生まれ持っての特性や努力だけでなく、育つ環境も大きく関わっています。たとえば、本人にポテンシャルがあったとしても、家庭が勉強に集中できる環境でなければ本来の力が発揮できないでしょうし、逆に、家庭に教育にコストをかける十分な余裕があれば、本人の力を最大限に引き出すことができるでしょう。

また、誰かのある能力が「〇〇ができる」と評価されるのは、その能力が運よくその世相で価値があるとされるものであるからにすぎません。たとえば、現在天才物理学者とされているアルバート・アインシュタインも、たまたま世で価値があるとされる物理理論を発見したからこのような評価を得ていますが、あの発見がなければ、あるいはあの理論が世から価値あるものとして見いだされなければ、彼はもしかしたらただの変わった人として扱われていたかもしれないのです。

こうしたことは勉強の成績だけの話ではありません。人からの「◯◯ができる」という評価には、育つ環境や世相といった運が大きく関わっているのです。生活上おおよそすべてのスキルについて、何かが人よりできることに傲慢になってもいけないし、何かができないことについて本人の努力の問題にしてはいけないと、私は思っています。

勉強ができることに対する嫉妬や差別での苦労

私は、「勉強ができること」を理由に嫉妬や差別を受けることもありました。

小さいころには、勉強ができるからってお高くとまっている、ずるい、などと言われましたし、職場で「基本的には高学歴の人は採らないようにしている」「これだから高学歴は使いづらい」などと罵られたこともありました。職場で「宇樹さん◯◯大卒だって」と言いふらされ、同僚からしつこく嫌味を言われたり、周囲からひそひそ話されたりするようになったこともあります。

私の場合、学歴や、喋ったときの理屈っぽさが変に目立つ一方、周囲とうまくなじめないし、仕事はぜんぜんうまくできないので、「勉強ができるならほかのこともできるはずだ→ 人間関係や仕事がうまくこなせないのは本気を出していないからだ、悪意だ」と感じる人が多かったのではないかと思います。私が「勉強ができる」ことで嫉妬や差別を受けやすかったことの原因のひとつは、こうした私自身の中での能力のアンバランスさにあったと感じています。

こうした嫉妬や差別のもうひとつの原因は、いまの社会が「能力」に重きを置きすぎた世界観で回っていることにあると思います。多くの人がなんとなく「世の中、能力があるほうが得だ」と感じているような雰囲気がありますよね。これは容易に、「能力がある人は得してずるい!」に転じます。

私はこの雰囲気には疑問を持ち続けておかなければならないと思っています。私の能力が非常にアンバランスだったように、人の能力は決して一枚岩ではありません。それに、「人間として全面的に能力に溢れた人」だけが得をする世の中が正しいのかと考えると、どうしたってそうは思えないのです。

そもそも人生を勝ち負けで考えることをやめる

今は「人を差別するのはいけない」と考えている私ですが、発達障害を自覚する前には「勉強のできない人」を見下し、差別していたことがありました。

みっともない言い訳をすると、私は生きづらさの裏返しで傲慢になっていたのです。周囲になじめずに生きづらさを感じたとき、「見てろ、自分は勉強ができるのだからエリートになって見返してやる!」と思い込むことでなんとか生きる気力を振り絞っていたところがありました。

こんなありさまだったので、新卒採用の就活がうまくいかなかったことは、なんとかしがみついていた最後の希望を絶たれるもので、人生最大の挫折でした。絶対に受かると思っていた会社の面接でなぜだか面接官に怒られまくって落ちたときは、文字通り三日三晩泣き続けて、目がパンパンに腫れて開けられなくなったものです。

嫉妬や差別の話は、「勉強ができるタイプの発達障害者はかわいそう」というものではありません。「残念ながら、誰もが思いもよらない属性をきっかけに嫉妬されたり差別されたりしうる」という話です。

私は、嫉妬や差別の根本原因は、誰かが自分と誰かの人生を比較して「この人の人生は自分の人生よりもイージーモードだ」と勝手に断じることにあるのではと思っています。

だから私は、互いを無個性な「敵」と認定して比較しあう価値観から「いちぬけた」しようと思いました。勝ち組とか負け組とか、人を十把一絡げにすることもやめる。見返してやるとか仕返ししてやるとかいった気持ちも手放す。

「勉強ができる」ことは、「勝ち組へのパスポート」などではない。そもそも世の中には、勝ち組も負け組もない。ただ、それぞれの多種多様な、他者には想像もつかない人生の苦労を抱えた個人がいるだけ。その中で私は常に、自分が自分史上最高に楽で、最高に自分らしくいられる場所を求めていければいい――「勉強のできる」発達障害児であった私は、現在このように考えています。
体を壊しても求めた高学歴、でも就職失敗――将来のために私に必要だったのは「得意を活かし苦手を避ける」選択肢だったのタイトル画像

関連記事

体を壊しても求めた高学歴、でも就職失敗――将来のために私に必要だったのは「得意を活かし苦手を避ける」選択肢だった

小学校生活はお遊戯会。誰にも理解されず、浮きこぼれていた私――違和感だらけの子ども時代を振り返って【宇樹義子さん連載開始!】のタイトル画像

関連記事

小学校生活はお遊戯会。誰にも理解されず、浮きこぼれていた私――違和感だらけの子ども時代を振り返って【宇樹義子さん連載開始!】

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

宇樹義子 さんが書いた記事

体を壊しても求めた高学歴、でも就職失敗――将来のために私に必要だったのは「得意を活かし苦手を避ける」選択肢だったのタイトル画像

体を壊しても求めた高学歴、でも就職失敗――将来のために私に必要だったのは「得意を活かし苦手を避ける」選択肢だった

現在40歳、高機能自閉症のある私。ティーンエイジャーだった30年ほど前の私は、いつも学校の成績が良かったためか両親から期待を受けました。高...
進学・学校生活
18946 view
2020/05/26 更新
「社会の日常」が破壊されている今、ASDの宇樹が試している生活習慣、セルフケアのタイトル画像

「社会の日常」が破壊されている今、ASDの宇樹が試している生活習慣、セルフケア

新型コロナウイルス感染症の流行により、緊迫した社会情勢が続く昨今。ASDのある人は「いつもと同じ」「見通しが立っている」状況でないと不安を...
発達障害のこと
13387 view
2020/04/18 更新
小学校生活はお遊戯会。誰にも理解されず、浮きこぼれていた私――違和感だらけの子ども時代を振り返って【宇樹義子さん連載開始!】のタイトル画像

小学校生活はお遊戯会。誰にも理解されず、浮きこぼれていた私――違和感だらけの子ども時代を振り返って【宇樹義子さん連載開始!】

31歳のときにようやく発達障害を自覚し、32歳で高機能自閉症の診断を受けた私。小学生や中学生のころにはすでに、いつもかなりつらい気持ちで日...
進学・学校生活
19309 view
2020/03/22 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。