まるで爆弾!ADHD次男のかんしゃく、どうしたら落ち着く?疲れ切っていた私にヒントをくれた、2歳娘との「あるやりとり」【かんしゃく特集】

2020/10/07 更新
まるで爆弾!ADHD次男のかんしゃく、どうしたら落ち着く?疲れ切っていた私にヒントをくれた、2歳娘との「あるやりとり」【かんしゃく特集】のタイトル画像

ADHDの次男は5歳に多動が目立つようになってから小2まで癇癪の多い子でした。トラブルが起こった後はアドバイスをしたとしても素直に聞き入れず悪態をついたり物にあたったりしていました。
それは私の関わり方が上手くいかなかったことが大きな要因だったのですが、お互いに心地良い関わり方ってなんだろう?と模索していた時期でもあります。そんなとき、娘とのふとしたやりとりが私にヒントをくれて…。

スガカズさんのアイコン
スガカズ
13398 View

小学校に入学…環境の変化でさらにトラブル続き

こだわりや不注意や衝動性により注意されたり、聴覚過敏によりかんしゃくを引き起こしている図
Upload By スガカズ
小学校に通うようになった次男は、慣れない環境の変化によって学校でのトラブルが多くありました。

できるだけ小学校生活を円滑に行ってほしいので事前に情報を伝えたり、日常生活の声かけに工夫してみたりしました。ですが、私自身関わり方がいまいちしっくり来ませんでした。

アンガーマネジメントを心がけようと、「6秒ルール」をしても「見ないフリ」をしてみても…。
支援を頑張った分、出来なかった時にがっかりしてしまい、結果次男の行動に目を光らせてイライラしていました。
兄弟が二人とも癇癪を起し爆弾を抱えているような家の中
Upload By スガカズ
前回のコラムにも書きましたが、長男も青年期の癇癪があったので、自分の家なのに、子どもたちがそろうと爆弾をかかえている気分になり、気を張る毎日…。
「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】のタイトル画像

関連記事

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】

関わり方が見えたのは、下の子からの寝る前のスキンシップ

「おかあさんだいすき」と言う娘に、こうすればよかったと気づく母
Upload By スガカズ
そんなある日の夜、長男と次男の対応に疲れていた私は、下の子たちを寝かしつけていました。すると、当時2歳の長女(3番目)から「お母さん大好き。ギュッてして」と催促されました。

言われた通りに長女を抱きしめてみると、長女が笑顔で「ありがとう」と言いました。おかげでネガティブな気持ちがすっと楽になりました。

私に足りなかったのは、次男と同じ目線になってスキンシップをとり、次男を安心させる事だと気がつきました。疲れていても大好きな人から認めてもらえることでネガティブな感情がすっと消えるのです。

癇癪が起こる前や後に心がけたこと

手を握りながら話す、ほめる、2人だけの時間をつくる、クールダウンする部屋を決めるなどを行っている様子
Upload By スガカズ
そこでさっそく、「手を握って話す」ことを心がけるようにしました。次男と向かい合って手を握りながら話をすると、私も落ち着いて話をしやすいし、次男も話を聞いてくれることがわかりました。

他にも「クールダウンする部屋を決める」、「(我慢した事等を)ほめる」、「(きょうだいがいない時に)2人だけの秘密を作る」など意識しました。

こういった支援を行っている内に2年生の3学期になりました。この頃の次男は、癇癪のパターンが「怒られた」と感じた時に起こるのが主でした。

ある日学校から配られたプリントに、クラス全員の詩が紹介されていました。
次男の書いた内容はというと、

「冬休みにスケートをした。
お母さんがうまかったです」

詩はたったの2行でしたが、他のクラスメイトは「勉強」「先生」「給食」等、学校について書いていたのがほとんどですが、次男は私のことをわざわざ書いてくれました。

また、特別支援教室の面談で先生から「お母さんは忙しいけどいつも俺の事を考えてくれているんだ」「お母さんのためにがんばる」という風に、私についてよく話していることを教えていただきました。

その子の成長に合わせて支援する

成長に合わせてスキンシップの形を変えていった様子
Upload By スガカズ
私(母親)を認めてくれていること、癇癪が減ったことから、3年生になってから支援方法を変えていきました。

●小1~2年生では次男と向かい合って手を握って共感&励まし
●3年生では斜め後ろに立ち背中にをさすって後押し
●4年生の現在は、がんばった時にハイタッチ(称賛)
という風に、少しずつ子どもとの距離をとる様にしました。


現在は、時々泣くことがあったり怒ることはありますが、クールダウンしに決められた部屋に行き、数分もしない間に戻ってくるようになりました。
友達と揉めることもゼロではありませんが、先生の話や友達と遊んでいる様子を見て仲良くしていると感じます。

親子共々「気持ちの切り替え」が必要な癇癪問題ですが、あの時私にスキンシップを催促した娘のお陰だと思います。
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

関連記事

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

発達障害がある子に必要な支援とは?関わり方から、活用できる専門機関や公的サービス、民間資源についても紹介!のタイトル画像

関連記事

発達障害がある子に必要な支援とは?関わり方から、活用できる専門機関や公的サービス、民間資源についても紹介!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

スガカズ さんが書いた記事

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】のタイトル画像

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】

ASDとADHDのある長男は、昔から1人で好きなことに取り組むのが大好きでした。 小1~小3の頃はクラスに友達と呼べる友達はいませんでした...
自分と家族のこと
7196 view
2020/10/01 更新
スペシャルタイムのはずが大喧嘩に!情緒不安定な次男、夜中まで待っていて――母が失敗から学んだ、一番大切なコトのタイトル画像

スペシャルタイムのはずが大喧嘩に!情緒不安定な次男、夜中まで待っていて――母が失敗から学んだ、一番大切なコト

子どもの発達に課題があると分かってから、関わり方でうまく行かず悩んだ経験はありますか? わが家の次男は小1でADHDの診断を受けました。 ...
自分と家族のこと
11420 view
2020/08/28 更新
【発達凸凹長男の中学校受験】本格的に通学開始!中1の壁にぶち当たる日々、驚きの成長も【最終話】のタイトル画像

【発達凸凹長男の中学校受験】本格的に通学開始!中1の壁にぶち当たる日々、驚きの成長も【最終話】

本人の希望する中学校に無事に入学した長男。ですが、新型コロナウイルスの影響で入学式は中止となり4月5月の休校中はWEB授業を受けていました...
進学・学校生活
13231 view
2020/07/09 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。