娘4歳。抽選会のハズレで大癇癪、どう鎮める?逃げるように帰った自宅で…

2020/11/04 更新
娘4歳。抽選会のハズレで大癇癪、どう鎮める?逃げるように帰った自宅で…のタイトル画像

現在小学4年生の広汎性発達障害の娘、4歳のときのこと。参加したイベントで、お楽しみ抽選会がありました。真剣な眼差しで参加する娘に、「ハズレもあるよ」と声をかけてはみたものの...

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
23447 View
4歳になると娘は、簡単な会話が成立するようになっていきました。

言葉でコミュニケーションをとることができるようになり、どんなことが嫌か、どうすればいいかなども、会話から聞き取ることができるようになり、泣いた時の対処もどんどん楽になっていきました。

しかし、癇癪自体がなくなることはありませんでした

友達と参加したイベント先でのこと。

娘4歳のある日…
私は友人に誘われ、娘と、あるイベントに参加しました。

そのイベントでは入場時に、子どもたちだけに抽選券が配られました。そして、イベントの最後に子どもたちが集められ、抽選会が行われました。
抽選会で友達が抽選に当たる様子をじっと見つめる娘あーさん。自分も絶対当たると思っているのではと母は心配する。
Upload By SAKURA
娘も抽選券を握りしめ、やる気満々でお友達と一緒に、最前列を確保。

司会者がくじを引き、当たりの番号が読み上げられていきます。隣に座ったお友達は早々に当たり、商品を手にして嬉しそうにお母さんのところへかけていきました。

娘はそれを見つめていました。

「ハズレもあるよ」と伝えてみたけれど…

この抽選は、全員が当たるわけではありません。ひたすら呼ばれるのを待つ娘を見て、私に不安が募りました。

もし…もし最後まで番号が呼ばれなかったら…癇癪を起こしてしまうかもしれない
私は、慌てて娘のそばに駆け寄り、全員が当たるわけじゃないと、伝えました。
母は抽選会にはハズレもあることを伝えるが娘あーさんには聞こえていない。当たることを祈るしかないと思う母。
Upload By SAKURA
しかし、娘は私の話を一切聞かず、その視線は番号を読み上げる人に集中していました。

私は、当たることを祈りつつ抽選会を見守りました。

当たらないまま終わった抽選会。娘は…

結局、娘の番号は最後まで呼ばれませんでした。

抽選会が終わったとわかった瞬間、娘は癇癪を起こし、泣き出しました。
抽選会が終わり、何も当たらなかった娘あーさんは大泣きする。周囲の冷たい視線を感じてすぐに帰宅する。
Upload By SAKURA
こうなると、何と声をかけても無駄なのです。

普段大人しいだけに、周りの人は何事かと、注目一瞬で凍りつくその場の空気と、突き刺さる視線。

私は、娘を抱え、逃げるようにその場を去りました。

帰宅後、娘の様子を見て思いついたのは…

娘は家に着いても泣き止みませんでした。泣き続ける娘を見ていて、その手に抽選券が握りしめられているのに気がつきました
帰宅後も抽選券を握りしめて泣き続ける娘あーさん。
Upload By SAKURA
その姿を見て、「当たった体験をしてもらいたい!」と思った私は、お家で抽選会をやってみようと提案しました
母は娘あーさんに、家で抽選会をやろうと提案する。
Upload By SAKURA
娘は涙しながら、「いいよ」と言ってくれました。

慌てて家にあるお菓子をラッピングし、「参加者は娘一人、商品はたった一つ!」の抽選会をしました。
母と娘の2人だけで抽選会をする様子。
Upload By SAKURA
やらせ感は満載(笑)でしたが、娘はとても喜んでくれました

癇癪を見越して、事前に確認。

これ以降、くじや抽選に関しては、当たらないことがあるということを事前に話し、「当たらなくても大丈夫?それでもやる?」と、確認したうえで参加するようになりました
ゲームをする前には「負けることもあるよ。大丈夫?」と娘あーさんに事前に確認するようになった母。
Upload By SAKURA
もちろん、事前に説明をしたら負けをすんなり受け入れられるようになった訳ではありませんでした。

ゲームや勝負に負けて泣くことは、小学校1年生頃まではよくありましたし、「負けることもあるよ?」と確認すると「じゃあやらない」と避け、学校に事情を説明して、見学させてもらうこともありました
娘あーさんが学校で、負けると泣いちゃうから参加しないと言い活動を見学したことを、連絡帳を見て知る母。
Upload By SAKURA
しかし、成長と共に、負けることもあるということも少しずつわかってきて、「悔しいけれど仕方がない…次は勝つぞ!」という考え方や、負けても「まあいいや!」と受け入れることができるようになっていきました
子どもの癇癪の原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

関連記事

子どもの癇癪の原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

2歳、発達障害娘が外出中に大爆発!どこか痛いのかと心配するも、その理由は…パニック回避のために夫婦で決めたルールとは?のタイトル画像

関連記事

2歳、発達障害娘が外出中に大爆発!どこか痛いのかと心配するも、その理由は…パニック回避のために夫婦で決めたルールとは?

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…のタイトル画像

関連記事

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。