支度が遅い小1娘。休み時間を思うように過ごせず凹む様子を見て、先生に手助けをお願いすると

2021/02/10 更新
支度が遅い小1娘。休み時間を思うように過ごせず凹む様子を見て、先生に手助けをお願いするとのタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、小学4年生。
本を読むことが大好きで、小学校入学当初から、よく図書室に通っています。
しかし、1年生のころは、空き時間に図書室に行くということが苦手で、
行きそびれることが多々ありました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
17623 View

本を読むことが苦手だった娘が、読書大好きに。

広汎性発達障害の娘は、小学生になったばかりのころ、本を読むのがとても苦手でした。
音読の宿題をやりたがらない小1のときのあーさん。
Upload By SAKURA
音読が苦手な娘に嬉しい変化!続けてよかった親子の習慣とはのタイトル画像

関連記事

音読が苦手な娘に嬉しい変化!続けてよかった親子の習慣とは

音読の宿題には時間がかかり、最後までなかなか読めない状態でした。しかし、寝る前の読み聞かせを続けた結果、本を読むことが大好きになりました。

本を読むことが楽しいと感じるようになった娘は、学校の図書室から本を頻繁に借りてくるようになり、1年生のときに、多読賞を取ることができました。
読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?のタイトル画像

関連記事

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?

小学4年生になった今では暇さえあれば本を読み、私たちも読まないような文字だらけの本も、ささっと読んでしまいます。
小4になったあーさんは、文字が多い本も読むようになった。
Upload By SAKURA

図書室に行くタイミングが合わない。

娘にとって、大好きな本を借りられる図書室での時間は、癒しになっています。しかし、実は「図書室に通う」ということも、最初からスムーズだったわけではありませんでした。

学校の図書館に行っていいのは、休み時間や放課後だけ。クラスのみんなは空き時間に、さっと行って、さっと戻ってくる・・・という借り方をしていました。

しかし、いろいろな支度にみんなより時間がかかってしまう娘は、空き時間をみんなと同じ分だけ確保することができません。
小1のあーさんの休み時間の様子。支度を終えて図書室に行こうとするとチャイムが鳴ってしまう。
Upload By SAKURA
前授業の片づけを終えて、「さあ、図書室へ行こう!」と思ったら、チャイムが鳴ってしまったり...
図書室に行こうと思っていたのに行けず、泣くあーさん。
Upload By SAKURA
図書室に入った瞬間、同級生が出てきて、「もうチャイム鳴るから、戻った方がいいよ」と声をかけられたり...
図書室に行く時間がせっかく確保できているときも、ボーっとして時間を過ごしてしまい、時間を無駄にしてしまったり...

帰る前に唯一行けるチャンスの放課後も、ホームルームが長引いてしまうとスクールバスの発車時間が迫り、泣く泣く諦めないといけない...という状況もあったそうです。
帰宅後、あーさんは図書室に行けなかったことを母に報告する。
Upload By SAKURA
帰宅した娘が凹んでいるときは、だいだい、図書室に行けなかったことが原因でした。

担任の先生に、声かけをお願いしてみると・・・

明日こそ...明日こそ...と思ってもなかなかタイミングが合わず、凹んでいく娘。

私は、なんとか図書室に上手に行けるようにしてあげたいと思いました。
連絡帳にあーさんの様子を書き、先生に対応をお願いする母。
Upload By SAKURA
そこで私は担任の先生に事情を説明して、娘に図書室に行くタイミングを声かけしてもらえるように、お願いしてみることにしました。

先生は快諾してくれ、図書室に行ける時間に娘がボーっとしているのを見かけたら、「今、図書室行けるよ」と声をかけてくれるようになりました。
図書室に行ける時間に、先生が声をかけてくれるように。その後あーさんは「図書室に行ってもいいですか」と自ら確認ができるようになった。
Upload By SAKURA
先生が声かけしてくれるようになってから、娘は毎日図書室に行けるようになりました

そして、だんだんと自分で図書室に行けるタイミングがわかるようになり、先生からの「図書室行ってもいいよ」の声かけが、娘からの「図書室に行ってもいいですか?」という確認に変わっていきました。

確認は、安心!

娘が2年生に進級し、新しい担任の先生になってからも、娘の確認は続きました。
小2になり、新しい担任の先生に情報共有する母。
Upload By SAKURA
事情を知らない2年生の担任の先生に、私は、「娘にとっての確認は安心につながるので、聞かれたら『いいよ』と答えてやってください」とお願いしました。

それから少しずつ娘の、確認回数は減って行き、3年生になるころには、完全に自分のタイミングを見つけられるようになりました。

4年生になった今は、自分の判断で図書館へ行ったり、状況に応じて先生に確認したり、特別支援学級のご褒美タイムで「図書室に行きたい」と希望したりできるようになりました。
現在あーさんは、自分でタイミングを見つけて図書室に行けるようになっている。
Upload By SAKURA

学校でのことは、フォローがしにくい。

学校での図書館に行くタイミングは、さすがに家の中でフォローすることができません。その日によって状況も違うので、「〇時間目の後に行ったら?」といったアドバイスがしにくい...

最初は、先生にも、手を煩わせてしまって、申し訳ないかなーと思っていましたが、ずっとそのままではありませんでした。声かけは、娘からの確認に変わり、今では自己判断ができるようになりました。

最初は少し先生にお手伝いをしてもらい、一緒に成長の過程をつくってもらうのも大事なことだなと感じました。

小学校生活の困りごと特集

発達ナビライターによる小学校生活での困りごとエピソードをあつめたまとめコラムはこちらです。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
今が特別支援学級から通常学級に戻るタイミング?小4娘が選んだのは【後編】のタイトル画像

関連記事

今が特別支援学級から通常学級に戻るタイミング?小4娘が選んだのは【後編】

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!のタイトル画像

関連記事

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。