状況や意思を説明するのが苦手なASD息子。会話の足し算・引き算テクの取得で驚きの変化?

2021/02/25 更新
状況や意思を説明するのが苦手なASD息子。会話の足し算・引き算テクの取得で驚きの変化?のタイトル画像

コウは自分の状況や意思を説明することが苦手です。必要な情報が抜けてしまって「どういうこと?」と突っ込まれることもあれば、逆に細かく説明し過ぎてしまうことも多く、”必要な情報量”で話すことの難しさを感じさせられます。

そんな彼ですが、何気ない会話の中で思いがけない成長を感じることもあります。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
11869 View

”必要な情報”を伝えることが苦手なコウの大きな成長にビックリ!

”言わなくても分かること”を抜くという会話方法に気が付いたコウ
Upload By 丸山さとこ

情報は多くても少なくてもダメ!?

コウは自分の状況や意思を説明することが苦手です。

必要な情報が抜けてしまって「何の話?」「どういうこと?」と突っ込まれることも多く、こちらから「〇〇のこと?」などと情報を引き出したり推測したりしなければ会話が成り立たないことも珍しくありません。

かと思えば、微に入り細に入り説明し過ぎて「話が長い」「結局何だったの?」と突っ込まれることも多く、必要な情報を話すことの難しさを感じさせられます。

「これは何」で「それをどうしたいのか」を教えてほしい母

そんな彼がある日、小さな厚紙を数枚手に乗せて「これどうしたらいい?」と聞きにきました。私は「どうしたらいいって…それは何なの?」と戸惑い、何と答えればよいのか困ってしまいました。
小さい厚紙は”工作の材料”なのか”ゴミ”なのか分からない!
Upload By 丸山さとこ
「えっと…それは工作の材料なの?ゴミなの?」と聞くと、コウも「あぁ、そうだよね」とハッとし、「これゴミなんだけど、どこに捨てたらいい?」と聞き直してくれました。

それだけで十分に意味は伝わったのですが、彼はそこからさらに少し考えて「これ、どこに捨てたらいい?」と言い直したので、私はとても驚きました。

必要な情報を足したり引いたりするということ

「これはゴミです」という情報を足せたのは凄いこと!

以前のコウであれば、私の質問に対して「えっと…これ…工作してて…あの、これもう使わないから…何て言えばいいんだろう…?」と困り果てて固まっていただろうと思います。
必要な情報を足すだけでなく、不要な情報を抜いたコウの成長に驚く私
Upload By 丸山さとこ
これが、もし夫とコウの会話だったとしたら、多分以下のようなやりとりになっただろうと思います。

コウ:「これどうしたらいい?」
夫 :「どうしたらいいって何が?」
コウ:「何って…?」
夫 :「それは何なの?」
コウ:「何って…えっ?コレ…(紙を差し出す)」
夫 :「だからそれは何なの?」
コウ:「えっ…?」
夫 :「どういうこと?」

「コウが何を言いたいのか分からない」夫と「お父さんは何が分からないのか分からない」コウ
Upload By 丸山さとこ
多少コウとの会話に慣れている私であったとしても、疲れているときは上記のようなやりとりになることは珍しくありません。そんなコウが「これはゴミです」ということを伝えられたということは、それだけでも画期的なことなのです。

それなのに、さらに「捨てるって言ってるんだから『これゴミなんだけど』はいらないよね」という判断までしたのですから、その成長の大きさには本当にビックリです。

会話の難しさと、息子の試行錯誤の日々を感じて…

必要な情報を足すことで「何の話か分からない」をクリアした後に、更なる成長があったとは!と思うと、”自然な会話”というものの面白さと難しさを改めて感じます。

周囲もまだ幼かった低学年のころと違い、11歳になったコウが学校での会話で求められるものは”本人ができること”よりも高く、いろいろと苦労しているのだろうなということがチラリと見えることも多々あります。
「気付かない内に成長しているんだなー…」としみじみする私
Upload By 丸山さとこ
見えれば気にはなりますが、それらの難しさに対して親があれこれ言うことはできなくなっていく年頃だなー…ということも感じるこのごろです。

そんな日々の中で、「コウはいろいろなことを吸収して試行錯誤しているんだなー…」としみじみした、日常のひとこまでした。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
発達障害がある子に必要な支援とは?関わり方から、活用できる専門機関や公的サービス、民間資源についても紹介!のタイトル画像

関連記事

発達障害がある子に必要な支援とは?関わり方から、活用できる専門機関や公的サービス、民間資源についても紹介!

感じ方や考え方は違っていい!「脳の多様性」を活かす社会で、どんな人も生きやすく。『ニューロダイバーシティの教科書』で知る、新しい視点のタイトル画像

関連記事

感じ方や考え方は違っていい!「脳の多様性」を活かす社会で、どんな人も生きやすく。『ニューロダイバーシティの教科書』で知る、新しい視点

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9726 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8952 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13296 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。