毎年恒例!発達障害娘が進級でトラブル続出…パニックや蕁麻疹、心も身体も不安定な日々

2021/05/12 更新
毎年恒例!発達障害娘が進級でトラブル続出…パニックや蕁麻疹、心も身体も不安定な日々のタイトル画像

毎年、4月(新年度)になると、情緒不安定になる広汎性発達障害の娘。
毎年恒例のことなので、今年も乗り越えられると思っていた私でしたが、今年は何もかも一味違いました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
14713 View

新5年生!新しい学年のスタート!

広汎性発達障害の娘は、10歳。
4月から、小学5年生になりました。

新しく始まった学年…、と言っても大きな変化はありません。
娘は去年と同じく、引き続き特別支援学級の在籍。
交流学級は、児童数も少なく、1クラスしかないので、クラス替えはありません。

変わったことといえば、特別支援学級のメンバーが少し変わったことと、特別支援学級の担任が、新任の先生になったことでした。
このような(人の)変化は全く平気な娘。
(特別支援学級の)新しい先生にも、新しいメンバーにも、すぐ慣れて、始業式には、楽しい様子を報告してくれていました。

毎年恒例の不安定が始まった。

しかし、毎年、新年度はとても情緒不安定になる娘。
休校あけの新学期、小4娘が家や放課後等デイで大号泣!「学校は楽しい」のになぜ?娘に必要だったのは…のタイトル画像

関連記事

休校あけの新学期、小4娘が家や放課後等デイで大号泣!「学校は楽しい」のになぜ?娘に必要だったのは…

去年は、長い休暇明けの新年度で、生活のリズムが崩れ、ちょっとしたことで泣くことが多くありました。

今年もやってくるのだろうか…覚悟して構えていましたが、やはりやってきました。

4年生のときにはできていたことが、極端にできなくなる。

「明日の準備」確認し、娘に質問する母
Upload By SAKURA
今まで明日の準備は、娘に自分でやってもらい、あとからこっそりランドセルを確認していました。
いつもは、私がチェックしてもしっかり準備ができていて、フォローすることは多くなかったのですが、新年度が始まってからは、「連絡帳を入れ忘れる」「薬を忘れる」「体操服を忘れる」ということが多く、補助なしでは忘れものだらけになる状態。

以前は、連絡帳も自分でチェックできていたのですが、最近は、連絡事項を見忘れることが多くなりました。

ちょっとしたことでパニックになる。

「お薬飲んだ?」と母が聞くと、パニックになる娘
Upload By SAKURA
今まで、し忘れていたことでも、あとから私が指摘すると「わかったー」という反応してくれていたのですが、情緒不安定なせいか、ちょっとした指摘で絶望し、泣き、パニックを起こすようになりました。

独り言が、今まで以上に多くなる。

母が話しかけても、独り言をやめない娘
Upload By SAKURA
独り言は今までもあったのですが、その回数が極端に多くなり、ひどいときには、私がしゃべっていても自分の世界から抜け出せず、
私の声に反応することなく、独り言を続けています。

心の不安定が、身体に現れるようになり…

そういった不安定さから、私とのやり取りがうまくいかなくなり、私も私でイライラ…。
結果、衝突も増え、私と娘は言い合いばかりするようになりました。
母と娘が言い合いになり、娘は持病のアトピーが悪化したり蕁麻疹が出たりするように
Upload By SAKURA
私との衝突が増えたせいか、娘は精神的不安定な状態が身体にも現れるようになり、持病のアトピーが悪化したり、蕁麻疹が出たりするようになりました。
肌がどんどん荒れていく姿を、私はただただ見ることしかできませんでした。

状況を良くしたいけど…

私が何か指摘するたび、ストレスから皮膚を掻きむしる娘。
悪化しないようにするため、「言い過ぎないように言い過ぎないように…」と、私は自分に制御をかけるようになりました。
そのうちに、私は娘のことに対応した後、目が真っ赤に充血するようになりました。
母は娘のことに対応した後、目が真っ赤に充血するように
Upload By SAKURA
私はこの状況を少しでも良くするために、娘の不安定を解消しようと試行錯誤しますが、少し前から思春期&反抗期状態の娘に、療育グッズはもはや効きません。
思春期&反抗期状態の娘には、療育グッズが効かない
Upload By SAKURA
毎年、何かしらありますが、今年は特に激しい気がしています。

いつも、時間が経てば勝手に不安定から抜け出しているので、今はただ、嵐が過ぎるのを待っている状態です(笑)
去年は5月末には元通りでしたが、今年はどうかな~…。

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!のタイトル画像

関連記事

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!

進路選択から障害告知までの試行錯誤、見出した解決策も。井上雅彦教授の解説も必読のSAKURAさん新著、想いを聞いた【SAKURAさん×発達ナビ編集長対談】のタイトル画像

関連記事

進路選択から障害告知までの試行錯誤、見出した解決策も。井上雅彦教授の解説も必読のSAKURAさん新著、想いを聞いた【SAKURAさん×発達ナビ編集長対談】

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。