手洗いの水滴も、自分の涙もダメ!「水濡れ」でパニック、即・着替えの発達障害息子。このルールで解決…!

2021/06/25 更新
手洗いの水滴も、自分の涙もダメ!「水濡れ」でパニック、即・着替えの発達障害息子。このルールで解決…!のタイトル画像

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ小学2年生、むっくんの母ウチノコです。小さなころから水で衣類が濡れることが大嫌いだったむっくん。濡れるとすぐに着替えないと気がすみません。そんな彼が、あることをきっかけに濡れても落ち着いて過ごせるようになったのです。

ウチノコさんのアイコン
ウチノコ
14566 View

保育園時代に悩んだ『水濡れ恐怖症』

むっくんは保育園時代、水で衣類が濡れる事がとても苦手でした。濡れたら即着替える。1日に何度でも着替える。一度濡れた服は洗濯が終わるまでは絶対に着ないという徹底っぷり。誰しも不快なほど濡れたら着替えると思うのですが、むっくんは手洗いの水が散っただけで着替え、自分の涙がポトリと服に落ちただけでも着替えないと気がすみませんでした。
ほんの小さな水濡れでも着替えないと気が済まない
Upload By ウチノコ

安心するためのこだわり

衣類が濡れた感覚が不快なことは理解できます。むっくんは感覚過敏のある子なので、私が思う以上に濡れた衣類が不快なのかもしれません。だけど涙では不快を感じるほど濡れていないはずです。つまり、むっくんは「触覚」ではなく「視覚」で水濡れを判断していることになります。
おそらく過去に水濡れで不快感を味わい、それがとても嫌だった記憶から衣類の濡れを見ただけで「着替えなくては!」と、必死で回避行動をとっているように私は感じていました。安心を得るための「こだわり行動」として着替えなのです。
過去の不快感が着替えへのこだわりに
Upload By ウチノコ

「着替えが必要な濡れ」の定義

保育園では1日に何度も着替え、連日数枚の服を持って帰ってきていました。特に雨の日は鬼門で、できるだけ濡れないように園前まで車で登園するものの、園庭を歩くうちに濡れてしまいパニックを起こしたこともありました。どこへ行くにも着替えは必須。着替えるだけで安心できるのだからまぁいいかと思うものの、地味に生活に影響を与えるこだわりでした。
着替えれば落ち着くけど、洗濯物は増えて…!
Upload By ウチノコ
「濡れた」と「濡れない」は、視覚や触覚を使えばある程度明確に分けることができます。しかし、「着替えが必要な濡れ」はかなりあいまいで人それぞれです。むっくんはあいまいな感覚を掴むことが苦手なため「濡れが目で確認できたら着替える」と言うわかりやすい定義にこだわるようにも感じました。視覚で確認するので見えない背中が小さく濡れている時は濡れていても平気…。そんな姿を見ていると、飛沫くらいなら着替えなしでやり過ごせるのでは?と私は思うようなりました。そこで試しにむっくんと私の間に「着替えが必要な濡れ」の共通の定義をつくってみることにしたのです。
どの程度の濡れで着替えたらいいのか…その曖昧さがむっくんを不安にさせている?
Upload By ウチノコ

「着替えが必要な濡れ」に明確な基準をつくる

「着替えが必要な濡れ」を表現する時「たくさん」や「ちょっと」などの、あいまいな言葉では認識を共有することが難しいと考え、濡れを判断できる共通のものさしを探しました。水濡れはいつ、どこで起こるかわかりません。いつでもどこに居てもすぐに使えるもの…というわけで、体の一部、てのひらを使って濡れの量を判断することに決めました。

選択肢はいたってシンプル。
てのひらより大きく濡れたら着替える。
てのひらより小さいときはそのままでもいいし、気持ち悪いなら乾かす。


てのひらより小さな濡れをドライヤーを使ったり、短時間干せば乾くことも実演しました。
当時5歳半だったむっくんは興味を持って私の話を聴いてくれました。
『手のひらスケール』を着替えの基準に
Upload By ウチノコ
すると翌日から、むっくんは水濡れの範囲を自分のてのひらを合わせて確認するようになりました。水濡れが手のひらより小さいと、ホッとした顔で「大丈夫だね」と笑います。
むっくんはその日を境に、小さく濡れた服であれば着続けることができるようになりました。保育園では濡れた服を干して乾かしてもらい、もう一度着ることもできるようにもなりました。着替えの回数は減り、濡れでパニックを起こすこともやがてなくなっていきました。
選択肢が増えたことで心が少しでも楽になれば
Upload By ウチノコ

想像以上の変化への戸惑い

正直に言うと、こんなにも本人のこだわりに影響を与えると私は思っていませんでした。私が一方的に決めた定義が本人に浸透してしまった現状に戸惑うこともあります。着替えることで本人の困り感が解消されていたのだから私がそのまま見守っていれば、むっくんは暮らしにくいと感じたタイミングで、自力で工夫を考えたかもしれません。考えるチャンスを奪ってしまったのかなぁと悶々とする日もあります。

でも雨が苦手でパニックを起こしていたむっくんが、雨の一粒は小さいから濡れても平気なんだよと、雨の中ではしゃぐ姿を見ていたら、これもまたあり!なのかな?と思ったりもします。

今でも水濡れはやっぱり苦手なむっくん。最近は靴の濡れを回避するために、自分からロング長靴なら安心できる!と、道具での対策を試したりしています。私のつくった水濡れの定義が、いつかむっくんが自分でつくり出した定義に変わっていくことを願いつつ、私は今日も濡れた服を洗濯しています。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
感覚過敏、1人でのお着替え問題...服も帽子も靴も選ぶのに大苦戦だった日々のタイトル画像

関連記事

感覚過敏、1人でのお着替え問題...服も帽子も靴も選ぶのに大苦戦だった日々

兄弟でこんなに違うの!?それぞれの理解の仕方にあわせた、おうちルールの伝え方のタイトル画像

関連記事

兄弟でこんなに違うの!?それぞれの理解の仕方にあわせた、おうちルールの伝え方

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ウチノコ さんが書いた記事

発達障害がある小2息子は不登校。得意もあるし、学習面も大丈夫そうだけど…将来はどうする?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

発達障害がある小2息子は不登校。得意もあるし、学習面も大丈夫そうだけど…将来はどうする?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ小学2年生、むっくんの母ウチノコです。今回はなかなか気になるむっくんの将来について、ど...
将来のこと
3971 view
2021/12/05 更新
悪夢が怖い!発達障害むっくんの「眠れない」問題、どうしたら?母も入眠障害に…親子で向き合った睡眠問題の年長から小2現在のタイトル画像

悪夢が怖い!発達障害むっくんの「眠れない」問題、どうしたら?母も入眠障害に…親子で向き合った睡眠問題の年長から小2現在

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ小学2年生、むっくんの母ウチノコです。小さなころから入眠が苦手なむっくんも成長と共に自...
身のまわりのこと
4707 view
2021/11/16 更新
不登校開始から1年、笑顔が増えた発達障害小2息子。これから親にできることは?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

不登校開始から1年、笑顔が増えた発達障害小2息子。これから親にできることは?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ小学2年生、むっくんの母ウチノコです。むっくんは小学1年生の秋から不登校を選択しました...
進学・学校生活
16357 view
2021/11/02 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。