ダウン症のある人たちの写真展「ポジティブエナジーズ」、2021年7月開催。前向きなエネルギーがあふれる作品と出合おう!

2021/06/26 更新
ダウン症のある人たちの写真展「ポジティブエナジーズ」、2021年7月開催。前向きなエネルギーがあふれる作品と出合おう!のタイトル画像

2021年7月22日(木・祝)から開催予定の写真展「ポジティブエナジーズ」は、ダウン症のある人たちの前向きなエネルギーがテーマ。並ぶのは、世界中のダウン症のある子どもやその家族を取材・撮影してきた名畑文巨(なばた ふみお)と、ダウン症のある人が仕事やスポーツに打ち込む姿を捉え発信し続けるリチャード・ベイリーによる作品です。魅力ある作品に触れ、そのエネルギーを感じてみませんか。

サムネイル写真:「Positive Energies」ミャンマーのダウン症のある女の子 名畑文巨

発達ナビニュースさんのアイコン
発達ナビニュース
4060 View

ダウン症のある人たちのポジティブなエネルギーを写真から感じて!

第一回写真展の様子
写真展ポジティブエナジーズロンドン展(2018年)
Upload By 発達ナビニュース
2021年7月、ダウン症のある人たちの前向きなエネルギーをテーマとした写真展が、東京・渋谷のヒカリエで開催。全42点の写真が並びます!

写真家の名畑文巨(なばた ふみお)は小さな子どもが持っているポジティブなエネルギーをテーマに、世界のダウン症のある子どもたちを取材撮影し、写真展を展開するプロジェクトを立ち上げ実行しています。2018年にロンドンで開催された第1回写真展「Positive Energies」では、日本・イギリス・ミャンマー・南アフリカ共和国での取材を行い、今回も出展しているイギリス人写真家リチャード・ベイリーらとともに三人展を実現させました。
第2回となる日本展は、東京オリンピック・パラリンピックの理念の一つでもある「多様性と調和」を背景に、障害のある人たちへの心理的障壁を取り払い、すべての人が共存できる社会へ向かうきかっけにしたいと企画されました。

ロンドンでの第1回展では、次のような感想がよせられています。

美しい人たちの なんて感動的で詩的な写真たちでしょう。
とても心動かされる展覧会でした! 共有してくれてありがとうございます。
感動的で独創的な写真たち。写真に写っている人々が最高に美しく捉えられていますね。
展覧会で涙を流したのは初めてです。


写真による表現が持つ力を感じました。障害に関してのこれまでの表現は、悲しかったり、
絶望的な印象を与える写真が多かったけれど、これらの写真にはポジティブな精神と温かみがあります。


出生前検査・診断が普及しつつある中、胎児にダウン症のある可能性が高いとき、難しい選択に直面する場面も増加しました。新しい生命をめぐる施策の選択肢の一つとして、医師による合併症リスクなどの情報のみでなく、ダウン症のある人やその家族の姿を捉えた写真展を通して考える機会にしてもらえたら、という思いも込められています。

ダウン症のある人たちの生き生きとした姿を撮り続ける、日英の写真家による作品

リチャードによる写真
「WorkFit」自立して就労するダウン症のある女性 リチャード・ベイリー
Upload By 発達ナビニュース
世界中のダウン症のある子どもやその家族を取材・撮影してきた名畑文巨と、ダウン症のある人が仕事やスポーツなどに打ち込む姿を捉え発信し続けるリチャード・ベイリー。第1回写真展でもタッグを組んだ二人による写真を、東京展で見ることができます。

写真家プロフィール

名畑 文巨(なばた ふみお)

大阪府在住。子どもが見せるいきいきとした表情やしぐさ、それを見る者が抱く幸せな感情をテーマにした作品を撮り続ける。ダウン症のある子のエネルギーに衝撃を受け、世界のダウン症のある子どもたちを撮り発信している。APAアワード2009文部科学大臣賞受賞、公益社団法人日本写真家協会会員

Richard Bailey(リチャード・ベイリー)
ロンドン在住。彼自身、ダウン症のある子をもつ。英国ダウン症協会を中心に、同じ立場の人が集まり誕生した写真プロジェクト「Shifting Perspectives」にてキュレーターを務め、2005年から8年間に7カ国・40都市で写真展を開催。その後、2014年に公益財団法人日本ダウン症協会主催により東京で開催。

写真展詳細

開催日時/2021年7月22日(木・祝)~8月3日(火) 11:00~20:00(入場は19:30まで)
会場/渋谷ヒカリエ 8階 ギャラリースペース「CUBE」 東京都渋谷区渋谷 2-21-1
入場料/無料

※感染防止対策
渋谷ヒカリエ様の方針に従い、新型コロナウイルス感染防止対策を行います。
マスクの着用、手指の消毒、入場者全員の氏名・連絡先の記入、検温等にご協力をお願いしています。

主 催:写真展ポジティブエナジーズ実行委員会
助 成:グレイトブリテン・ササカワ財団、大和日英基金
特別協賛:金澤翔子
協 賛:ぜんち共済株式会社、日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合
特別協力:Shifting Perspectives Project

後援:
外務省、厚生労働省、東京都、渋谷区
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本
公益財団法人日本ダウン症協会
公益社団法人日本写真協会
特定非営利活動法人大阪USクラブ
特定非営利活動法人アクセプションズ
英国ダウン症協会、ミャンマーダウン症協会、南アフリカダウン症協会
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

【旬の話題をお届け】発達障害のある人の声を活かしたノートが大賞受賞、注目ブランド「ヘラルボニー」による障害のある作家の展覧会、パラアート作品募集ほか、気になる情報PICKUPのタイトル画像

【旬の話題をお届け】発達障害のある人の声を活かしたノートが大賞受賞、注目ブランド「ヘラルボニー」による障害のある作家の展覧会、パラアート作品募集ほか、気になる情報PICKUP

7月のニュースコラムは、障害のある作家たちの展覧会や、パラアート作品募集などの障害者芸術に関するお知らせのほか、障害のある人100人の声か...
遊び・お出かけ
1170 view
2021/07/18 更新
【旬の話題をお届け】福祉とアートが同居する美術館、LDのある子への漢字指導をテーマにしたこども発達支援研修会をご紹介のタイトル画像

【旬の話題をお届け】福祉とアートが同居する美術館、LDのある子への漢字指導をテーマにしたこども発達支援研修会をご紹介

【4月の発達障害ニュース】今回のニュースでは、福祉とアートが同居する「頼る」をテーマにした美術展、LDのある子への漢字指導をテーマにしたこ...
発達障害のこと
1511 view
2021/04/18 更新
精神科医・田中康雄先生、ファザ―リング・ジャパン・橋謙太氏、発達ナビ編集長が「障害がある子どもの自立や保護者のキャリア」まで語り合う。映画『旅立つ息子へ』×LITALICO発達ナビ座談会レポートのタイトル画像

精神科医・田中康雄先生、ファザ―リング・ジャパン・橋謙太氏、発達ナビ編集長が「障害がある子どもの自立や保護者のキャリア」まで語り合う。映画『旅立つ息子へ』×LITALICO発達ナビ座談会レポート

2021年3月14日(日)、映画『旅立つ息子へ』×LITALICO発達ナビ協働企画のオンライン座談会を開催しました。その様子をお届けします!
発達障害のこと
1441 view
2021/04/08 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。