新連載!発達障害グレーゾーン3歳のリュウとの日々。発達の遅れに気づき、ようやくスタートした療育で

2021/09/29 更新
新連載!発達障害グレーゾーン3歳のリュウとの日々。発達の遅れに気づき、ようやくスタートした療育でのタイトル画像

ひとり親で息子と二人暮らし。コロナで仕事がなくなり仕方なく未経験の職種のパートを始めたと思った矢先に息子が発達障害グレーゾーンであることがわかり、てんやわんやの毎日を送っています。こんな人生になるなんて思ってもみなかった…。息子のリュウは現在3歳4ヶ月、発達障害グレーゾーンで軽度知的障害があり、療育に週2回通っています。
ここではそんなママと息子の手探りの日々を伝えていけるといいなと思っています。

まるさんのアイコン
まる
19758 View
監修: 初川久美子
臨床心理士・公認心理師
東京都公立学校スクールカウンセラー/発達研修ユニットみつばち
臨床心理士・公認心理師。早稲田大学大学院人間科学研究科修了。在学中よりスクールカウンセリングを学び、大学院修了後よりスクールカウンセラーとして勤務。児童精神科医の三木崇弘とともに「発達研修ユニットみつばち」を結成し、教員向け・保護者向け・専門家向け研修・講演講師も行っている。都内公立教育相談室にて教育相談員兼務。

息子の発達の遅れに気づくまで

発達障害グレーゾーン、軽度知的障害があるリュウと、母まるです。
Upload By まる
息子は1歳1ヶ月のときに保育園に入った。私は常に「人生なにが起こるかわからない」と考えて生きている。「息子がもしも発達障害だったら…」も頭の片隅にあったのだろう。保育園の面談で「なにか気になることが出てきたらすぐに言ってください。療育に通わせるので」と先生に伝えていた。

初めての育児、ひとり親、頼れる家族も近くにいない状況で息子の発達の遅れに気づける自信がなかったのだ。このころの息子は特に変わった様子もなく、保育園の先生からも気になるところはないと伝えられていた。
保育園の先生に、何か気になることがあれば教えて欲しいと伝える母。
Upload By まる
ところがその1年後、コロナで1ヶ月休園していた保育園が再開したときに先生から「ちょっと…気になることが…」と呼び止められた。「やっぱりな…」私も発語の遅れなど気になりだしていたころだったのだ。

内容は休園中の1ヶ月で成長が見られない、指差しをしない。休園前は少しだが言葉が出ていたが、発語がまったくなくなっていて、発達の後退が見られるとのこと。ちょうど気づいたタイミングだったのだろうけど、休園中ちゃんと構ってた?話しかけてた?何してたの?と問い詰められているように感じられて私は落ち込んだ。
保育園の先生から、発達の後退の可能性について話を聞く母。
Upload By まる

それからトントン拍子に物事が進むかと思いきや…

療育スタートするまでに、気になることから半年かかり、無駄にしてしまったと落ち込む母。
Upload By まる
こうなったからにはすぐに療育に通わせなければ!と焦る私だが、とりあえず最初に市の保健師さんと面談をしないといけない。しかし私はコロナの影響で本業であるデザインの仕事が激減し、家から通える場所で未経験のパートを始めたばかり、生活費のこともありがっつり仕事を入れていたのだ。そして保健師さんも忙しい。

面談に行けたのはそれから3ヶ月後だった。保健師さんとの面談で、「次は支援センターで面談して」と言われ1ヶ月後に心理士さんと面談。心理士さんから発達外来や息子に合っていそうな療育をいくつか紹介してもらい、仕事の合間を縫い1ヶ月半かけて4つの施設を見学。療育に通い出せたのは保育園から「気になることが…」と伝えられてから半年もたってしまっていた。

療育に通いだしてから8ヶ月

療育に通い始めて数ヶ月。まだまだこれからと感じる母。
Upload By まる
現在療育に通いだして8ヶ月。初登園のころと比べて成長したようなしてないような…実際よく分からない。初回から今までリトミックや親子体操に一切参加せず、椅子に座っていられないのは変わらない。しかし発する単語が増えたり、教室に入ったら手を洗う、カバンをしまうなどのルーティーンは身についてきている気がする(声をかければやる程度)

それはただ単に時間が経ってできるようになっただけなのか、それとも療育に通っている刺激でできるようになったことなのかは謎だ。ただ「療育に通っている」という事実は私にとって大きな支えになっている。何もしていなければこのままでいいのだろうかとモヤモヤする毎日だろうけど、この子に対してやれるだけのことはやっている!と親としての自信にも繋がっている気がする。

執筆/まる
(監修:初川先生より)
リュウくんにはリュウくんなりの発達があり、リュウくんだけを見ていたらゆっくりではあれ成長しています。一人っ子で、ひとり親でいらっしゃると、比較対象も大人の目も少ないので、保育園の先生と最初から一緒に育てようとする体制を取られたのはとても素晴らしいです。そして、療育に至るまでのプロセスの長さ…なかなかスピーディーに展開することが難しい地域が多いのでどうしても時間が経過しがちなのはありますね(いつかスムーズに繋がれる時代が来ることを願います)。子の育ちなのか、療育のおかげなのか、その見分けは確かに難しい(療育をしなかった場合の育ちを見ることができないため比較できない)ですが、療育の良さは子へのアプローチだけでなく、プロの目で子を見てもらえること。リュウくんの子育てチームに保育園の先生に続いて加入されたことの心強さはもとより、専門的な視点で子どもの成長をきっととても細やかに見てくださっていることと思います。折々にフィードバックを受け、一緒に成長を感じられるといいですね。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケのタイトル画像

関連記事

放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケ

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中でのタイトル画像

関連記事

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中で

発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!のタイトル画像

関連記事

発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。