2歳5ヶ月、発達障害グレーゾーン息子の療育探し!4つの施設を見学、最終的な決め手とは

2021/10/29 更新
2歳5ヶ月、発達障害グレーゾーン息子の療育探し!4つの施設を見学、最終的な決め手とはのタイトル画像

「療育に通う」を目標に動きだしたけど、そもそも療育ってどう選んだらいいのか、何をするところなのかなど分からないことだらけだった。今回は現在通っている療育に決めるまでの4ヶ所の施設見学の様子と決め手、それぞれの見学を経て見えてきた違いなどを伝えたいと思います。

まるさんのアイコン
まる
10706 View
監修: 初川久美子
臨床心理士・公認心理師
東京都公立学校スクールカウンセラー/発達研修ユニットみつばち
臨床心理士・公認心理師。早稲田大学大学院人間科学研究科修了。在学中よりスクールカウンセリングを学び、大学院修了後よりスクールカウンセラーとして勤務。児童精神科医の三木崇弘とともに「発達研修ユニットみつばち」を結成し、教員向け・保護者向け・専門家向け研修・講演講師も行っている。都内公立教育相談室にて教育相談員兼務。

福祉施設にて療育施設の相談

福祉センターで心理士と面談し、療育施設を教えてもらう
Upload By まる
保育園の先生から発達が気になると聞いてから、保健師さんと面談し、福祉センターでの面談をすすめられた。このとき、息子は2歳5ヶ月。療育に通わせるぞ!と気合いは人一倍あるものの、私はまったくの素人。そもそも療育てどんなところなの?どこにあるの?この地域に何ヶ所くらいあるの?何をするの?時間帯は?などあげだしたらキリがない。何から何まで分からない状態だった。

福祉センターで担当になってくれた心理士の先生との面談で息子の動きや反応を見てもらい、家から通えそうな範囲でおすすめの療育施設を4ヶ所ほど教えてもらった。施設によって運営時間、設備、内容がさまざま。どこに通っても同じなんだろうと思っていた私には衝撃だった。

各療育には「福祉センターからの紹介で~」と自分で見学予約を取る。本当は短い期間で一気に見学予約をとりたかったが、療育先の都合と自身の仕事もあるため週に1ヶ所ずつ、1ヶ月かけて吟味することにした。見学に行ったところで実際通わないと分からないし…と保育園は1ヶ所も見学しなかったくせに、今回は気合いが違う。これからの息子の未来を託す重要な選択だと大いに意気込んでいた。早く通わせたいけど、息子にも自分にも納得できるところに通いたいからしっかりと見学はしよう、焦る気持ちを抑えつつ予定を組んだ。

1つ目の療育施設

1つ目の施設見学。ちょくちょく面談を中断して、息子の動きを見てくれる
Upload By まる
1つ目の療育施設は家から電車で数駅先、駅から少し遠い場所にあり駐車場はない。親子通園で、1回1時間の個人授業だった。施設長と息子を含め面談。息子の普段の様子や気になることを話す面談の途中途中で動き回る息子の相手をしてくれたり、息子がした行動に対してどのように対応するのがいいかなどじっくり話してくれた。面談のみで実際の授業の様子などは見ることはなく、場所の通いづらさもあり保留にした。

2つ目の療育施設

2つ目の施設見学。みんなでリトミック
Upload By まる
2つ目の療育施設は、運動に力を入れていると説明を受けていた。いつも車通勤しているパート先に近く距離的にもいい。なんといっても送迎バスがついていることがいい。親子通園で集団での授業、時間も午前中みっちりでお昼ご飯を食べて帰る。見学の日は授業を体験させてもらい、とてもイメージが掴みやすかった。

玩具で自由に遊んだり先生と遊んだりの自由時間のあと、親も含めたリトミックや体操をする。隣の人と手を叩いて~みんなで円になって座って隣の人の背中をゴシゴシ~など「触れ合い」が多いイメージ。超絶人見知りな私は少し戸惑った。親だから頑張れたが、親じゃなかったら頑張れなかったかもしれない。園で過ごす時間が長い点が良かったのだが、利用者が多くそのときは水曜日のみしか空いておらず、ちょうど仕事が休みづらい曜日だったため保留。

3つ目の療育施設

3つ目の施設見学。見学しながら先生の誘導のうまさを感じる
Upload By まる
3つ目の療育施設は、親子分離型だった。利用時間は1時間、登園したら親は別室で子どもの授業風景をモニター越しに見る。家から1番近い場所にあったのでとても気になっていた。

見学時に授業体験をさせてもらった。その日は利用者が少なく、息子のほかに1人だけだった(たまたまその日が少なかっただけかも)。体験なので、親子一緒の教室で子どもの隣で授業を見学させてもらった。机に向かっての作業が多いイメージ(ぽっとん落としや絵合わせなど)だったが、先生の誘導が上手くとても印象は良かった。平均台などの体を動かす場面も多少あった。こちらは年齢で曜日を分けているらしく、息子は水、金曜日のみ利用可能とのことだった。通える曜日の選択肢が少ないことと、まだ息子が幼いため親子分離は早いかなと保留。

4つ目の施設

4つ目の施設見学。説明を聞きながら、「ここだ!」とピンとくる
Upload By まる
4つ目の療育施設が現在通っているところ。相談していた福祉センターでもおすすめされていた。歴史もありそうで、親子登園で集団での授業。1番遠い施設だったのだが送迎バスがある。午前中みっちり利用でき、4ヶ所見学に行った中で1番広く利用者も先生も人数が多い。年齢や障害の状況によって教室が5つに分かれていた。

見学の日は授業体験はなく別室で面談と施設の案内、各教室へ周り授業の風景を見せてもらった。新しくはないが、施設が広いため職員数も多い。お祭りなどのイベントがあること(現在はコロナ禍で中止)、たまに来るSTやOTの先生に相談できる機会や進路相談会などがあること、利用したい曜日が選べることが分かった。

後日すぐにこちらを利用したいことを連絡した。

施設見学を終えて…

4つ目の療育施設に決めて、いまリュウはとても楽しく通っている
Upload By まる
私は影響を受けやすい、何も分かっていないからなおさらだった。どこの施設もいいところがあり、各施設に見学に行く度に「ここいいなぁ!ここにしようかな!」と毎回本気で考えていた。どこの施設にも共通していたのは「利用は午前中の時間帯」ということ。私はあわよくば夕方に療育を設定して、それまでは保育園に預けて働こうとしていたのだ。発達障害のある子を育てる、療育に通うということはそんなに甘くないんだなぁとこのときに初めて実感したかもしれない。

最後の所に決めた理由は、「ここが1番いろいろな繋がりがもてそうな気がする」と思ったから。先生が多く、発達に関する知識や進路に関する情報などを得やすそうだし、滞在時間が長いので相談する時間をもらいやすい気がした。また、利用者が1番多く、いろいろなタイプの子どもを日々見ている点にも惹かれた。あとは親の勘。結果、とてもいい先生やお友達に出会い、毎回楽しく通うことができている。

執筆/まる
(監修:初川先生より)
療育機関を決めるまでの臨場感あふれるプロセスを共有いただき、ありがとうございます。一口に療育といっても、狙いやアプローチ、そして理想としていることと実際のありようがさまざまですね。「ここ!」とピンと来て決められたのは、理屈より先に決断できるほど良さを感じ取られたということかもしれませんね。
療育時間が午前中であることについて言えば、低年齢の子どもにとって午前中のコンディションの良さはなかなかです。学び・活動に適したコンディションで療育に取り組めるには良い時間帯ではあると思います(とはいえ、お仕事との兼ね合いは難しくなってしまうのですが…)。良いコンディションのときに、よき介入によって、褒められ認められ、達成感・楽しいという良い循環が回っていることと思います。
早期療育について、専門家にききましたのタイトル画像

関連記事

早期療育について、専門家にききました

作業療法士の仕事や資格について、発達障害の人にOT・作業療法士が行う支援について紹介のタイトル画像

関連記事

作業療法士の仕事や資格について、発達障害の人にOT・作業療法士が行う支援について紹介

「早期療育が大切」を信じて始めたけれど。実際の支援は思ったものと違っていてのタイトル画像

関連記事

「早期療育が大切」を信じて始めたけれど。実際の支援は思ったものと違っていて

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。