2歳半で2語文なし、目が合わず。でも診断はなくーー娘との未来が見えなかった涙の日々

ライター:SAKURA

広汎性発達障害(自閉スペクトラム症)のある娘は、現在小学6年生。
発達障害の可能性について考え始めたのは、娘が2歳のときでした。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

2歳5ヶ月、発育の遅れの指摘

広汎性発達障害(自閉スペクトラム症)のある娘は、現在小学6年生。

発達障害の可能性を考え始めたのは、娘が2歳のときでした。定期的に行われていた母子相談に、体重測定だけを目的に、軽い気持ちで行ったら…
母子相談で「2歳5ヶ月で、2語文が出ないのはちょっと…」と声をかけられた
Upload By SAKURA
「2歳5ヶ月で、2語文が出ないのはちょっと…」と声をかけられたことがすべての始まりでした。

それまで、娘の発育が遅いことは気になってはいましたが…
何か発育に問題があるのだろうか…いや、そんなわけない!きっと大丈夫!と思う母
Upload By SAKURA
何か発育に問題があるのだろうか…いや、そんなわけない!きっと大丈夫!

でもやっぱりおかしいかも…ううん、大人しい子なんだ!と、私の考えは毎日、ころころと変わっていました。

今、当時の娘を見ると…

今思えば、あのときの娘はやはり明らかに、ほかの子どもとは違うと感じるところがありました。

当時の動画を、今見ると…
当時の動画を今見ると…気になる部分がたくさんあり「なぜ気づかなかったのか!」と過去の自分にツッコミを入れてしまうほど
Upload By SAKURA
表情がない、目が合わない、意味の分からない宇宙語の独り言、私の言葉に反応しない、クレーン現象など気になる部分がたくさんあり、「なぜ気づかなかったのか!」と過去の自分にツッコミを入れてしまうほど。

しかし、私にとって娘は初めての子どもで、育児も初心者。子どもがどういうもので、どういう成長を遂げていくかということも全く知らなかったのです。

始まったグレーゾーンの日々

娘の発育の遅れを指摘されてから、あれよあれよという間に、私たちは療育コースへ流れていきました。
母子相談、カウンセリング、言語訓練、発達支援施設…と療育コースへ流れていくことに
Upload By SAKURA
しかし、このときはまだ「発育遅れ」の状態。2歳半だった娘の言語レベルが、1歳半だと言われ、言語とコミュニケーション能力に大きな遅れがあると言われているだけで、診断名はつきませんでした。
自分の娘が、どういう子なのかが分からない状態は、とても不安だった
Upload By SAKURA
この子は、どこにいるのだろう…そのうち定型発達になる、ちょっと発達が遅いだけ?障害はないけれど、少し苦手な部分があるだけ?それとも障害があるの?

自分の娘が、どういう子なのかが分からない状態は、とても不安でした。
発達障害があるのかないのかを考え続け、表情のない娘に話しかける気力を失うこともあったし、待っても待っても、言葉がなかなか出てこないことに悩み、悲観して涙した日もたくさんありました。
発達障害?発達障害じゃない?言葉がなかなか出てこないことに悩み、悲観して涙した日もたくさんあった
Upload By SAKURA
娘と会話する未来が全く見えず、女の子が産まれたときに「一緒に服を選んで、買い物して、一緒にランチして、女子トークして…」と夢見たことが、一つも叶えられないんじゃないかと思ったこともありました。
夢見たことが、一つも叶えられないんじゃないかと思ったこともあった
Upload By SAKURA
発達障害が、妊娠中や出産時、育て方が原因ではないと、今は分かります。

でも当時は、どこで間違ってしまったのだろうか…妊娠中、食べたものが悪かった?ストレス?出産時に時間がかかったことが原因?私がなかなか母乳が出なかったから?もっと、接し方に気をつけていれば・・・と、自分を責めて責めて、後悔して後悔して、負の連鎖でした。

もし・・・発達障害があったら、この子はどうなる?生きていける?みんなに愛してもらえる?友達はできる?「発達障害」という言葉は、当時の私には重くのしかかっていました。
次ページ「やっとついた診断。」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。