学習障害のあるわが子「1人だけ特別扱いできません」と言い放った先生とうまく連携できるようになった意外な方法とは?

2022/06/16 更新

学習障害のある子どものために、学校での配慮について先生との連携がうまくいかない、というご家庭も少なくないようです。
LITALICOライフの無料で参加できる勉強会「学習障害・LDのある子の進路選びと学校での配慮」では、学習障害のある子の進路や学校での合理的配慮について解説しています。

LITALICOライフ
9464 View

学習障害のあるわが子、担任の先生に相談するも…

LITALICOライフの勉強会について、ある小学2年生のお子さんのお母さまの体験ストーリー仕立てでご紹介します。

うちの子は、小学2年生。
書きの障害「ディスグラフィア」という診断を受けており、鉛筆を握ってお手本通りに文字を書くことが苦手です。そのため、家では鉛筆ではなく、タブレット端末を使って直接指で文字を書く練習をしており、練習の成果もあってかタブレットなら少しずつ文字が書けるようになってきていました。

そんな子どもの成長もあり、「学校でもタブレット端末が使えたらな…」という想いから担任の先生に相談しにいくことに。子どもの障害のことや家での勉強の様子などを先生に伝え、「学校でもタブレットを使わせていただけませんか?」と言ったところ、「1人だけ特別扱いはできません」ときっぱり断られる結果に…。
タブレットを使わせてもらえないか相談したけれど断られてしまう
Upload By LITALICOライフ
正直、学校に行くまでは「受け入れてくれるだろう」と思っていたので、まさかの結果にかなりショックを受けてしまいました。

そんな事件から数日経ち、ネットで「学習障害と学校での配慮」という言葉を目にしました。もう学校との連携については半ば諦めかけていた私にとって、その勉強会はとても興味深いものでした。
そこで、実際にLITALICOライフの勉強会「学習障害・LDのある子の進路選びと学校での配慮」に参加してみることにしました。無料で、オンラインで気軽に参加できる点も魅力的でした。

すぐ行動に移しやすい、実際の事例のお話を聞けました!

勉強会では、私が一番気になっていた「学校での配慮」について、詳しく解説してくださいました。実際の事例に基づいたお話が多く、学校との連携の際に利用できる制度があることも知り、理解を深めることができました。

「これなら学校ともうまく連携できるかも!」と思った私は、もう一度学校へお願いしに行くことを決心。前回、「1人だけ特別扱いできません」と言っていた先生も、学校での配慮に関する実際の事例をもとに、学校で利用できる支援ツールについて丁寧に説明したところ、徐々に理解を示してくれるようになりました!

今となっては、学校でもタブレットを使えるようになり、子どものできることの範囲が徐々に広がってきていることに親子で喜びを感じています。
先生の理解を得て、タブレットを使えるように
Upload By LITALICOライフ

高校以降の進路・自立への準備についても解説!

高校以降の進路・自立についても学べる
Upload By LITALICOライフ
ほかにも、勉強会では学習障害のある子どもの高校・大学への進学についても解説していました。

「高校や大学に行くのって難しいのかな...」と漠然と不安に思っていた私にとってはとても新鮮な情報ばかり。学習障害への配慮がある進路の選択肢から、試験時や入学してから学校生活で受けられる具体的な配慮についても幅広く紹介していただきました。

毎日の生活の中でいっぱいいっぱいになっていた私にとって、学習障害のあるわが子の将来についてじっくり考える時間ができたのは、とても貴重でした。

学習障害のある子どもの学校生活に特化して分かる!

LITALICOライフの保護者さま向け勉強会「学習障害・LDのある子の進路選びと学校での配慮」は、学習障害のあるお子さまの学校生活や進路について、具体的な選択肢を知ることのできる勉強会です。
チャットで気になることを専門家に直接質問できたり、勉強会の参加者は無料の個別面談を受けたりすることもでき、お子さま一人ひとりにあった情報を手に入れることができます。

【こんな情報が分かる!】
・タイプ別に分かる!学習障害とは
・小中学校での「合理的配慮」、使える制度
・高校以降の進路・自立への準備
学習障害のあるわが子「1人だけ特別扱いできません」と言い放った先生とうまく連携できるようになった意外な方法とは?の画像
Upload By LITALICOライフ

LITALICOライフの保護者さま向け勉強会

LITALICOライフは、誰もが「自分らしい人生」を歩んでいけるよう、さまざまな興味・課題に合わせた情報提供や個別相談を通じて、そのひとりに合わせたライフプランニング(人生設計)をサポートしています。

無料勉強会では、就学準備、地域ごとの進路情報、通級指導教室、特別支援学級、グレーゾーンのお子さま、不登校について、親なきあと、私立中学受験まで、幅広く家族のための情報提供をしています。
発達障害がある学生在籍の大学は〇%⁉「うちの子も大学進学できる!」と思った意外な事実とは?のタイトル画像

関連記事

発達障害がある学生在籍の大学は〇%⁉「うちの子も大学進学できる!」と思った意外な事実とは?

発達障害がある子どもの将来設計、一人暮らし?仕事は?進路は?…今から知っておきたい選択肢のタイトル画像

関連記事

発達障害がある子どもの将来設計、一人暮らし?仕事は?進路は?…今から知っておきたい選択肢

発達障害があるわが子、中学受験はしたほうがいい?私立と公立の違いは?お金はいくらかかる?のタイトル画像

関連記事

発達障害があるわが子、中学受験はしたほうがいい?私立と公立の違いは?お金はいくらかかる?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。