発達障害の小学生息子、万引き疑惑で口論に!?ある「思い込み」が原因でおもちゃを持ち帰り…――発達ナビユーザー体験談

ライター:ユーザー体験談

【発達ナビではユーザーさんからの子育てエピソードを募集中!今回は「買い物トラブル」についてのエピソードをご紹介します。】
ASDとADHDのあるわが家の息子。今は成人していますが、子どものころはその特性からルールや常識などを勘違いしていることも多く…。今回は息子が小学4年生のころに起きた買い物でのトラブルのお話です。

監修者三木崇弘のアイコン
監修: 三木崇弘
社会医療法人恵風会 高岡病院 児童精神科医
兵庫県姫路市出身。愛媛大学医学部卒・東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科博士課程修了。早稲田大学大学院経営管理研究科修士課程修了。 愛媛県内の病院で小児科後期研修を終え、国立成育医療研究センターこころの診療部で児童精神科医として6年間勤務。愛媛時代は母親との座談会や研修会などを行う。東京に転勤後は学校教員向けの研修などを通じて教育現場を覗く。子どもの暮らしを医療以外の側面からも見つめる重要性を実感し、病院を退職。 2019年4月よりフリーランスとしてクリニック、公立小中学校スクールカウンセラー、児童相談所、児童養護施設、保健所などでの現場体験を重視し、医療・教育・福祉・行政の各分野で臨床活動を行う。2022年7月より社会医療法人恵風会 高岡病院で児童精神科医として勤務。

ADHDとASDのある息子が小学4年生のころ、ショッピングモールへ行ったら…!?

息子にはADHDとASDの特性があります。息子がまだ小学4年生だった、10年ほど前の夏休みのことです。

8月中盤になると出かける場所も行きつくし、暇な私たち親子は近所にあるショッピングモールに涼みに行くことがよくありました。落ち着きない息子は、いつもショッピングモールに着くなり「ぼくオモチャ屋行ってくる」と勝手に走って行ってしまいます。

この日は迷子にならないように、私が迎えに行くまで息子にはおもちゃ屋で待機しているようにと約束をしていました。息子にはミニカーを一つ買えるだけのお金を持たせることがありましたが、この日は「先週ミニカーを買ったから今日は買えないよ、おもちゃ屋さんは見るだけね!」と言ってお金は持たせませんでした。

息子が おもちゃ屋さんを見ている間、私は子育てから解放されてカフェで冷たいドリンクを楽しむ、しばしの至福のひととき。
しかし、おもちゃ屋で待機!と約束していたのに、しばらくすると母がいるカフェまでやってきた息子。少し高そうな車のおもちゃを持ってテーブルの上で走らせて遊びはじめました。

私が「それどうしたの?お金持ってないから買えないはずだよね?」と聞くと、「うん、ミニカー売り場に置いてあったんだよ、誰かが忘れていったんだと思う、だからもらっちゃった」と息子は言います。

私は真っ先に「勝手に持ってきちゃったんじゃないの!?」と疑いました。それに忘れ物にしては新品のキレイなおもちゃに見えます。追及すると息子は「本当だよ!このおもちゃは箱から出ていたんだ、売ってる物じゃないんだ、だから誰かが忘れたものなんだよ!」とムキになって言い返してきました。
「勝手に持ってきちゃったんじゃないの!?」とASDとAHDHのある息子を万引きで疑ってしまう母
Upload By ユーザー体験談

息子は勘違いをしているのでは…?

息子はどうも「同じ商品が箱に入って並んでいるけれど、箱から出ている物は一度誰かが購入して箱から出した物であり、売り物ではない」という誤った捉え方をしているようです。

また、誰かの忘れ物であった場合でも、勝手に持ち去っていいわけではありません。息子は、2つの間違いをしているのかもしれないと思いました。
箱に入っている商品は売りものだけど、箱から出ているものは売りものじゃない、または誰かの忘れ物と思っているASDとADHDのある息子
Upload By ユーザー体験談
はたまた、そうではなく、本当は店の物を盗んでしまったのに嘘をついているのかもしれません。店に謝りに行き、買い取る必要があるかもしれない、などと頭の中でいろいろなことがかけめぐりました。

息子は「本当だよ!」の一点張りでした。私の心の中では(いや、絶対に売り物を持ってきちゃったんだろう)という疑いが60パーセントくらい占めていました。あぁ…もう息子から目を離すのはやめよう…、と反省する出来事でした。
ASDとADHDのある息子は「本当だよ!」と言うけれど…真実は?万引きかも?もう子どもから目を離すのはやめようと思う母
Upload By ユーザー体験談

今は成人した息子。当時を振り返ると…

今は成人している息子。当時のことを聞いてみると、「箱から出ていたおもちゃを誰かが忘れていった」思い込んでいたのだそうです。今ならあれが間違いなく売り物だということは分かるけど、当時はそうは考えなかったとのことでした。

息子は、「お母さんがスゴイ疑って聞いてきたからムキになったな。でもよく考えたら店の物ということになるね!あのときはオレが欲しいおもちゃが箱にはいっていない状態で置いてあったから、深く考えずに純粋に『ヤッター!もらおう』って思っちゃったんだよね」と話してくれました。
ASDとADHDのある息子。成人した今聞くと、当時は「もらっちゃおう!」と思っていたことが発覚
Upload By ユーザー体験談
売り物や人の物を勝手に持ち出すのはあってはならないことです。子どもを信じたいけど信じきれない、でも一方的に追及しすぎるのはよくないのかな?と考えてしまったり…。あとから息子の口から話を聞くことができましたが、このときどう対応するのが一番よかったのか?分からなかった母でした。

イラスト:かなしろにゃんこ。
エピソード参考:星野 真弓
(監修:三木先生より)
ご本人の後日コメントにあるように、発達障害のあるお子さんは、大人の常識とは違った思い込みでものごとを判断することが往々にしてあります。お子さんの言い分を信じるかどうかは結果論で良い対応にも悪い対応にもなってしまいますが、時には大人が先入観を外して子どもの言葉を素直に聞いてみることも大事かもしれませんね。
次ページ「あなたのエピソードもコラムになるかも?体験談募集中!」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。