発達検査、薬の処方に「ぼくは病気なの!?」小4ADHD息子の質問に、なんて答えたら?焦った母は…

ライター:かなしろにゃんこ。

小学校4年生の春に発達障害の検査を受けたわが家の息子リュウ太。
5回の検査通いに疑問を感じていた息子からの質問に母はたじたじ…。一方、発達障害の検査を受けても何も変わらないと思っていた母はクリニックに通ううちに意識に変化が生まれて、検査の先にある未来を考えるようになりました。

監修者藤井明子のアイコン
監修: 藤井明子
さくらキッズくりにっく院長 
小児科専門医
小児神経専門医
てんかん専門医
東京女子医科大学大学院修了。東京女子医科大学病院、長崎県立子ども医療福祉センターで研鑽を積み、2019年より東京都世田谷区にあるさくらキッズくりにっくで発達外来を行っている。病気に限らず、子どものすべてを診るクリニックをめざし、お子さんだけでなく、親御さん子育ての悩みにも寄り添う診療を行っている。三人の子供を育児中である。

クリニックを受診するまで

教育相談所で発達検査を勧められる母
Upload By かなしろにゃんこ。
クリニックに電話すると、発達検査は半年待ちと告げられ驚くが、仕方なく予約する母
Upload By かなしろにゃんこ。
ADHDとASDがある息子リュウ太は、小学校4年生のときに発達障害の診断を受けました。

きっかけは、担任の先生の勧めで教育相談所に行ったことでした。教育相談所の相談員さんから「心配でしたら、一度発達障害の検査を受けてみてはどうですか?」と促されて、地域のクリニックを受診することになったのです。

小さいときから息子の子育てに手を焼いていたものの、私には育てにくいことが当たり前になっていたので、何に悩んでいてどう困っているのか、自分でもよく分からなくなっていました。そのため、「発達障害の検査を受けて何が変わるのだろう?」と少し疑問でした。

診断を受けても病気ではないのだから治らないだろうし、この先も何も変わらないんじゃないか、と思っていたのです。
「育てにくいことが当たり前になっていたので、何に悩んで何に困っているのかよく分からなくなっちゃった」と暴れるADHD息子を見つめる母
Upload By かなしろにゃんこ。
でも、クリニックで医師と一緒に検査を担当してくれた心理士さんが「育て方次第で大きく変わりますから、あきらめないでくださいね」と声をかけてくれたことで、「え?変わるの?」と、息子の子育てに希望を持つことができました。

また、検査のためにクリニックへ通ううちに、診断はあくまでもスタートであって、発達障害がある子が育てやすくなるペアレント・トレーニングや、療育が必要なのだということも分かりました。子育てに対する私の意識が変わるようになるきっかけが、クリニックの受診だったのです。「検査は無駄じゃなかった!前に進むために重要なイベントだったんだ」と気がつきました。

診断結果を受けて…

遊ぶの様子を見る発達検査で、面談室にあるおもちゃをすべていじりたおす息子リュウ太
Upload By かなしろにゃんこ。
臨床心理士に重度のADHDと告げられるも、不思議とショックはなく、診断が出てすっきりする母
Upload By かなしろにゃんこ。
※以前は「注意欠陥」という診断名でしたが、2013年に刊行された「DSM-5」で「注意欠如」に変更されました
クリニックでの5回の検査を経て、息子は重度のADHDがあると診断されました。しかし、私はさほど驚きませんでした。

「あぁやっぱりそうだったんだな。思っていた通りだったな~、ハッキリ分かってよかった」なんて思いました。

だって、検査のたびにクリニックにずらりと置いてある発達障害の専門書を読んでいたら、息子と同じ特性がいっぱい書いてあるのですから…。この診断に間違いはないと感じました。

そして、私自身にも幼かったときに同じような特性が少なからずあったことも分かりました。

夫も同じように思っていたようで「俺にはアスペルガー症候群(ASD)の特性があるな~」「私は衝動性があるからADHDの傾向があるのかな?」などと話し合っていました(私たちに関しては自己診断でしかありませんが…)。

息子が診断を受けたことで、発達障害がなんなのか、未知の扉を開けて少しだけ理解ができるようになりました。
診断を受けても何も変わらないと思っていたが、発達検査はゴールではなくスタートなのだと分かった
Upload By かなしろにゃんこ。

予期せぬ息子の質問に焦った母は…?

薬局で不意に「ぼくは病気なの?あそこは病院なの?」と質問してきた息子に、答えを用意しておらず焦る母
Upload By かなしろにゃんこ。
そして小学校4年生の息子は、クリニックに行くたびに、診察室にあるたくさんのおもちゃで無邪気に遊んでいましたが、彼なりに「ぼくはナゼ毎回ここに来るのだろう?ここは病院なのか?ぼくは病気なのかな?」と不安に思っていたようです。診断が出た日の帰り、コンサータを処方してもらうために薬局へ寄ったとき「ぼくは病気なの?」「あそこは病院なの?」といろいろ質問してきました。

私は聞かれる準備を全くしていなかったので「あわわ、どうしよう」と焦ってしまいました。

本当のことを言うのはまだ早いし、かといって嘘をつくのもな~…と数秒悩み、出た答えは…
「学校でおなかが痛くなるって言ってたからその検査だ」と答えた母を、いぶかしむ息子。嘘ではないが本当のことを詳しく伝えられず、心の中で息子に謝る母
Upload By かなしろにゃんこ。
「リュウ太、前から学校でお腹痛くなるって言ってたよね。気持ちが落ち込んだりイライラしてもお腹が痛くなったりするよね、だからその検査なんだよ」でした。

腹痛があることも検査を受けようと決断した理由の一つでしたから嘘ではありません。でも発達障害と診断されたこと、処方された薬は腹痛に効く薬ではないことは言えませんでした。

うまく説明できたかな?親を疑ったりしないかな?と心配だったので、帰りに息子が食べたがったアイスを買ってあげて、そのときは誤魔化してしまいました。

でも一年半後には息子に障害告知をして、クリニックで受けたのはその検査だったと伝えたのでした。

以前、告知に関するコラムも書いたので、是非読んでいただけるとうれしいです。

執筆/かなしろにゃんこ。
小5での告知、早すぎた…!?ADHD息子に障害について伝えた日を振り返って
https://h-navi.jp/column/article/35027477
(監修:藤井先生より)
育てにくいことが当たり前で、何に悩んで、困っていることか分からない状態だったとのこと、かなしろにゃんこ。さんが、試行錯誤しながら、お子さんと向き合って育ててこられたんだなと思いました。疑問を感じながらも、クリニックに受診して、診断を受けられ、お子さん自身の特性の理解につながったのはとてもよかったですね。「病気なの?」という突然の問いに驚いたのかもしれませんが、「一緒に先生に話を聞いてみようか」と、主治医の先生の相談することも一つの方法かもしれません。コンサータなどの薬を使用する前には、診断名までは伝えなくても、どのような症状に対して使っている薬かを、主治医の先生から説明してもらう方法もあります。
学校になじめない、「こだわり」を捨てられない…ADHD息子本人が熱く語るその理由と解決策。かなしろにゃんこ。さん新刊『発達障害 「できないこと」には理由(ワケ)がある!』のタイトル画像
Sponsored

学校になじめない、「こだわり」を捨てられない…ADHD息子本人が熱く語るその理由と解決策。かなしろにゃんこ。さん新刊『発達障害 「できないこと」には理由(ワケ)がある!』

ADHDの症状は何歳ごろから?診断の基準は?ーーマンガで学ぶ子どものADHD【専門家監修】のタイトル画像

ADHDの症状は何歳ごろから?診断の基準は?ーーマンガで学ぶ子どものADHD【専門家監修】

小5ADHD息子への障害告知のタイミング。障害は「周りに受容してもらう」ものではない?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

小5ADHD息子への障害告知のタイミング。障害は「周りに受容してもらう」ものではない?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

「ASD、ADHD、感覚過敏」診断名じゃ伝わらない!?親戚へのカミングアウト、どうしたら?癇癪予防・多動や過敏への理解の求め方、わが家の場合のタイトル画像

「ASD、ADHD、感覚過敏」診断名じゃ伝わらない!?親戚へのカミングアウト、どうしたら?癇癪予防・多動や過敏への理解の求め方、わが家の場合

発達障害育児のギモン「進路」「不登校」「障害告知」、親ができるサポートは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!企画まとめ第2弾のタイトル画像

発達障害育児のギモン「進路」「不登校」「障害告知」、親ができるサポートは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!企画まとめ第2弾



バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。