【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もう

【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もうのタイトル画像

アナログゲーム療育アドバイザー松本太一です。 お子さんが他者への関心を持つことは、コミュニケーション能力の発達を促す上で重要です。今回は「かたろーぐ」というゲームをつかって、お子さんが楽しみながら他者への関心を育める方法を紹介します。

B3f0c7f6bb763af1be91d9e74eabfeb199dc1f1f s
40186 View

周囲への興味関心を少し広げたい

普段、療育の現場で親御さまより、「子どもの『限定された興味』が広がっていかない…」というお悩みをいただくことがあります。

例えば、他の子の遊びや大人が提示する課題に興味を示さず、ひたすらパズルに取り組んでいたり、タブレットで動画を見続けるといった様子です。

範囲の限られた興味は時として個性や才能として花開くこともあります。

しかし、最終的に大人になると、少なからず身の回りの「社会の中」で生活していくことになります。そう考えると、周囲との関わりが全く無く、社会的な経験が少ないまま成長していくことは、少し心配ですよね。

その子に合った形で、周囲の出来事やお友達の様子に関心をもち、一定の関わりを持つことが望ましいと思っています。

他者を理解する「かたろーぐ」

そこで、今回ご紹介する「かたろーぐ」は、お子さんが他者への関心を深めるきっかけとして最適です。

身の回りにあるアイテムを使い「自分の好きなものランキング」を作成し、それをお友達に当ててもらうというもの。

ルールはとてもシンプルです。
1人のプレイヤーが、身の回りにあるアイテムの中から7品目を選びます。そして1位から7位まで順位をつけ、マーカー(目印)を置いていきます。

他のプレイヤーは、その人の好みを想像しながらランキングを当てていく、というものです。
【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もうの画像
Upload By 松本太一

1人ひとりに合わせられる優れもの!

かたろーぐの優れたところは、身の回りにあるものなら何でもゲームの題材にできることです。

ゲーム指定のアイテムから順位をつける場合、興味の幅が狭いお子さんや、こだわりが強いお子さんは楽しめないこともあると思います。
しかし、かたろーぐなら身の回りにあるものなら全てOKです。興味の幅が狭くてもちゃんと参加できるのです。
【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もうの画像
宅配ピザのチラシや・・・
Upload By 松本太一
【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もうの画像
お気に入りのアナログゲームや・・・
Upload By 松本太一
【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もうの画像
大好きな電車の写真など。
Upload By 松本太一
この写真のように、タブレットを使ってgoogleの画像検索をした画面を見せながら、遊ぶことも可能です。
お子さんの好みに応じて、ゲームの題材を作ることが出来るのです。

飛行機好きの自閉症児、Aくんの場合

「かたろーぐ」を用いた療育の実例をご紹介しましょう。

自閉症の小Aくんは小学3年生。
乗り物の図鑑を見るのが好きでしたが、他の子との遊びにはあまり関心がありません。そこでA君に「かたろーぐ」をつかって他の子との関係作りを試みました。

このとき、Aくんは図鑑を拡げて大好きなジャンボジェットの写真を眺めている最中。
その場に行って、「Aくん、ちょっとゲームをしよう。この中で一番好きな飛行機から順番にこれ置いてみて」と順位を決めるマーカーを渡しました。

私には細かい違いまではわからないのですが、A君は迷いなくマーカーを置いていきます。彼の中にはハッキリとした好みの順位があるのです。

Aくんがマーカーを置き終えたら、他のお子さんを呼びました。
「Aくんが一番好きなジャンボジェットはどれか、一緒にあててみよう!」と伝えると、子どもたちは似たような機体が並んだ写真をみて「大体どれも同じにみえるけど・・・」と困惑気味です。

まず1位を予想しましたが、ハズレ。
Aくんに「どうしてこれが一番好きなの?」と聞いてみると「搭乗口の形がカッコいいから」という答え。
それを聞いた子どもたちは、「うわーそんなところ見るんだ」「言われてみればカッコいいかも・・・」など、思いおもいに反応します。

2位を当てようと、今度は搭乗口に注目して予想。ところがまたもやハズレ。
理由を聞かれると、今度は「尾翼がカッコいい」と答えました。子どもたちは「うわーそっちかー!」とみんな大爆笑。
Aくんは自分の好きなことを使って、友達の輪の中で一緒に楽しむ経験を積むことができました。


その後、これまで他の子にあまり関心のなかったAくんは、お友達の好みを当てる側になり、一生懸命考えてゲームに参加していました。自分の好みを当ててもらう楽しい経験が、他の子を理解する意欲に繋がったのでしょう。

他者への関心も、ゲームで養える

今回のAくんは、「理解してもらえて嬉しい!」という経験が、他者への関心を生むキッカケとなりました。

周囲の人に関心のないお子さんに、日常生活の中でこのような経験をしてもらうことは難しいかもしれません。

そんなときは、ゲームを通して学んでみてはいかがでしょうか。
「遊びのルール」としてコミュニケーションが組み込まれているので、お子さんにとって自然に取り組める練習機会となります。

特に「かたろーぐ」は、楽しみながら、他者に自分を理解してもらったり、自分が他者を理解する体験をしてもらうことができるのでおススメです。

このような経験の積み重ねが、やがて社会に出たときに必要となるコミュニケーションの基礎に繋がっていくのです。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

すまいる さん
2016/12/18 14:52
とってもおもしろいですね! 参考になりました。

普通級に通って皆勤賞。担任の先生とは自分から毎日おしゃべりするんですが、
同級生との関係で一歩ひいてしまいがちな娘がいます。

ぜいたくを言えばきりがないですが、たくさんの同級生たちのなかでも
自分らしく楽しく過ごせるスキルが身に付くといいな、と思っています。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについてのタイトル画像

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについて

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは、人が社会でほかの人と関わりながら生きていくために欠かせないスキルを身につける訓練のことを指しま...
発達障害のこと
173022 view
2016/11/13 更新
移動支援とは?同行援護・行動援護との違い、費用、サービス利用までの流れ、通学・通勤の利用についてのタイトル画像

移動支援とは?同行援護・行動援護との違い、費用、サービス利用までの流れ、通学・通勤の利用について

移動支援とは、移動が困難な人に対してガイドヘルパーによって行われる地域生活支援事業です。ここでは、移動支援の対象者、通学・通勤の利用につい...
遊び・お出かけ
62644 view
2016/12/26 更新
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのことのタイトル画像

生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと

NHKが2017年5月からスタートした「発達障害プロジェクト」。複数の番組横断で発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、...
発達障害のこと
59336 view
2017/05/22 更新
療育センターとはどんな施設?児童福祉法における役割、対象、利用方法と費用などをご紹介しますのタイトル画像

療育センターとはどんな施設?児童福祉法における役割、対象、利用方法と費用などをご紹介します

療育センターとは、障害のある子どもに対して、それぞれに合った治療・教育を行う場所のことを言います。しかし「療育センター」と一口に言っても、...
発達障害のこと
55501 view
2017/01/31 更新
11月5日、発達障害支援の研究者が集結!最新の研究成果と療育・支援の未来を語るシンポジウムのタイトル画像

11月5日、発達障害支援の研究者が集結!最新の研究成果と療育・支援の未来を語るシンポジウム

発達障害の原因や治療法、支援技術に関する研究は、世界各地、様々な分野の専門家が取り組んでいる領域です。私たちが日常生活するなかでも、メディ...
発達障害のこと
12909 view
2016/10/24 更新

この記事を書いた人

松本太一 さんが書いた記事

急な予定の変更が苦手…子どもが見通しを持って行動するには?のタイトル画像

急な予定の変更が苦手…子どもが見通しを持って行動するには?

ASDのあるお子さんと接するときの注意点として、「急な予定変更をしてはいけない」ということが言われます。しかし、日々の生活の中では予期せぬ...
身のまわりのこと
29075 view
2016/11/05 更新
「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?のタイトル画像

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?

アナログゲーム療育アドバイザーの松本太一です。「触ってはいけない」と注意されている物につい触ってしまう…。この行動は、集団活動や遊びの中で...
身のまわりのこと
20643 view
2016/10/08 更新
「1番がいい!」と子どもが泣くのは、なぜ?よくある3つの理由のタイトル画像

「1番がいい!」と子どもが泣くのは、なぜ?よくある3つの理由

アナログゲーム療育アドバイザー松本太一です。集団遊びや競技で、頑張って2番や3番を取れても、「どうしても1番じゃなきゃヤダ!!」と泣いたり...
遊び・お出かけ
38125 view
2016/09/10 更新
子どもの「視覚優位」を活かし、友達みんなと遊べるゲームを紹介のタイトル画像

子どもの「視覚優位」を活かし、友達みんなと遊べるゲームを紹介

自閉症のあるお子さんの場合、他者への関心が薄く、1人遊びが中心になることが多いです。そこで、今回は、自閉症の「視覚優位性」という性質を活か...
遊び・お出かけ
29220 view
2016/08/05 更新
コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?のタイトル画像

コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?

発達障害があるお子さんは、よく「コミュニケーションが苦手」と言われます。しかし、そもそもコミュニケーションが上手にできるということは、どん...
発語・コミュニケーション
44240 view
2016/07/07 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。