小2で不登校になった娘。親子ともに傷つき、最後に私がたどり着いた答え。

小2で不登校になった娘。親子ともに傷つき、最後に私がたどり着いた答え。のタイトル画像

「まさか小2で不登校になるなんて」。私は混乱してどういう風に受け止めたらいいのか、今後どうすればいいのかわからずにいました。周りの悪意のない励ましに傷つき、自分のストレスを子どもにぶつけてしまい、母子二人暮らしの私たちは行き詰ってしまったのです。
追いつめられた末に、自然と出てきた私の答えは。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
143504 View

娘が学校に行かなくなった

保育所までは元気よく通っていた娘。
小学校に入るとすぐに試練が待っていました。

友達関係、勉強、担任の先生とのやりとり。
その全てが娘を苦しめたのでした。

公園でお友達のグループに飛び込んでいったもの、リーダー格の女の子にいじめられるようになったのです。他の子と遊んでみても、トラブル続きでうまくいきません。

小1の3学期、計算するときに指をつかっていた娘は、同級生から「指で計算したらダメなんだよ」と何度も言われ勉強することが怖くなってしまいました。

また、習字を習っていたためか、文字を書く際は完璧にトメ・ハネが出来ている字を書くか、疲れて書きなぐるかのどちらか。その差を見た先生に、字の粗さをクラスみんなの前で指摘されたのも堪えたようです。

2年生になると、娘は月曜は休みがちになりました。それが火曜、水曜と増えていき、3学期になると全く学校に行けなくなってしまったのです。

周囲の言葉に親子ともに傷つく日々。

娘は学校に行かなくなり、放課後だけ私と一緒に登校するようになりました。

すると、すれちがう同級生に「不登校」「さぼり」「勉強しなかったら遅れちゃうよ」など、私もびっくりするような言葉を投げつけられました。家で親御さんと一体どんな話をしているのだろう…と、私もとても暗い気持ちになりました。

また、お友達のお母さんに「学校に行かないと勉強できなくなって、中学も高校も、大学も行けなくなっちゃうよ。お仕事もできなくなるよ。」と言われたことがあります。

傷ついている子どもにむけて、そんな正論を平気で語ることに驚きました。

私も近所の人から「こんなに学校を休ませてどうするの」と責められ、「じゃあどうしたらいいんですか」と道路で号泣してしまったことがあります。

善意で言ってくださる言葉に、私たち親子は追いつめられていったのです。

訪問指導で言われた衝撃の一言。

小2で不登校になった娘。親子ともに傷つき、最後に私がたどり着いた答え。の画像
心のつらさはそのまま体に表れました
Upload By ヨーコ
3年生になり、娘は学校に行かない日が続いていました。

疲れ果ててノイローゼ気味になった私は、病院の先生のすすめに従い、娘を特別支援学校に転籍して、訪問指導を受けることにしました。その時は、「訪問指導って無料の家庭教師みたいなものかな」と軽く考えていたのです。

ですが、初めて訪問指導にきた担当の先生は、娘を今まで通っていた小学校に無理やり連れていきました。
最初は泣きながらなんとか通っていた娘も、だんだんと力尽きるように行けなくなり、体調もどんどん悪化していきました。

苛立った様子の先生は、私の前で娘に向かってこう言ったのです。
「学校に行かないとお母さんが警察に逮捕されるよ」

娘は泣き崩れ、私は怒り心頭。
訪問指導はそれで終わることになり、娘は喘息発作を初めておこして入院しました。

病院では、喘息の治療と生活改善、放課後登校の指導がされました。
ですが喘息が治っただけで、あとは成果もなく退院することとなりました。

最後に自然に浮かんだ答え

退院して放課後学校に私と一緒に行った娘は、強い口調で一言こういったのです。
「もう二度とこんなところの敷地は踏みたくない」

その時初めて、今までの対応や、たくさんの言葉が、どれだけ娘を傷つけていたのか、娘はどれだけ怒っていたのかがわかり、心にストンと落ちてきました。

その姿を見て、「もう学校はいいや」と私は自然とそう思いました。

それから娘は一日も登校することなく小学校を卒業しました。今は中1で中学校の場所も知りません。色々な意見を言う方もいますが、私は娘が元気で笑っているなら、生きていてくれているなら、それでいいと思っているのです。
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説しますのタイトル画像
関連記事
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説します
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

子どもが病院を嫌がったときは「代理受診」を。病院とつながり続けるメリットとは?親のケアや将来の年金にも関わる!?のタイトル画像

子どもが病院を嫌がったときは「代理受診」を。病院とつながり続けるメリットとは?親のケアや将来の年金にも関わる!?

わが子が不登校になったとき、病院へ連れて行くという人も多いと思います。うちの場合も、娘を幼児期から知る私の主治医から「すぐに児童精神科にか...
自分と家族のこと
9585 view
2018/08/10 更新
化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?のタイトル画像

化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?

発達障害のある人にとって「社会人になる」ということは大変なことです。それまでは学校という守られた環境のなかで、親の庇護のもと生きてきたのに...
将来のこと
16043 view
2018/07/10 更新
わが家は母娘ともアスペルガーでネット依存症。落ち込む私を救った、医師や娘の言葉とは…?のタイトル画像

わが家は母娘ともアスペルガーでネット依存症。落ち込む私を救った、医師や娘の言葉とは…?

現在高1の娘は小2から不登校でアスペルガー。ネットやゲームへの依存、1日25時間周期で睡眠時間が回転していく概日リズム睡眠障害があります。...
身のまわりのこと
23240 view
2018/06/09 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。