アスペルガーの私が、勉強でつまずきながらも大学に行けた理由

アスペルガーの私が、勉強でつまずきながらも大学に行けた理由のタイトル画像

久しぶりに実家の母と話していて、私の小学校時代の話になりました。1年のころから忘れ物を繰り返し職員室でプリントをさせられたこと、算数が苦手だったことなどを振り返ってみて、今になってわかった自分のつまづきポイント。そして、親の対応とは?

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
ヨーコ
56468 View

アスペルガーの私の特徴とは

本題に入る前にまず私自身の特徴についてお伝えします。

いいところ
・自分で納得したやり方ならとことん集中して頑張る。
「なぜそうなるのか」がわかったら、どんどん理解が進む。

悪いところ
・わからないところを「とりあえず置いておく」ことができない。だから授業に乗り遅れてもっとわからなくなる。
・自分が「必要がない」と思ったらやらない。
判断基準はすべて「自分」。人のいうことをなかなか聞かない。

困ったところ
抽象的な概念がわからない。
・話を聞き取って理解するのに時間がかかるので、授業のスピードについていけない

そんな私が学校の勉強でつまづいたポイントは2つありました。

つまづきポイント①「書き順」なんか大嫌い。

ピッカピカの1年生の私は、入学するなり毎日忘れ物を繰り返していました。

その罰として職員室の机でひらがなのプリントをよくやらされたのですが、書き順がめちゃくちゃでした。書くことも好きじゃなかったですし。

先生に注意されたのか、家で母にうるさく書き順を注意されるようになりました。
でも私の返事はいつも「ええねん。読めたら一緒やんか」。いくら言っても聞く耳を持たなかったそうです。

母がいうには、私は幼児のころから「自分がこうする」と決めたら頑として譲らないところがあったんですって。勉強でも「こんなこと必要ない」と思ったら全く身に入らなかったのを覚えています。「先生が間違っている」と思ったら食ってかかることもありました。
のんびりマイペースの頑固もの。それは今でも変わりません。

つまづきポイント②「分数」。どうしてもイメージできない。

本格的に勉強でつまづいたのは、確か小学校3年生になってから分数を習ったとき。
分数の割り算は、分母と分母をひっくり返した「逆数」をかけ算しますよね。そのとき私の頭の中は、「なんで?」でいっぱいになりました。

どうしてそういう訳のわからない方法で答えが出るのか納得できない。だから授業中も考え続けて、先生の声ははるか遠く。
理由がわからないのを「そういうものだから」と押し付けられても、頭が拒絶するのです。

このころから、算数も観念的な内容が増えてきます。イメージできなければ理解できないのですね。
イメージするという行為はアスペルガーの鬼門です。だから算数の成績はどんどん落ちていきました。

逆に国語の読解問題はすごく得意でした。「選択肢なんてこれしかありえないだろう」という感じで、どうしてわからないのかがわかりませんでした。
人の気持ちを推し量るのは苦手で人間関係もつまづいてばかりだったけど、文章になるとなぜかスッキリと理解できるのが不思議でしたね。家が厳しくてテレビが見られず、本ばっかり大量に読んでいたせいかもしれません。

でも漢字を覚えるのは苦手でした。勝手な解釈で読み仮名を想像していたので、間違って覚えていることが多かったし、書き取りが嫌いなので読めるけど書けなかったのです。

数学4点。中学校で家庭教師をつけられる。

アスペルガーの私が、勉強でつまずきながらも大学に行けた理由の画像
Upload By ヨーコ
中学に進学して初めての実力テストで数学は4点でした。
それを見た母は、知り合いの娘さんにさっそく家庭教師を頼んだのです。

かねがね「塾だけは死んでも行きたくない」といっていた私にとってもいい選択でした。教室に詰め込まれて学校以上のことを教えられるなんて、気が狂うと思っていたので。

家庭教師の先生は、私にいろいろな問題を解かせてみて、分数から丁寧に教えなおしてくれました。
好きなだけ質問しても怒られないし、じっくり考えることができる勉強方法は私にぴったり。
ぐんぐん成績は上がり、2年生になるころには問題なく追いつけるようになっていました。

家庭教師のサポートのおかげで、勉強に劣等感を抱くこともなく、希望の高校へ進むことができたのです。

それでも大学へ行けました。

高校に入ってまた数学につまづいた私。だけどその時には助けてくれる友達がいました。
放課後付きっ切りで教えてもらい、理屈がわかると問題を解くのが楽しくなったのです。
相変わらず興味のあることしか頑張れない私は、教科によって成績差は激しかったものの、何とかついていけるようになっていました。

塾にはやっぱり通わず、通信教育の○○ゼミをとっていましたが、大学受験を意識しだしてから情報収集に機関誌を使うのみ。
そして受験科目を英語と国語に絞り、通信教育の受験対策用の教材と、薄っぺらい問題集を何度も繰り返して解くという勉強法に絞って、ひたすら勉強に没頭しました。

いらないと思った授業には出席もせず、抜け出してファーストフード店で勉強する日々。
マイペースにもほどがあったツケで、家庭科でまさかの留年の危機に陥りましたが、何とか補修で卒業。
狙った中堅どころの大学にはすべて合格したのでした。

よかったら、お子さんの進学などの参考にしてみてくださいね。
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説しますのタイトル画像

関連記事

不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説します

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説のタイトル画像

関連記事

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
51278 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4406508 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2137674 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
26805 view
2018/09/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。