「なぜ◯◯君は喋らないの?」同級生の質問に先生がとった行動は…

「なぜ◯◯君は喋らないの?」同級生の質問に先生がとった行動は…のタイトル画像

広汎性発達障害と場面緘黙のある長男。その長男の担任から「クラスメイトを対象に、○○くんを知ろう授業しませんか?」と提案をもらいました。息子の為にと先生が考え提案してくれたこと。考えた末に、その授業を行いました。その結果、良かったことも多かったですが、多くの気づきを得ました。その体験談です。

517a85a16452bcbeca6ae067474b550924994e05a8f6794c0139dbe43252ddf1 s
65788 View

自分の想いを口にするのが苦手な息子

幼少期から息子はとてもおとなしく自己主張しない子だったので、「何でこの子はこれができないんだろう?」「何で喋らないのだろう?」と疑問を持ちながら子育てをしていました。

小学校に入学後から、多くの困難さが現れましたが、一番困ったのは、想いを口にしないこと、伝えないことでした。いわゆる緘黙です。
学校の事は話さない、友達の話もしない、勉強で何が分からないのかも話さない。

それが目立ち始めたのは小4ぐらいからでした。
その頃に、気軽に精神科を受診してみたところ、広汎性発達障害と場面緘黙症があると診断を受けました。

病院の先生から「この子は、周りの大人が想像する以上に困っています。不安なんですよ。おとなしいから周りは分からないだけです。それを知ってください。」と言われました。
息子の困難さに気付いてあげられていなかったことが、とてもショックでした。

「どうして○○君は喋らないの?」

小学6年の時。息子のクラスメイトから「どうして○○君は喋らないの?いつも宿題を忘れるの?」と先生は聞かれたようです。
周りのお友達から息子が「○○!喋ってみろよ!」「ほら、笑ってみて!」と肩を突かれるのを私も見かけた事があります。それでも息子は表情ひとつ変えずにいます。

そんな様子を見た担任の先生から、クラスメイトが障害の事を知れば、この子の助けになるのではないか?と考えたようです。
そして私に「○○くんを知ろう授業をしてみたいのですが、いかがでしょうか?」と声をかけてくださいました。

私は良いチャンスかもとも思いましたが、正直迷いました。
本当にそんな授業をして良いのだろうか?いろいろなメリットとデメリットを考え、心理士にも相談しました。

最終的に「この子はいずれ社会に出ていくのだから、知ってもらう事が必要になる。それがこの子の理解に繋がる」と考え、その授業をしようと決断しました。

いよいよ授業当日!

授業をする前に、1番大事なこと。息子本人に授業のことを伝えて、気持ちを確認しました。息子は「その授業をしてもいいよ。」と言いました。その代わり、自分が居ない場所で話してほしいとの要望でした。

息子は別室にて待機しました。その間に、予め話し合って決めた内容に沿い、先生からクラスメイト達へ息子の障害を伝えられました。ここで気をつけたことは「事実をきちんと話す」こと。「誤魔化したりしないで素直に伝えること」でした。

そして、どのように対応したら良いかも同時に伝えました。私は後部席から生徒達の様子を見ていました。涙する子もいました。私からも言葉を伝えました。「皆ひとりひとり違うこと。違っていいこと。困った時に誰でもいいから助けを求めること等」を話したように記憶しています。

「先生、教えてくれてありがとう!」

授業後の反応は「先生!○○君の事を教えてくれて、ありがとう!」「知ることができて良かった」とのお手紙があったそうです。その後、息子の事をからかう子はいなくなりました。

理解あるクラスメイトが増えた事はとても良かったです。
ですが、この授業が誰にとっての支援だったのか?と自問自答してきました。今もです。もしかしたら、この子を追い詰めてしまっていないか?とも考えました。この授業が良かったのか、悪かったのか、それが分かるのは数十年後かもしれません。

それでも私が心から嬉しかったことがあります。

それは頭であれこれ考えてしまう大人よりも、確実に子ども達の方が柔軟だったこと。優しい眼差しを向けてくれる子ども達が、たくさんいたことです。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。