子育て講座「ペアレントトレーニング」を診断前の保護者へ。鳥取県米子市の取り組みに期待!

子育て講座「ペアレントトレーニング」を診断前の保護者へ。鳥取県米子市の取り組みに期待!のタイトル画像

「我が子は発達障害かも…でも、もしそう診断されたらどんな風に子育てを進めていけばいいのだろう…」そんな保護者の不安を和らげる取り組みを、鳥取県米子市が導入するそうです。

4fd8bfb78d5291eb809d0beab33acf4ae505e1df l
17623 View

どう対応したらいいんだろう…

コミュニケーションがとりにくい、他の子とは少し違う…そんな育てにくさを感じたことはありませんか?

「発達障害かもしれない…」そう感じていても、幼児期には明確な判断もつきにくいものですよね。

先日、鳥取県米子市は、発達障害の可能性や、育てにくさを感じている保護者にむけ、家庭での接し方を学ぶ講座「ペアレントトレーニング」を導入していく方針を固めたそうです。

家庭での接し方を指導し、発達障害と診断されていない乳幼児の早い段階での支援を目指す。

出典:http://www.nnn.co.jp/news/160212/20160212004.html

ペアレントトレーニングって?

ペアレントトレーニングとは、精神医学研究所のハンス・ミラー博士によって1974年に開始されたものです。

発達障害のある子どもへの対応法を学ぶものですが、多くのことがグレーゾーンや定型発達のお子さんはじめ、子育てのあらゆる場面に当てはまるものです。

親が子どもの行動変容における心理やパターンを理解・分析し、問題行動を適切な対応で減少することのできる技術を獲得することを目的としています。

出典:http://www.mdd-forum.net/training02.html
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめのタイトル画像
関連記事
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ
日本版ではいくつかの方式(肥前方式、奈良方式、精研方式など)があり、方式によって内容や実施スタイルに違いがあるそうですが、いずれも子育てにおける工夫や、保護者が行う対応を学んでいけるものだそう。
グループでのトレーニングは、その後の保護者同士の繋がりにもなっている様子です。

発達障害があっても無くても

子どもが生まれてから、色々な経験を通して私たちも「親」になっていくのです。
最初から上手に子育てが出来る親を目指しては疲れてしまうのも当たり前。

ましてや、子どもの困った行動への対処方法など自然と身に付けられるものでは無いと思います。

そんな時期に「ペアレントトレーニング」を受けられたら、「私の子育てが間違っているのかな」「これで本当にいいのかな」というモヤモヤとした不安を軽減していけるのではないでしょうか。

診断前にペアレントトレーニングが受けられる、という鳥取県米子市の取り組みの今後に期待です。

ペアレントトレーニングは企業やNPOはじめ、各自治体でも実施している場合があるそうです。
ぜひ、お近くの地域で実施がないか探してみてはいかがでしょうか。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめのタイトル画像
関連記事
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。