子どものイライラは「気持ちをうまく言葉に出来ない」が原因かも?

子どものイライラは「気持ちをうまく言葉に出来ない」が原因かも?のタイトル画像

もともと一方的な思い込みで不満を持ちやすい長女。6歳を過ぎてからは、ますます怒る頻度が増えてきました。長女の気持ちに寄り添いたいとは思うものの、本人に理由を聞いてもよくわからず困る毎日。そこで私が試したことを紹介します。

F9db519c97dc5f0cdf3a6ee0d574c9cd36fb1c61 s
にのの
19110 View

負の感情も成長の証拠…?

長女が6歳を過ぎて数ヶ月後、「ちょっとしたことで怒るな」と感じるようになりました。

言葉数は少ないものの、すぐに鼻をふくらませて「フーフー」と怒る長女。
どうして怒っているの?と何度理由を聞いても明確な説明がないので、療育者に相談をしました。

療育者いわく、「成長の一段階。『気持ちの育ち』が進んで、これまでには明確には感じていなかった負の感情も、感じやすくなったのかもしれません。」とのこと。

長女が診断された自閉症スペクトラム症には、相手の気持ちが分かりにくい特性があると言われていますが、実は自分自身の気持ちや感情も自覚しにくいという特性もあるようです。

「嫌な気持ち」の理由が説明できない

長女は怒りで頭がカーッとなり、今「嫌な気持ち」であると自覚できても、「なぜ・どのように嫌なのか」の自覚が難しいため相手に怒った理由を説明することができませんでした。

これでは「嫌な気持ち」になっても、本人も相手も対処することができないのです。「一番困るのは本人だ」と思いました。

長女が怒っているけれどもその理由がわからないときは、長女の気持ちをできるだけ想像し代弁するよう努力しました。

例えば、本人が何をこれからするのか見通しがたたずに怒っているとき。

私 「何をこれからするかわからなくて心配なの?」
長女 「うん」
私 「じゃあ、何をこれからするの?ってお母さんに聞いてごらん。」

というように、長女の気持ちを代弁することで、自分の気持ちを気づけるように工夫しました。
そして、怒り・不安の原因を相手に伝える、またはその感情に対処する方法を練習させるようにしました。

保育士さんの対応も参考に

また、担当の保育士へ長女が自分の負の感情を自覚できていない部分があると説明すると、「そうですね」と理解を示してくれました。

そして、怒っている長女に寄り添う努力をしても、怒りがおさまらない時によく使う方法を教えてくれました。

・「フーフー」怒っている長女の物まねをする。

→それを見た長女が笑い、怒りから気がそれたタイミングで何かの遊びに誘う。

・「ねぇねぇ、長女ちゃんの歯はいつ生えてくると思う?ずっと生えてこなかったらどうする?」と話しかける。

→乳歯が4本ほど一気に抜けた長女はまたいつ歯が生えてくるのかいつも気にしていたので、歯の話題を持ち出し気をそらせる。


保育士が長女のことを理解したうえで、上手にコミュニケーションを取り、良い関係を築いてくれていることに安心しました。

怒ることは悪くない。自覚して対応できるように。

怒ることは誰にでもある感情で、それ自体は悪いことではありません。

その気持ちを自覚し、対処する方法を考え、実行することが大切だと思います。

現在、長女は自分のなかの「嫌な気持ち」にも、怒り・悲しみ・悔しさ、などそれぞれ別の気持ちがあることを理解しつつあります。

そして、以前より自分の気持ちを説明することが上手になりました。成長しています。それでも、負の感情のことを「フーフーしちゃう」と表現したり、可愛いところもまだあります。

私自身、長女の負の感情を受け止め、その理由を想像することができるようになって、以前よりもコミュニケーションが取りやすくなりました。私も長女と一緒に成長している。そう感じています。
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
51066 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4406033 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2137242 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
26720 view
2018/09/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。