くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?

くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?のタイトル画像

HAHATO.CO盛岡支部SONOです。発達凸凹の子には、発達性協調運動障害などにより、練習してもなかなかできない運動があったりします。できるようになりたいからとがんばりすぎると、親子共に疲弊してしまうことも。靴紐も結べず、逆上がりも縄跳びもできなかった息子が、水泳もスキーも逆立ちもできるようになった経緯を振り返ってみたいと思います。

27b37cbcd1da7b04f8f78c990fe964c5804e0506 l
16955 View

うまく走れない・・・運動が苦手だった息子

息子が保育園の頃、園長先生に「運動障害があるのではないか?」と言われたことがあります。何も知らなかったわたしは返答に困り、「検診では何も言われていません」と答えていました。

しかし、息子の遊ぶ様子をよく見ていると、走っているつもりでも足が上がっていませんでした。もともと靴も上手く履けず、それが原因でかんしゃくを起こすこともありました。

走るのが遅くても、運動が得意じゃなくてもいいけれど、できる範囲で伸ばしてあげたい。

私は、息子が楽しく身体を動かせるにはどうしたらいいのかを考えました。
ボールやおもちゃのバット、自転車などを買ってあげたり、公園の遊具に誘ってみたり、考えられる工夫をしました。

しかし、息子の大きな成長のきっかけになったのは、年長になる前にできた友だちだったのです。

友だちの影響でチャレンジするように

くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?の画像1
Upload By SONO
他の子と遊ぶことが苦手だった息子が仲良くなった子は、正反対のタイプ。

運動神経は抜群、考えるよりもまず身体が動く、そんな子でした。

石橋を叩いて叩いて渡らなかった息子が、その友だちについついつられて動き出したのです。

補助輪付きでも乗ろうとしなかった自転車ですが、友だちと同じように乗りたい気持ちの方が強かったようで、1週間ほど練習し、補助輪ナシで乗れるようになりました!

その後、階段もおぼつかなかったのに、木にも登るようになりました。運動にはまだ自信はないけれど、息子のできることはどんどん増えていきました。

息子から「クライミングやりたい!」

くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?の画像2
Upload By SONO
息子は、できることが増えても、運動にコンプレックスを持っていました

周りの子たちが普通に取り組んでいる、なわとびや鉄棒、運動会、マラソン大会などには、まだ思うように取り組めていなかったからです。

「自転車にも乗れたし、木登りもできるし、できると思った時にできるようになると思うよ」と言葉掛けくらいしか、私はできずにいました。

そんなある日、4年生になった息子が突然「クライミングがやりたい」と言い出しました。クライミングって何?という状態の私は、調べに調べて4年生の秋にスクールを見つけました。

いざスクールへ足を運ぶと、人見知りや場所見知りも激しい息子。慣れるまで入室が大変でした。しかし、場所にも慣れた頃、レッスンを続けていくうちに息子の身体能力がぐんぐん上がっていきました。

クライミングは息子に合っているようで、それは

・個人種目であること
・一手、一足、進歩が分かりやすいこと
・正確な位置に身体のパーツを動かさなければならないので感覚統合に役立つこと
・登山家の大人たちの息子の扱いが大らかであったこと
 
こうした理由があったからだと思います。

また、身体能力とともに、落ち込んだ時の立ち直り力(いわゆるレジリエンス)も上がっていったのです。

「楽しい!」が成長につながる

できないことをがんばって練習し続けなくても、楽しめることがトレーニングになると感じました。そして、成長がゆっくりだからといって、全く発達しない訳ではないのだと思いました。

中学生になってからは、水泳やスキーにも初めて取り組み、それなりにできるようになってきました。高校生になった今は、初めてのことに挑戦することのハードルが大分低くなっているようです。

息子の成長を通して、発達のプロセスは自由であり、苦手なことでも子どもが「やりたい!」と思えた時に楽しく伸ばしていけることを学びました。

苦手で取り組めないことがあるなら、まずは楽しめるものを見つけることから始めてみませんか?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

すきすきうーたん さん
2017/01/06 17:35
長くなってしまいすみません…
つづきです…
運動は何をやってもダメだった息子が
3年も続き涙無しでは話せないいじめをのり越え努力に努力を重ね表彰台に上るまでに成長しています!
続けるには支えなくては出来ないので家族は本当に大変ですし覚悟が必要ですが、
発達障害とは?
もしかしたら誰も知らない凄い能力が隠れているのかも知れません…
そう思う今日この頃であります。

すきすきうーたん さん
2017/01/06 17:32
息子さん素晴らしいです!

ちょっとだけ便乗させてください
私の息子は小2、ADHD、アスペルガー
運動はとにかく苦手そんな息子は5歳の時スケートをやりたいと言い出し習うことになりました。びっくりする程やる気で楽しんで通えました。3年続いた今ではフィギュアスケートの選手として名門クラブに所属、毎日厳しい練習をこなします。
学校へは行けないのに何故?
きっとスケートが大好きだからです(^_^)勿論、障害に配慮はしてくれませんし厳しい言葉を言われる事も多くあります、先生の指導が理解できずに怒られる事も多々あり涙を流すことも(-_-)もう辞めたら…とつい言葉をかけてしまいますが、
それでも絶対に俺は辞めない‼︎とキッパリ言います。親子で頼もしく成長している日々であります!
障害があったとしても本人の好きな事が見つかれば周りの支え次第でかなり可能性は広がるのではと思います。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

発達性協調運動障害とは?ただ不器用なだけではない?症状、困りごと、相談先、家庭での対応まとめのタイトル画像

発達性協調運動障害とは?ただ不器用なだけではない?症状、困りごと、相談先、家庭での対応まとめ

発達性協調運動障害とは、手と手、目と手、足と手などの個別の動きを一緒に行う運動が著しく困難な障害です。キャッチボールが苦手であったり、消し...
学習・運動
91331view
2016/07/27 更新
視空間認知って?「見る」ことのメカニズム・検査・強化するトレーニング法、発達障害との関連についてのタイトル画像

視空間認知って?「見る」ことのメカニズム・検査・強化するトレーニング法、発達障害との関連について

視空間認知とは、目から入った情報のうち、ものの位置や向きを認識する能力です。この機能は視力のよし悪しとは異なるもので、地図を読んだりぬりえ...
発達障害のこと
40658view
2017/01/31 更新
少しの間違いでも大泣き!0か100かの完璧主義な息子には…のタイトル画像

少しの間違いでも大泣き!0か100かの完璧主義な息子には…

ADHD当事者の私。息子も「発達障害の疑いがある」と言われています。そんな凸凹親子の日常を少しだけご紹介します。今回は長男の考え方のお話で...
自分と家族のこと
34864view
2016/06/10 更新
発達障害の息子の学校に付き添いわかった、集団生活の躓き3つのタイトル画像

発達障害の息子の学校に付き添いわかった、集団生活の躓き3つ

入学早々「学校行かれへん!」になった長男。ゆっくり学校に慣れるために付き添い登校を始めましたが、逆に自立をさまたげないか悩むこともありまし...
進学・学校生活
34025view
2016/07/23 更新
作業療法士(OT)とは?資格・お仕事、発達障害への支援について紹介しますのタイトル画像

作業療法士(OT)とは?資格・お仕事、発達障害への支援について紹介します

作業療法士とは、人々の個性や症状を考慮しながら、その人らしくいきいきと生活していけるように、からだとこころのサポートをしてくれる存在です。...
身のまわりのこと
26143view
2016/07/28 更新

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

SONO さんが書いた記事

社会科が苦手な発達障害の娘。試行錯誤の末、辿りついた学習法は…のタイトル画像

社会科が苦手な発達障害の娘。試行錯誤の末、辿りついた学習法は…

娘と試行錯誤をしながら都道府県の暗記学習に取り組み、県庁所在地まで覚えた過程をご紹介します。子どもによって、物事の記憶の仕方は違いますよね...
学習・運動
10665view
2017/03/19 更新
小4の娘が漢字を習得した方法で気付いた、学習支援で大切なことのタイトル画像

小4の娘が漢字を習得した方法で気付いた、学習支援で大切なこと

NPO法人HAHATO.CO盛岡支部SONOです。発達障害の子には、漢字や計算の繰り返し練習が苦手な子が多いですよね。我が家の子どもたちも...
学習・運動
23027view
2016/10/15 更新
気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とはのタイトル画像

気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とは

息子の子育てで落ち込んでいた私ですが、失敗から学んだことも沢山ありました。発達障害児の子育ては予想外の連続。私の体験談をご紹介することで、...
自分と家族のこと
16491view
2016/07/30 更新
凸凹っ子の勉強方法、どんな工夫ができる?わが家のアイデアのタイトル画像

凸凹っ子の勉強方法、どんな工夫ができる?わが家のアイデア

発達凸凹っ子は、物事のとらえ方や興味の持ち方が違ったりするので、学習のサポートでお悩みの方も多いと思います。 中の下だった息子の成績が上位...
学習・運動
30570view
2016/07/10 更新
くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?のタイトル画像

くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?

HAHATO.CO盛岡支部SONOです。発達凸凹の子には、発達性協調運動障害などにより、練習してもなかなかできない運動があったりします。で...
学習・運動
16954view
2016/05/26 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。