歩くより走った方が楽?!息子の多動が減った意外なグッズとは?

歩くより走った方が楽?!息子の多動が減った意外なグッズとは?のタイトル画像

発達障害の子どもは、感覚情報を適切に脳に伝えることができず、それが感覚過敏や感覚鈍麻に繋がったりします。前庭感覚の未発達から生じる問題の解決に、我が家は「チェーンベスト」を取り入れました。

林真紀
41216 View

歩くのが苦手だった息子

歩くより走った方が楽?!息子の多動が減った意外なグッズとは?の画像
Upload By 林真紀
小さい頃の息子は、歩くことが苦手でした。そんな息子のために私が購入したのがこのベスト。

これは発達障害児の支援用に使われているもので、普通のベストに見えますが、中にずっしりと重りが入っています。

身体がギュッと締め付けられ、さらに重りが入っていることにより、「身体の中心部分」を自分で自覚することができるのがこのアイテムです。

このベストを購入するまでのことと、購入した後の息子の変化を書いていきます。

体がグニャッとなり、バランスが取れない

すぐに転んでしまうため、家族に抱っこをせがむことが多かった息子。

階段を上り下りすることも異様に怖がっていました。直立していたかと思えば、軟体動物のようにすぐグニャッと崩れます。

発達障害の特性で、前庭覚がうまく働いていない場合、重力・空間バランスなどの認識が脳にうまく伝わらず、様々な弊害が生じることがあります。

息子の場合は、重力の変化に脳が過剰反応してしまうために、体を支えるのが難しいようでした。

これが原因で、高いところに登ったり、ブランコやトランポリンなどの揺れる遊びを極端に怖がっていたのですね。

このように前庭覚にアンバランスさがあると、直立することも歩くことも辛いらしく、
息子は「歩いていると倒れそうになるので、走っているほうが楽だ」と言います。

ひたすら走り続けたり、ポールのようなものを掴んでぐるぐる回り続けたり、こうした息子の多動は、恐らく前庭覚のアンバランスさから来ているのではないかと私は考えました。
発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?のタイトル画像

関連記事

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?

自分の身体がここにある!という実感

また、身体がぐにゃぐにゃしているせいか、息子はよく物や人にぶつかりました。

道を歩いているときに見知らぬ人に突然寄りかかったり、抱きついたりという行動が見られました。

これは、息子自身が自分のボディイメージを把握できていないことからくる行動だったようです。
ボディイメージ、つまり自分の身体がどこにあるのか、自分自身で掴めていないのです。

自分のボディイメージが実感できるようにと、息子に用意したのがこのベスト。

このベストを着用すれば、重力不安でぐにゃぐにゃしている息子の身体を支えることもできますし、
自分のボディイメージを把握する手助けをしてくれます。

ベストを着用すると、ギュッと身体を圧迫されたように感じます。

一見苦しそうに見えるのですが、息子は自分の落ち着きのなさを自覚し始めた頃に、
「ママ~、抱っこチョッキ着せて~!」とよく言ってきました。

時にはグッズを活用して

このベスト、問題点としては夏は暑がるので着たがらないこと。

でも、マジックテープでサイズを調節できるので、成長期の子どもでも長く着用することができそうです。

今は発達障害児向けにいろいろと面白い支援グッズがたくさん出ていますので、お子さんにあったものを探しながら上手に支援していけると良いですね。
くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?のタイトル画像

関連記事

くつ紐も結べないほど運動が苦手。そんな息子が変わったキッカケは?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。