「教室で集中できない!」聴覚過敏の息子が取った行動とは?

「教室で集中できない!」聴覚過敏の息子が取った行動とは?のタイトル画像

いらない音を上手にシャットアウトできないこともツライ原因?

Bfaa1ffd2bc76d400ac050a9be037c2b5114018d s
66274 View

授業中の静かな廊下が好き

「教室で集中できない!」聴覚過敏の息子が取った行動とは?の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
息子は、保育園の頃の習慣がなかなか抜けず、裸足で廊下に寝そべることがしょっちゅうありました。

後に高校生になった息子は…

「ここは勉強しといたほうがいいな!」と思う授業を自分で取捨選択する技を身に付け、
教室を脱出していたことを明かしました。

「40人近い人間が詰まった教室は異常だ。そんな場所で落ち着けるわけない!」と言います。

思い起こせば、私も学生の頃、教室の人間の情報に疲れていた記憶があります。
その窮屈さに耐えられる子もいれば、耐えられない子もいる。

息子は「耐える必要などない!耐える意味が分からなかった」とか…。

実は、小学生の頃も脱出グセはありました。しかし、学校の先生の配慮で、息子が落ち着いて過ごせるよう階段の下の
空きスペースに机を用意してくれていました。

当時の私は「なんで脱走を許すの?息子には教室の中で過ごしてほしいのに…」と先生の配慮に納得がいきませんでした。
今思えば、息子のことを良く理解してくれていたのだと理解できますが。

そのお話は、また別の機会にご紹介したいと思います。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事に関するキーワード

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。