WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ

ライター:発達障害のキホン

ウェクスラー式知能検査は、児童期や成人期において最もよく使われる知能検査のひとつです。ウェクスラー式知能検査にはどのような特徴があるのでしょうか?年齢ごとに異なる検査の種類や検査の受け方、結果の活用方法など、その概要をご紹介します。

監修者初川久美子のアイコン
監修: 初川久美子
臨床心理士・公認心理師
東京都公立学校スクールカウンセラー/発達研修ユニットみつばち
臨床心理士・公認心理師。早稲田大学大学院人間科学研究科修了。在学中よりスクールカウンセリングを学び、臨床心理士資格取得後よりスクールカウンセラーとして勤務。児童精神科医の三木崇弘とともに「発達研修ユニットみつばち」を結成し、教員向け・保護者向け・専門家向け研修・講演講師も行っている。都内公立教育相談室にて教育相談員兼務。
目次

ウェクスラー式知能検査とは?WAIS・WISCとは?

ウェクスラー式知能検査の概要

ウェクスラー式知能検査は、1939年刊行のウェクスラー・ベルビュー知能検査を起源とする、70年以上の歴史を持つ知能検査です。この検査は、児童期や成人期においては、現在の日本において最もよく使われる知能検査のひとつです。

ウェクスラー式知能検査には、年齢に応じて児童版のWISC(Wechsler Intelligence Scale for Children、通称ウィスク)、成人用のWAIS(Wechsler Adult Intelligence Scale、通称ウェイス)、幼児用のWPPSI(Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence)の3種類があります。いずれも、専門家(公認心理師や臨床心理士等)が受検者と1対1で行う個別式の検査です。

ウェクスラー式知能検査の特徴

ウェクスラー式知能検査は、 児童期から成人期まで測定可能な尺度として、人間の知的発達面の理解やその経年的構造の変化をとらえようとしたという点が大きな特徴です。その後の研究によって、2つの区分は4つの指標得点へと洗練されました。(後述)

また、 障害によって結果に一定の傾向がみられることも特徴のひとつとして挙げられます。たとえば、知的障害の場合、各評価点にそれほど差がみられず全般的に低くフラットに近いという特徴があります。よって、ウェクスラー式知能検査の結果は、知的障害や発達障害の診断材料のひとつとして用いられることがあります。(※ただし、知能検査のみで診断が下りることはありません)

そもそも、何のために知能検査を実施するのか

お子さんの知的発達水準が同年齢の子どもたちと比べてどうなのか(個人間差)ということで知能検査を実施することがあります。(例 :小学校入学を控えた就学相談のタイミングに合わせてなど)ただ、同年齢との比較のみが知能検査のできることではありません。

むしろ、お子さんの知的発達の得意不得意を知る(個人内差を知る)ために実施されることが多くあります。
特に、苦手なところ(得点の低いところ)が学校や家庭などで見られるつまずき(問題、主訴)の原因である可能性が考えられます。そうしたつまずきの原因とその対応を知ることが重要な目的となります。

そして、得意な分野がどのくらい得意で、苦手な分野がどのくらい苦手なのか。得意を活かして、苦手さをフォローするにはどうしたらよいか。得意を活かし、力がより発揮できる環境設定はどんなものか…など、学校や家庭での支援において手立ての精度を上げるために活用されます。
また、その結果、保護者がお子さんの得意不得意を理解することにつながり、お子さんの年齢が進めば、お子さん自身が自分の得意不得意を理解することにつながります。

WISC-Ⅳとは

WISC-Ⅳの基本情報

・対象年齢:5歳0か月~16歳11か月
・実施時間:60~90分
・実施機関:公的機関(教育支援センター、児童相談所、学校など)、医療機関(児童精神科、小児科)、民間のカウンセリングルームなど
・検査費用:検査を取る機関によってさまざま
・保険適用の可否: 保険適用のこともある
・診断書もしくは報告書を書いてもらう場合には、別途料金がかかります。こちらの料金は病院ごとに異なりますので、各病院に問い合わせてみてください。
参考:保険診療の理解のために|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/dl/shidou_kansa_01.pdf
参考:各障害者手帳制度の概要|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001vnm9-att/2r9852000001vota.pdf
参考:診療報酬制度について|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken01/dl/01b.pdf
参考:医科診療報酬点数表に関する事項 D283 発達及び知能検査、D284 人格検査、D285 認知機能検査その他の心理検査|厚生労働
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb5908&dataType=1&pageNo=6
参考:診療報酬の算定方法の一部を改正する件 第2章第3部 検査|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196290.pdf

WISC-Ⅳの特徴

全15の下位検査があり、10の基本検査と5つの補助検査で構成されています。10の基本検査から、5つの合成得点(全検査IQ、4つの指標得点)が算出されます。それらの合成得点から、子どもの知的発達の様相をより多面的に把握できます。

1.全検査IQ
IQ100を同年齢集団の平均としたとき、知的発達の水準が、どの程度であるか。
(以下に詳述する4つの指標得点に大きな差がある場合は「参考値」扱いになるなど、慎重な解釈が必要です。所見や検査者からのフィードバックを確認してください)

2.指標得点(4つ)
言語理解:言葉を用いて、物事の概念を理解し、表現する力
知覚推理:視覚情報を正確に捉え、理解し、表現する力
ワーキングメモリー:聴覚情報を短時間記憶し、操作する力
処理速度:視覚情報を正確に捉え、素早く処理する力

3.それぞれの下位検査
言語理解:類似、単語、理解、(補助検査:理解、語の推理)
知覚推理:積木模様、絵の概念、行列推理、(補助検査:絵の完成)
ワーキングメモリー:数唱、語音整列、(補助検査:算数)
処理速度:符号、記号探し、(補助検査:絵の抹消)


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。