知能検査とは?知能検査の種類、受診方法など

2016/07/30 更新
知能検査とは?知能検査の種類、受診方法などのタイトル画像

知能検査は心理検査の一つであり、精神年齢、IQ(知能指数)、知能偏差値などによって測定されます。発達支援や学習指導、就学前健診などで活用されています。ウェクスラー式知能検査、田中ビネー知能検査、KABC心理・教育アセスメントバッテリーなどがよく使われています。この記事では、知能検査の種類や受けられる機関、費用などをまとめました。

発達障害のキホンさんのアイコン
発達障害のキホン
347685 View
目次

知能検査とは

知能検査とは、主に物事の理解、知識、課題を解決する力といった、認知能力を測定するための心理検査の一つです。

認知発達の水準を評価し、その人の得意分野、不得意分野を分析することで、発達支援や学習指導の方向性を検討するなどの目的で利用されます。

知能検査においてはIQ(知能指数)の値を指標とすることが多くあります。IQはInteligence quotientの略で、知能のレベルを評価するための標準化された尺度です。検査は、精神年齢、IQ(知能指数)、知能偏差値などによって測定されます。IQの値の範囲は測定の手段によって異なりますが、一般的に平均値を100として比較可能な分類がされます

『発達障害事典』(2011年・明石書店刊)によると、IQの値による分類は以下のようになります。

・130以上:極めて優秀
・120-129:優秀
・110-119:平均の上
・90-109:平均
・80-89:平均の下
・70-79:境界線級/ボーダーライン
・70未満:知的障害

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4750333271
一方で、知能についての考え方や測定の方法には、統一的なものがありません。つまり、検査ごとに、認知や知能についての考え方の違いがあり、検査の内容、IQの算出方法などが違っています。

そのため、それぞれの知能検査が、何を目的としてどのような指標で知能を測定しているのかを理解したうえで、検査結果を参考にすることが大切です。
発達ナビPLUS
Upload By 発達障害のキホン

知能検査の歴史

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。