「子育ての悩み」と「子どもの悩み」、つい混同していませんか?

「子育ての悩み」と「子どもの悩み」、つい混同していませんか?のタイトル画像

親の会や相談機関に相談するとき、つい親としての子育ての悩みと、子ども自身の悩みをごっちゃにしてしまっていませんか?子どもが自分の気持ちを言葉で表現できないころはともかく、自分の意思を持ち始めてからそれをしてしまうと、思わぬ親子トラブルに発展することもあるのです。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
14946 View

娘の気持ちを理解していたつもりが…

娘は不登校になったころから、「勝手に私のことをお医者さんやカウンセラーにいわないで」と言われるようになりました。

そのことを痛感させられる出来事がありました。

娘と一緒に相談機関にいったときのことです。

「こういうことがあって、そのとき娘はこういう風に感じたようです」といった瞬間、
娘から「それは違う!」といわれたのです。

「ママは私の気持ちを勝手に思い込んでしまっていることがよくあるよ」

こうだと思ったら別の見方をするのが苦手で、思い込んでしまう特性のあるアスペルガーの私。

娘に対してもそうだったのかとショックでした。
帰ってから、娘に聞いてみました。

わたし:「私、あなたの気持ち全然わかってなかったのかな?」

娘:「人の気持ちがぜんぶわかることなんてないでしょう?」

と言われてしまいました。

そのとき、やっと気付いたことがあります。

・自分の娘とはいえ、自分とは違う人格を持った一人の人間だということ。

・娘の気持ちを勝手に推し量って、他人に軽々しく話すというのは本人にとって苦痛だということ

・娘のことを「いつまでも自分の気持ちを話せない小さい子ども」だと思って扱っていたこと

子どもの気持ちは子どものものなんですよね。
そんな当たり前のことにやっと気づいたのです。

これはアスペルガーなど障害に関係なく、すべての親が忘れてしまいがちなことだと思います。
思春期の子どもは何を考えているの?反発しない子なんていないのタイトル画像
関連記事
思春期の子どもは何を考えているの?反発しない子なんていない

子どものことを相談する時に心掛けていること

ほかの保護者に相談する時

もし、あなたが信頼できる人に相談を持ち掛けていて、それを勝手に仲間に口外されたらどう思いますか?

怒りますか?怒らなくても、いやな気持ちになるかもしれませんね。

私の所属している親の会でも、親子の間でそうしたトラブルがよくあります。

子ども自身の悩みを親同士で話題にし、それが回りまわって本人の耳に入り、
「どうしてそんなこと勝手にしゃべったの!」と親子の信頼関係が崩れてしまうのです。

親同士は仲間であっても、子どもにとって親の会の大人たちは仲間とは限りません。

ついそこの区別がつかなくなってしまうのはよくあること。

相談機関に相談する時

親が頼っている機関は親を支えるための機関だと私は思っています。

「子どものことで悩んでるんだから、子どものことを話さないとどうしようもないじゃない」と思いましたか?

確かに子どものことに触れなければ、何も相談できませんよね。

話していいのは、「親の私は子育てのこんなことが大変で困っている」だと私は考えています。


私の例でお話しすると、娘が不登校になった当初、家にいる時間が増え、
仕事を辞めざるを得なかった事があります。

当時、一人親でもあったため正社員の仕事は私にとって願ってもない条件でした。
仕事と家庭と、どちらを優先すべきか大変悩みました。

私の悩みは「仕事と家庭の両立」で、

娘の悩みは「学校に行けなくて困っている」ことでした。

親が子育てで悩んでいることが親の悩みです。

子どもが生きていく上で悩んでいることそれが子どもの悩みです。

親と子の悩みを切り離して相談するようにしました。

親子の信頼関係のために

相談機関で「それは違う!」と言った後も、娘は「パソコンの画面は絶対にみないで」「私の書いた絵を見ないで」と、
自分の内面に関心が向けられるのを極端に嫌がるようになりました。

といって何も話さないわけではなく、
気が向いたら自分の考えていることを話してくれたり、お気に入りの動画を見せてくれたりしました。

訪ねてくる学校の先生には、もっといろいろ見せていたので
「親だから見られたくない」という気持ちもあったのでしょう。

自分が子どもだった頃を振り返って想像してみると、
私だって親に自分の心の中を見られたらいやな気持ちになります。

そうした気付きから私は、勝手に娘のパソコン画面を見たり、彼女のSNSアカウントを見たりすることはしないようにしています。

それは絶対破ってはいけない信頼関係だと思っています。


子どもが打ち明けてきた時に「それは先生に話していい?」など許可をとって話すのはいいですが、勝手に話すのは子どもの気持ちを傷つけかねません。

小さなように思えても、子どもは1人の人格を持った親とは別の人間です。

それを忘れないようにしたいものですね。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

「ママ、20歳になったら胸を取る手術していい?」第二次性徴を迎えたアスペルガーの娘の言葉に母は、のタイトル画像

「ママ、20歳になったら胸を取る手術していい?」第二次性徴を迎えたアスペルガーの娘の言葉に母は、

アスペルガー症候群、ADHD、学習障害などといった発達障害のある子どもは、自分が女なのか男なのか、見た目ではわかってはいても、心の中の「自...
発達障害のこと
2241 view
2018/01/19 更新
毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!のタイトル画像

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!

小2で不登校、小3から引きこもり・昼夜逆転生活を送るようになったアスペルガーの娘。もともと味覚がとても鋭くスーパーのお惣菜も受け付けないの...
身のまわりのこと
17184 view
2017/12/05 更新
フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由はのタイトル画像

フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由は

中3の娘が通い出した技能連携校のプレスクール的なフリースクールは、学習時間が20分と大変少ないのが特徴です。「ただでさえ勉強が遅れているの...
学習・運動
4127 view
2017/10/23 更新
ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!のタイトル画像

ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!

アスペルガー症候群の娘は中学生になって大きくお手伝いの幅が広がりました。掃除や皿洗いは何も問題はないのですが、洗濯では娘の特性が表出し、泣...
身のまわりのこと
15408 view
2017/09/15 更新
不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…のタイトル画像

不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…

不登校の娘は、中学に一度も顔を出さないまま3年生になりました。そんな娘ですが「高校へは行きたい」と言っています。とはいえ、コミュニケーショ...
進学・学校生活
9829 view
2017/09/01 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。