気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とは

気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とはのタイトル画像

息子の子育てで落ち込んでいた私ですが、失敗から学んだことも沢山ありました。発達障害児の子育ては予想外の連続。私の体験談をご紹介することで、悩んでいる方のお力になれたら嬉しいです。

27b37cbcd1da7b04f8f78c990fe964c5804e0506 l
20925 View

子どもの躾、責められるのは親。いつしか周囲の視線が怖くなった

子どもが公共の場で問題を起こしたり迷惑をかけたりすると、周囲から「躾ができていない!」と言われることがあると思います。

その結果、自分の子育てを否定されて自信を失い、落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

問題を起こした子どもにも理由があるとはいえ、周囲から息子のことで責められ続けた私は、心身共に参っていました。

子どもに暴力は振るいたくない!と考えていた私は、手こそ上げなかったものの「どうして分からないの!?」と怒鳴りつけたり、やってはけない理由を延々聞かせたりしていたのです。

家でも外でも責められ続けた息子は目つきが険しくなり、チックの症状も出始め、そしていつの間にか笑顔が消えました。

まずは「落着いて」深呼吸!これだけで変化が

息子の異変に気がついた私は、「問題を責め続けることは、やはり間違っているんじゃないか…」と思い始めました。

しかし、このままではいけないとわかっていても、息子にどう接していいのか悩みます。考えた末、せめて「責めること」はやめてみようと思いつきました。

何か問題が起きても、まずは落ち着いてからゆっくりと話を聞いたり伝えたりしよう。

息子が目の前で何かをしてしまったとき、学校から問題があったと電話があった時など、自分の感情がカーッと込み上げてくるのを感じ、私はトイレに駆け込みました。

気持ちが落ち着くまで、トイレで深呼吸

落ち着いてくると、なぜ息子が問題を起こしたのか?いくつか予想を立てることが出来ました。すると、問題が起きないための対策も浮かんできました。

落ち着くことで「責めずに」息子と話せるように

自分の気持ちを落ち着かせることに慣れてきた頃、息子のトラブルを前に「責めずに」対応できたことがありました。

友達と公園へと出かけて行った息子、出先でゲームソフト失くし、帰ったら「無い!」と騒ぎ出したのです。

「絶対アイツが盗ったんだ!」と逆上して電話をかけようとしていました。

それを聞いた私は、ついいつものようにカーッとなって怒鳴り付けそうになるのをグッとこらえ、ゆっくりと深呼吸…すると、落ち着いて息子に状況を確認することができました。
私は友達にどう伝えればよいのか考え、息子に提案しました。

「ソフトが見当たらないから、間違って○○君のカバンに入ってないか見てくれる? 見つからなかったら、もう外にゲームは持って行っちゃダメってお母さんが言ってる。って伝えてみたら?」

この提案に息子も落ち着きを取り戻し、友達を責めることなく電話ができました。

その後ソフトは公園で見つかり、事態は収まったのです。

それまで自分の子育てや子どもへの対応に自信を失っていた私ですが、「叱責せずに問題解決できた」ことで少し自信を取り戻せたように感じます。

主治医のアドバイスは「いつも褒めること」?

一方で、息子の診断時に起こした勘違いもありました。

先生からの説明はおそらく「子どもが頑張っていることやできたことを褒めよう」という意味だったと思うのですが、私は「いついかなる時も褒めなければ」と理解していたのです。

ある日息子が娘に当たり散らす姿を目撃しました。必死に褒めポイントを探した私は、息子の口達者な部分を褒めることに。

「よく次から次へと言葉が出てくるね〜。息継ぎもしないで。」

すると、息子はそれまでのイライラした顔から急に表情を変えキョトンとした顔で私を見て「でしょ〜。すごいでしょ〜!」と言ったのです。

何でも褒めなければと必死になっていた私ですが、息子には効果があったようで自慢げなその顔からは怒りの表情が消えていました。

後から学んだのですが「気を逸らす」というのは、気持ちを落ち着かせるための1つの方法なのですね。

勘違いによる失敗ではありましたが苦し紛れにした対応が、息子の高ぶる感情を落ち着かせるヒントになりました。

息子を叱ってばかりだった過去を振り返って思うこと

これまで失敗の連続でしたが、精一杯やってきました。それでもまだまだ勉強中です。

発達障害児の子育ては予想外の連続。これからも対応を間違えたり軌道修正したりの繰り返しでしょう。

「間違いのない対応をしなくては!」と気を張り続けている方。

「また失敗してしまった…」と自分の対応に落ち込んでしまう方。

最初から上手に対応のできる方もいらっしゃるかもしれませんが、ひどい状況にいても抜け出せるキッカケはきっとあります。

お伝えしたいことは、失敗してもどこからだってやり直せるということ。

失敗から前に進めることもあります。

深呼吸して、落ち着いて対応を考えていきましょう。
「私の支援は間違いだったかも…」先生がそう言った1冊の本とはのタイトル画像
関連記事
「私の支援は間違いだったかも…」先生がそう言った1冊の本とは
子どものイライラは「気持ちをうまく言葉に出来ない」が原因かも?のタイトル画像
関連記事
子どものイライラは「気持ちをうまく言葉に出来ない」が原因かも?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

自閉症の子どもにはどう接するべきでしょうか?こだわりが多い、コミュニケーションが苦手など様々な特性のある子どもの子育てにおいて不安に感じる...
自分と家族のこと
98775view
2016/12/11 更新
髪型が気に入らない!と大パニックな娘に幼稚園バスの先生が一言のタイトル画像

髪型が気に入らない!と大パニックな娘に幼稚園バスの先生が一言

朝のお支度、こだわりに付き合いながら…
発語・コミュニケーション
62458view
2016/08/02 更新
大人にもおススメ!すぐキレる6歳の息子が考えたイライラ対処法のタイトル画像

大人にもおススメ!すぐキレる6歳の息子が考えたイライラ対処法

発達障害児の息子は、自分の気持ちをコントロールすることが小さい頃からとても苦手です。彼の頭は常に瞬間沸騰湯沸かし器。カーッとなったときに気...
発語・コミュニケーション
43783view
2016/12/22 更新
15年の歳月を越えて、『光とともに…』新装版が伝える自閉症児と家族の生きる物語のタイトル画像

15年の歳月を越えて、『光とともに…』新装版が伝える自閉症児と家族の生きる物語

2001年から約10年に渡って連載された、自閉症児とその家族の歩みを描いたマンガ『光とともに…』が15年の時を経て、新装版として発売されま...
発達障害のこと
17486view
2017/04/17 更新
発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたことのタイトル画像

発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたこと

発達検査、療育、障害告知、進路、就労などなど、障害を持つ子どもの親は「選択」と「決断」の連続です。その中でも多くの方が1度は直面するのが「...
発達障害のこと
35202view
2017/01/15 更新

この記事を書いた人

SONO さんが書いた記事

学校に行き渋る我が家の子どもたち、おこづかい制度に新システムを導入したところ…のタイトル画像

学校に行き渋る我が家の子どもたち、おこづかい制度に新システムを導入したところ…

お久しぶりです。学校になかなか行けない息子と、やはり時々何かしらで休んでしまう娘。そんな状態の我が家ですが、楽しく学ぶ視点や発想は失われて...
学習・運動
13396view
2017/06/04 更新
できないことが増える…それは息子にとって、必要な変化だったのタイトル画像

できないことが増える…それは息子にとって、必要な変化だった

子どもは様々なことが理由で、これまでできていたことも、できなくなることがあります。気付いたのは、「できない」ことが増えるのは、多くの場合は...
発達障害のこと
15505view
2017/02/01 更新
小4の娘が漢字を習得した方法で気付いた、学習支援で大切なことのタイトル画像

小4の娘が漢字を習得した方法で気付いた、学習支援で大切なこと

NPO法人HAHATO.CO盛岡支部SONOです。発達障害の子には、漢字や計算の繰り返し練習が苦手な子が多いですよね。我が家の子どもたちも...
学習・運動
30038view
2016/10/15 更新
気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とはのタイトル画像

気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とは

息子の子育てで落ち込んでいた私ですが、失敗から学んだことも沢山ありました。発達障害児の子育ては予想外の連続。私の体験談をご紹介することで、...
自分と家族のこと
20924view
2016/07/30 更新
凸凹っ子の勉強方法、どんな工夫ができる?わが家のアイデアのタイトル画像

凸凹っ子の勉強方法、どんな工夫ができる?わが家のアイデア

発達凸凹っ子は、物事のとらえ方や興味の持ち方が違ったりするので、学習のサポートでお悩みの方も多いと思います。 中の下だった息子の成績が上位...
学習・運動
39923view
2016/07/10 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。