子どもが自分で考えて動けるようになる「トークン表」とは?

子どもが自分で考えて動けるようになる「トークン表」とは?のタイトル画像

約1年前、日々の困り事または不適切な行動を減少させることを目的にトークンを始めました。それが今では私たち親子にはなくてはならないコミュニケーションを手助けするツールにもなっています。

F9db519c97dc5f0cdf3a6ee0d574c9cd36fb1c61 s
40776 View

トークンとは?

発達障害のあるお子さんの中には社会性が低く、

①始めること

②気を逸らさずに続けること

③最後まで終わらせること

こうした課題を苦手とし、困っている子が少なくありません。

この困りごとを少しでも解決できるよう、我が家で取り入れているのがトークンです。

トークンとは「やるべき課題を意識づけする」ためのツールです。

この①~③を達成するために「ごほうび」でモチベーションを高め、課題への取組みを容易にし、課題達成に導く仕掛けが「トークン」です。

我が家のトークンの「ごほうび」はスタンプ10個につき100円のお小遣いです。

そして、トークン表の全てのマスにスタンプが押された時は、このお小遣いを使うために買い物に行くという約束を子ども達としています。

トークンを使って子どものやる気を引きだす!

子どもが自分で考えて動けるようになる「トークン表」とは?の画像
我が家のトークン表
Upload By にのの
トークンを使う時に1番大切なのは「褒める」こと。

子どもをたくさん褒め、やるべき課題に取り組めたこと、課題を達成できたことを親子で喜ぶことで、子どもの一番のやる気に繋がると思います。

上の表が「我が家のトークン表」です。

大きなポイントは、具体的な課題が一切なく私の裁量でスタンプを押せること。

このように裁量制にした大きな理由は

・小さなことでも達成感を与えることができる

・姉妹それぞれ困り事や課題は異なるけれども、「トークン表」を個別に作る必要がない

・「課題の達成」を見える形にすることで、子どもがこれまで自分の課題として理解していなかったことを課題として意識づけ
ため

例えば、長女はソーシャルスキルが低く

・「ありがとう」を言えない

・ゴミをゴミ箱に捨てない

・静かに話を聞けない

といった日々の困り事があります。

そのため、望ましい行動が意識づけられるよう「人にお礼を言えた」「ゴミをゴミ箱に捨てた」時はすぐに褒め、スタンプを押しています。

まとめると、子どもがスタンプ押して貰えるシチュエーションは以下の通りです。

*褒められたとき(内容は一切問わず)

*お手伝いをしたとき(お手伝いの内容によってスタンプを押す量を増やす)

*何かを頑張ったとき・何か成果があったとき(例「運動会を頑張った」「水泳教室の試験で合格した」など)

このように柔軟な運用を心がけています。
説明しにくい「暗黙のルール」、お家で正しく楽しく教えるためにのタイトル画像
関連記事
説明しにくい「暗黙のルール」、お家で正しく楽しく教えるために

その効果は?

このトークンを始めてから、我が家ではこんなにたくさんの変化や利点がありました!

*子どもが自分の行動に自信がない様子であれば、良いところを見つけて褒め、「できたこと」を見せることで子どもに自信をつけることができた

*小さなことでも「できたこと」を共に喜ぶ機会が増え、日々の生活に笑顔が増えた

*なかなか定着しない課題は目標を低くし、取り組ませる。少しの努力でスタンプを押すことで、その課題等が意識できるようになった

*自分が日々どれくらい子どもを褒めているか、トークン表で確認できた(私自身の「褒める」行為の意識化

このように現在は、このトークンが私たちの親子の日々のコミュニケーションを手助けするツールにもなっています。

トークンで成長を共に喜ぶ機会を作ろう

トークンによるタスクの設定・ごほうびの与え方は幾通りも考え、アレンジすることができます。

けれども忘れてはならない大切なことは、子どもを褒める機会・できたことを一緒に喜ぶ機会をたくさん作ること。

それが、子どもの望ましい行動の意識化・定着化に繋がる大きな土台となるのではないでしょうか。
「自立して暮らすこと」を見据えて、子どもと今からできることって?のタイトル画像
関連記事
「自立して暮らすこと」を見据えて、子どもと今からできることって?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

にのの さんが書いた記事

どうやって決めたらいい?児童デイサービス選び、私なりの基準のタイトル画像

どうやって決めたらいい?児童デイサービス選び、私なりの基準

私がなぜ次女のために現在の「児童デイサービス」を選んだか、その理由についてお話します。
発達障害のこと
28730 view
2016/07/17 更新
アプリで脳機能をトレーニング!発達年齢も判定できる?のタイトル画像

アプリで脳機能をトレーニング!発達年齢も判定できる?

長女の発達凸凹を疑い出した頃「こども脳機能バランサー」というアプリを知りました。このアプリは、子どもが楽しみながら脳機能をトレーニングでき...
発達障害のこと
28682 view
2016/06/19 更新
家庭での具体的な配慮がわかる!発達検査の「検査報告書」とは?のタイトル画像

家庭での具体的な配慮がわかる!発達検査の「検査報告書」とは?

次女は3歳2ヶ月の時に病院で「新版K式発達検査2001」を行い、その結果等からADHD(注意欠陥性・多動障害)と診断されました。検査結果概...
発達障害のこと
49547 view
2016/06/12 更新
「ウチの子、迷惑かけてない?」アンテナを張り続け疲れた時は…のタイトル画像

「ウチの子、迷惑かけてない?」アンテナを張り続け疲れた時は…

長女は去年の春に自閉症スペクトラムの診断を受けました。その後、私は長女の行動に問題を感じる都度長女に適した療育や対応模索しましたが、問題が...
発達障害のこと
17342 view
2016/06/02 更新
説明しにくい「暗黙のルール」、お家で正しく楽しく教えるためにのタイトル画像

説明しにくい「暗黙のルール」、お家で正しく楽しく教えるために

自閉症スペクトラム症と診断されている長女は、きつい言葉使いをする、はっきり物を言いすぎる、年相応の一般常識が身についていない等、ソーシャル...
発語・コミュニケーション
36434 view
2016/05/15 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。