障害のカミングアウトはどうすれば?先生・ママ友・クラスメートそれぞれへの対応

障害のカミングアウトはどうすれば?先生・ママ友・クラスメートそれぞれへの対応のタイトル画像

親として子どもの障害を受け入れることが出来た後にやってくる課題。周りに伝えた方がいいのか否か?レッテルを貼られたり、かえって色眼鏡で見られて伸びる芽を摘んでしまうのではないか?また、どう伝えればいいのか?悩むところですよね。

A17554a0d2b15a664c0e73900184544f19e70227 l
19948 View
こんにちは。『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子です。

子どもの障害を開示するかどうか、悩みますよね。先生だけに開示するか、他の保護者にも伝えるか、クラスメートまで伝えるか…カミングアウトの範囲についても悩ましいところです。

今回は、私の息子が保育園にいた頃の経験をお話します。

はじめは悩んだ、保育園へのカミングアウト

息子が自閉症と診断をされたのは2歳のとき。すでに保育園に入園した後でしたから、診断の結果を園側に伝えた方がいいのかどうか悩みました。

周りの障害児ママ友の噂によると、障害があることを伝えて「うちの子はこう扱ってください」と要求すると「当園は療育機関ではありません。だったら他所へ行ったらどうですか」などと嫌味を言われることもあると、小耳にはさみました。

それから、
「自閉症だなんて伝えたら却って色眼鏡で見られてしまい、伸びるものも伸びなくなるのではないか。周りの2歳児も似たような子どもはたくさんいるじゃあないか。だったら個性が強いだけということに留めておいて黙っていようか」
と、思ったりもしました。

でもやはり、
「子どもの問題行動は親の愛情不足でも躾の仕方が悪いのでもない」こと、

それから、
「こういう特徴があるのでこう扱ってください」
という2点の要望をしっかりと話しておく必要性を感じました。

伝えなければ息子も叱られ、私も「母親としてなっちゃない」と責められ、“居心地の悪い場所で母子ともに小学校入学まで過ごさなくてはならなくなる”と思ったのです。

保育士には具体的なノウハウを

保育士に息子の障害のことを話そうと決心しましたが、先生は一人で10数人の2歳児を担任していて、とても忙しそう。

そんな時に「自閉症とはなんちゃら…」といった本や資料をどさっと渡しても、迷惑な話です。


そこで、園で具体的にどうしてほしいかを説明した、息子専用の資料を作ることにしました。以下はその一部です。

①タオルケットについて

・いつも持っているお昼寝用のタオルケットは精神安定剤です。
・昼寝以外の時も取り上げず、触っていることを許してやってください。その方が落ち着くと思います。

②パニックを起こしたときは

・余計な刺激を与えると、かえってパニックを増幅させることになります。
・なだめたりしないで放っておいてください。
・感覚過敏があり、背中をさすられることも本人は嫌うので、特にパニック時は身体には触れないでください。


一人で5人分くらい手のかかる息子。
パニックを起こしたり、集団行動をとれないときに「具体的にどうしたらよいのか」を伝えた方が、保育士も楽になると思ったのです。
障害のカミングアウトはどうすれば?先生・ママ友・クラスメートそれぞれへの対応の画像3
集団行動がとれない・紙芝居の時間も座っていられず寝転ぶ息子
Upload By 立石美津子

カミングアウトしたことで、ママ友とより親しくなれた

担任の先生だけでなく、他の保護者に対しても話をしなければ不十分だと思いました。

黙っていたら、
「立石君はお行儀が悪い子ね。真似しちゃだめよ」
なんて、息子が悪者扱いされていじめにあってしまうかもしれない…

他の保護者が園側に、
「どうして、立石さんの子だけが立ち歩いても許されるんですか?」
と詰め寄ったり、
母親である私に対しても「躾の出来てない家庭の子、愛情不足なんじゃないの」と言ってくるのではないか…

どんどん負の妄想は膨らんでいきました。

保育園のため、親が集まる保護者会も一切なかったのですが、せめて送迎時に顔を合わせる5~6人のママ達にはと、「実はうちの子は自閉症なんです。ご迷惑をかけることもありますがどうぞ宜しくお願い致します。」と伝えていきました。

迷惑そうな顔をして「障害のある子どもとは関わらせたくない」というママもいましたが、ほとんどのママ達は、
「わかった。協力できることがあれば何でも言ってね」
と温かい言葉をかけてくれ、息子の障害を開示することで、より親しくなれました。

中には、「え?鬱病みたいなもんでしょ。病気なんだったら治療したら治るんでしょ」という知識のないママもいました。

でも、そのかたにはまったく悪気はないのですから、
「そうじゃないのよ。病気じゃなくて先天的な脳の障害だから治らないの。小学生になっても中学生になっても大人になっても自閉症なの。だから宜しくね。」
と丁寧に特徴を教えてあげました。

「誰にでも得意不得意がある」他の園児への伝え方

保育士、保護者へのカミングアウトを済ませましたが、それだけではまだ不十分でした。他の園児にどう伝えるかが重要なのです。

年長さんともなると、子どもたちは周りをけっこうよく見ています。

「なんで○○君だけ教室を脱走しても許されるんだ」
と思い、あからさまに
「○○君はいつも悪いことしていて叱られないのにどうして僕は叱られるの?」
「先生はえこひいきをしている!」
と、保育士に詰め寄る子どももいます。

そんなとき「あの子は障害があるから」と説明しても園児は理解できません。また「あの子は悪い子だからいくら注意しても通じないのよ」もいけません。「5歳だけれども中味は赤ちゃんのようなものだから先生は許しているのよ」もNGです。

他の園児たちに差別の気持ちが生まれてしまうからです。


そこで私は担任に、
「『背が高い子、低い子がいるよね。走るのが早い子、遅い子がいるよね。それと同じで椅子に座るのが苦手な子も得意な子もいます。立石君は立ち歩くのがとても得意なのよ。そしてじっと座っていることが苦手なだけなの。だからみんなに許さないことも少し許しているのよ』こう説明すると他のお子さんは納得すると思います」と説明の仕方まで伝えました。

息子を守ることが自分の使命だと思っていたので、「なんと差し出がましいことをする親だ」
と保育士から思われてもよかったのです。

肯定的な大人のかかわりをみて、子どもたちも変わっていく

私と息子の保育園でのカミングアウト経験は以上のようなものでしたが、その後、こんな素晴らしい対応をしている幼稚園があることを知りました。

担任の先生は、自閉症の子どもが友達の水筒から勝手にお茶を飲む、弁当に箸を付ける、といった行動をした時でも、

「何で他の子の水筒から飲むの!」
「お友達のお弁当を食べては駄目でしょ!」
とは絶対に言わないのです。

子どもを否定するのではなく、肯定形で何度も何度も根気よく、
「次郎君は“次郎”と名前が書いてあるこの水筒から飲もうね」
「次郎君のお弁当箱に入っているものだけ食べていいんだよ」
と、丁寧に教えています。

そうすると、周りの園児たちは水筒や弁当箱からお茶やおかずを取られても、ギーギー泣いたり怒ったりしないで、先生の真似をして「自分の水筒から飲むんだよ」と教えるようになっているのです。

先生の後ろ姿を見て自然に学んでいるんですね。このような対応が、健常児にとっても「世の中にはいろんな人がいるんだ」というインクルーシブ教育につながっていくのだと感じました。

さらにこちらの幼稚園では、入園時に「当園は発達障碍児の受け入れもしています。いろんな行動をとることがありますが、ご理解頂いた上でご入園ください」と書いた紙を渡し、健常児の親たちに念書として一筆書かせているそうです。

だからクレームは一切でません。こんな対応ができる幼稚園、保育園が増えたらいいなと思います。

カミングアウトのメリット・デメリット

私と息子の場合、障害を開示したことでメリットばかりが生まれ、デメリットは一切ありませんでした。

自分(お母さん)だけ子どもを理解していても子どもは支援を受けることできません。

夫、祖父母、兄弟姉妹、親戚、幼稚園・保育園の先生、普段よく立ち寄るお店まで含めた地域社会で、特性ゆえの行動を理解され受け入れてもらうことで、子どもは居心地のいい環境で育つことができるのではないでしょうか。他人の目線を気にするよりも、我が子が幸せに過ごすことができる居場所を作ってやることが親の役割だと思うのです。

子どもを変えるのではなく周りを変えてしまいましょう。これは親が腹をくくって具体的に行動するしかないと私は思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか?

著書

障害のカミングアウトはどうすれば?先生・ママ友・クラスメートそれぞれへの対応の画像8
Upload By 立石美津子
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

塩せんべい さん
2016/10/17 08:41
たぶん自閉症スペクトラムの小学1年生の息子がいます。幼稚園の頃に周りの子供たちにお迎えのたびに周りの子供たちに今日は〜されたとか悪いことをしていたとか、いつも報告されて凹んでごめんねと謝っていました。子供たちにはこんな風に説明すれば良かったんだなーと今更ながら気がつけました。小学校は幼稚園ほど関わりはないかもしれませんが参考にしたいと思いました。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?のタイトル画像

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

知的発達に遅れがない発達障害の子どもの場合、通常学級への在籍を選ぶご家庭も少なくないでしょう。近年では通級による取り出し指導も充実してきて...
進学・学校生活
37795view
2016/11/21 更新
自閉症スペクトラム障害とは?年代別の特徴や検査方法、治療法を紹介します!のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害とは?年代別の特徴や検査方法、治療法を紹介します!

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
327026view
2016/09/29 更新
著者・自閉症児の母、立石美津子さんー完璧主義の教育ママが、息子のあるがままを受け止められるまでのタイトル画像

著者・自閉症児の母、立石美津子さんー完璧主義の教育ママが、息子のあるがままを受け止められるまで

自閉症のお子さんをもち、著者・講演家としてのご活躍の立石美津子さんが、新著『立石流子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』を発売されま...
自分と家族のこと
20852view
2017/01/11 更新
発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイントのタイトル画像

発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイント

お子さんが発達障害と診断されていると、小学校の進級先を「特別支援学級」にするのか、「通常学級」にするのか、すごく悩んでしまいます。生徒数も...
進学・学校生活
69204view
2016/10/26 更新
情緒障害とは?症状・原因・支援方法や、教育・福祉・医療における情緒障害の定義の違いを解説しますのタイトル画像

情緒障害とは?症状・原因・支援方法や、教育・福祉・医療における情緒障害の定義の違いを解説します

就学相談をきっかけに「情緒障害」という言葉を初めて耳にする方も多いのではないでしょうか?情緒障害は、子どもが何らかの要因により感情面に問題...
発達障害のこと
38979view
2016/10/24 更新

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

「好き」と「適性」どちらを選ぶ?自閉症の息子の接客訓練を見て…のタイトル画像

「好き」と「適性」どちらを選ぶ?自閉症の息子の接客訓練を見て…

好きな仕事をして食べていけるのは、人として幸せなことだと思います。“好きなこと=将来の職業”と一致しているのが望ましいのですが、なかなかそ...
将来のこと
3354view
2017/04/09 更新
支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…のタイトル画像

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…

子育ての渦中にいると目先のことに囚われてしまい、ここ一二年のことしか視界に入らないことがあります。 でも、人生80年。進学すれば卒業があり...
将来のこと
74241view
2017/03/19 更新
知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生はのタイトル画像

知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生は

特別支援学校の高等部に通う息子の授業参観日。息子が何時間も同じ単純作業をしている姿を実際目にして、なんだか悲しい気持ちになってしまいました...
将来のこと
45187view
2017/03/05 更新
自閉症の息子が10年ぶりに受けた知能検査。その結果を見た母の私は…のタイトル画像

自閉症の息子が10年ぶりに受けた知能検査。その結果を見た母の私は…

自閉症の息子に幼児期からさまざまな刺激を与えてきました。10年ぶりに発達検査を受けさせ、結果を目の当たりにしたとき、息子に対する見方が18...
自分と家族のこと
34606view
2017/02/19 更新
「障害」という表記は変えるべき?残すべき?皆さんはどう思いますか?のタイトル画像

「障害」という表記は変えるべき?残すべき?皆さんはどう思いますか?

「障害」という言葉の表記に対しては、今までも様々な議論がありました。最近では、「障がい」と表記したり、もともと使われていた「障碍」を常用と...
発達障害のこと
14247view
2017/01/29 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。