児童発達支援事業所
  • 空きあり
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

児童発達支援&保育所等訪問支援 BRIDGE(ブリッジ)

近隣駅: 新検見川駅、検見川駅 / 〒262-0025 千葉県千葉市花見川区花園2丁目1-25 万仁ビル1階D号
電話で聞く場合はこちら 050-3184-4849

11月24日!運動療育の黒船!バルシューレ体験説明会

研修会・講演会
こんにちは。校長のくまです。台風一過ですが、皆様はいかがでしたか。私は一日電車が動かず、パソコンとにらめっこの毎日でした。

さて来る11月24日金曜日
ドイツの運動プログラム、バルシューレの導入に際し、保護者の方々に向けての公開講座を行います。参加は無料です。

【バルシューレセミナー】
日時・・・11月24日(金曜日)
時間・・・10時半~12時(開場10時)
場所・・・BRIDGE新検見川
住所・・・千葉県千葉市花見川区花園二丁目1-25万仁ビル1階D号
講師・・・バルシューレジャパンより国際ライセンスを持つ特別講師が参ります!!

連絡は、043-307-8831またはinfo@dandelion-bridge
担当  森下まで

バルシューレの特別ページ・・・https://ballschule.jp/#ballschule
ぜひご覧ください。


バルシューレとは・・・Ballschule(バルシューレ)はドイツで生まれたボールを使った運動メソッド。
児童が楽しく関わりながらも、基礎運動能力・社会性・思考性・自発性を身に付けられる教育研究を背景に持ったボール遊び。

ドイツではすべての子供たちはまずバルシューレを学びます。特にADHDの子供たちには、改善プログラムとして重点的に繰り返し学べるように導入されています。
バルシューレは感覚統合や認知発達の視点も含んだ総合的な療育カリキュラムでもあるのです。


児童期の発達的特徴に合わせた運動教育

幼児期~児童期は人生の中でも運動能力の発達において非常に重要な時期です。また、脳重量においては成人の約90%に及ぶ重量はこの時期に形成されます。

 実はこの時期には、特定の競技で子どもたちの運動バリエーションを制限してしまうのではなく、幅広いスポーツの種目を越えたプレイ重視の運動を経験させることの方が重要です。

バルシューレは120種類を越えるボールゲームを通して様々な体の動きを経験するプログラムであり、児童期の発達的特徴に合わせた運動教育になっています。

目的は「基礎運動能力」と「自発性」の向上

習い事として特定の種目・競技の教室やクラブチーム等に参加をさせると、当然その目的は「競技力の向上」になります。そして、「競技力の向上」を目的とするからこそ、特定の運動パターンの反復練習となり、運動のバリエーションが制限されてしまうのです。
バルシューレは、基礎運動能力を高めるための動きを取り入れた120種類を超えるボールゲームを通して、様々な体の動きを体験します。また、バルシューレの認定資格を持った指導者は、技術指導をせず、ゲームの中で「どうやったらうまくやれるか」を子供達自身に考えさせ、自発的に探究していく環境作りを行います。
子ども達が夢中になって体を動かす過程で“基礎運動能力”と“自発性”を高める。
これが、バルシューレに取り組む目的です。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

児童発達支援&保育所等訪問支援 BRIDGE(ブリッジ)

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。