児童発達支援事業所
  • 空きあり
  • 送迎あり

ヨリドコロ横浜生麦

近隣駅: 生麦駅、花月園前駅 / 〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦3-8-11 1階
電話で聞く場合はこちら 050-3188-1414

2022年3月4日のヨリドコロ横浜生麦

教室の毎日
みなさまこんにちは☀️
3月4日(金)のヨリドコロ横浜生麦の様子をご紹介します✏️

この日は
①公園
②おやつ
③いちごのはじき絵
でした!

まず前半は【公園】に行きました!
隊長が「ジャンパーを着て、オレンジ色のビブスを着ていくよ〜。」とキッズたちに伝えると、
元気よく「はーい。」と言うキッズたち!

仲良く手を繋いで、張り切って歩くキッズたちでした♪
公園では、シャボン玉や虫探し、怪人退治(鬼ごっこ)などで遊ぶキッズ‼️
ヨリドコロに戻ってくる時も仲良く手を繋いで安全に戻ってきました(^O^)

前半のカリキュラム後は、手を洗って💦
おやつタイム✨

この日のメニューは
【サンドウィッチ】でした🥪
パンで挟んでいただきま〜す
トッピングは、
(ウインナー・ハム・チーズ・ハンバーグ)
がありました❤️
「サンドウィッチ食べた〜い。」
「ハンバーグ食べたい〜。」
など興味津々のキッズたち!

上のパンを挟まずに、ウインナー、ハム、チーズ、下にパンを敷いて食べるキッズも居ました(^^)
みんなもぐもぐと食べ進めていました😋
普段はパンを食べないキッズにもパンに挑戦する姿が✨

おやつの後は、【いちごのはじき絵】🍓

カリキュラム隊長が、作り方を説明します!
1. いちごを描く。
 (出来上がってるものを使っても良い。)
 →両面テープを剥がし貼り付ける。
2. 絵の具で塗る。
 →(赤色・ピンク色・緑色)
3. 完成

赤色のいちごを描くキッズや青色でブルーベリー味のいちご、緑色でスイカ味のいちごを表現するキッズも居て、ものすごく魅力的でした!
職員の力を借りずに自力で両面テープ剥がしに挑戦するキッズ(^。^)
自力で剥がすのはまだ苦手でも「できないから手伝って」と伝えるキッズも見られました!
中には白画用紙に白色のクレヨンでぐるぐる描くキッズが!!
絵の具を使いクレヨンで描いた部分が浮き出てきて、はじき絵をしっかりと理解した上でカリキュラムに取り組むキッズも居ました‼️

本当に子どもたちの力は無限大!
改めてそう実感した1日でした💖

お読みいただきありがとうございました!
気温の変化や新型コロナウイルスにも引き続きお気をつけてお過ごし下さい💦
また次回のブログでお会いしましょう〜😁
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

ヨリドコロ横浜生麦

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
上記チェックボックスよりメールアドレスで発達ナビにご登録される場合、利用規約個人情報の取り扱いについてに同意したことになります。
WEB問い合わせ を送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。