放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

ナーシング有松校

近隣駅: 有松駅、左京山駅 / 〒458-0902 愛知県名古屋市緑区有松三丁山584番1階
電話で聞く場合はこちら 050-3189-0634

結果に繋がる【バックワードチェイニング】って?

教室の毎日
本年も、関係者の皆様、こちらのブログをお読みいただけたあなた様、何卒よろしくお願いいたします。
スタッフ一同、元気いっぱいに今年もお子様に向き合います!


(下記、弊社ホームページの児発管ブログより転記)

【魔法の手法!バックワードチェイニング】
児童発達支援に通ってくるA君(4歳)は、いつもお昼にお弁当と動物のイラストが描かれたゼリーを3つ持ってきていました。
全く発語の無かったA君は、ゼリーの蓋を開けて欲しい時には、職員の手をつかみ(クレーン現象)ゼリーを取らすように、職員の手を動かすのでした。

そこで、バックワードチェイニングの手法を用いて『あけて』の3文字を最後の『て』から話すように訓練をしました。(実際には訓練と言っても、昼食時にゼリーを食べる時だけです。)
職員が最初に『あ・け・て』と発音し、A君には最後の『て』だけを模倣してもらうのです。最後の『て』が言えると、職員はゼリーの蓋を開けてゼリーを渡し、A君はゼリーを食べることができます。
このように、A君にとってのご褒美であるゼリーを食べることができるので、一週間後には職員が『あ・け』だけを言うと、A君は自分から『て』と言うことができるようになりました。
これを続けていくうちに職員が『あ』とだけ言うとA君は『けて』と言えるようになり、3週間後には職員が『ゼリーどうするの?』と聞くと、A君から『あけて』と、話せるようになりました。

この他にも、抱っこについては、職員が最初は『だっこ』と、全て話し、A君には『こ』だけ模倣してもらいました。
そうすることで職員が『だっ』だけを言うと、A君は『こ』と言えるようになり、本人が望んでいた抱っこをして貰える事で、最終的には『だっこ』と、A君自身が要求することができました。(言えた際には、強化する為に必ず抱っこで応えます。)

バックワードチェイニングを用いることによって、A君は自分の要望を伝えることができるようになった(※その時周囲はご褒美として、しっかり要望を遂行します)ので、一語文ではありますが単語で自分がやって欲しいことを伝えることができるようになりました。
これには、A君が通っていた療育センターの言語聴覚士さんも「どのようにして訓練したの?!」と、びっくりして事業所に確認に来られていました。

因みに『あけて』が言えるようになったA君は、台所に設置されてたベビーゲートを『あけて』とか、アイスの蓋やおもちゃの箱等も『あけて』と嬉しそうに話すようになったと保護者の方から報告がありました。

いつも成功体験で終わり、時にはご褒美が手に入る事で行動が強化されるバックワードチェイニング!
是非とも皆さんやってみてください!


========
2020/12/1 ナーシング有松校OPEN!
※今月より開所日が変更になりました。
月・水・木・土:放課後等デイサービス
火・金・土:児童発達支援

時間等の詳細は、ホームページのお知らせをご覧ください。
今年は4日(月・祝)より開始!
お子様と一緒にご見学も可能です。

本年も皆様にとって素晴らしい1年となりますことを、スタッフ一同心より願っています。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

ナーシング有松校

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。