児童発達支援事業所
  • 問い合わせ受付中
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

KIDSBASE さんかく

近隣駅: せんげん台駅、武里駅 / 〒343-0044 埼玉県越谷市大泊378-3
電話で聞く場合はこちら 050-3177-2868

発達障害の症状と対応について

教室の毎日
KIDSBASEさんかくの田原(公認心理師・臨床心理士)です。
今日は発達障害について考えてみたいと思います。
現在、発達障害とは神経発達障害(neuro developmental
disorder)と呼ばれるようになり、染色体との関連が指摘されるようになっています。つまり、親御さんの育児が問題という考え方自体が古くなっているように思います。症状は、知的障害から注意欠陥や多動性、衝動性(注意欠如多動症:ADHD)、想像力の欠如、対人関係の苦手さ(自閉スペクトラム症:ASD)、書字障害、読字障害、計算障害(限局性学習障害:SLD)、運動性障害、チック、吃音等、さまざまな症状が連続的に起こります。これまでの対応としては、子どもの良いところに注目して成功体験を積ませ、自尊感情を高めることが良しとされてきたように思います。実際、これまで小、中、高校、大学で勤務してきましたが、発達障害の傾向をお持ちのお子さんはどこにでも存在いたします。例えば、中学校に進級し、ADHDの症状は治まってきたが、ASDの症状が気になってきた、こだわりが強く切り替えができないため集団生活が難しい、友達とは楽しく遊べるが勉強ができない等のお話をよく耳にします。お子さんの成長とともに治まっていく症状もありますが、成長しても残ってしまう症状もあります。そこで必要な視点は、「適応」だと思います。どんな傾向があっても「適応」が良ければ何とかなることも多いのですが、学業不振や対人関係から不登校やひきこもりになってしまうケースも少なくありません。勉強ができないなら、どこでつまずいているのかを考えます。視覚情報の処理に苦手さがあれば、音声情報(繰り返し読みながら)で練習することや意味づけすることで覚えやすくすることもできます。対人関係に関しては、想像力が欠如しているなら、想像力を高めることが求められるし、アウトプットが苦手なら、語彙力を高めることが必要になります。また、こだわりや思い込みの強さ、切換え柔軟性のなさが集団生活に影響している場合には、認知の幅を持たせること、いろいろな経験や体験が大切になると思います。その子どもの能力も状態もさまざまなので、まずは個人の問題や課題を明確にすることが不可欠です。もちろん放っておいても子どもは成長するかも知れません。しかし、その成長の質を少しでも高めることができれば、よりよい将来を創造できるのではないでしょうか。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

KIDSBASE さんかく

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。