「言語優位」の検索結果

約450名の当事者が回答!女の子の発達障害、勉強や仕事、恋愛、交友関係など悩みや解決策は?
「女の子の発達障害」は、分かりにくく、診断が遅れがちとも言われています。 そこで今回、LITALICO発達ナビのユーザーにアンケートを実施。発達障害のある当事者や、保護者からの声がたくさん集まりました。 ...
公開日:2018/01/24
娘が下した「学校に行かない」という選択。それから1年。子どもたちに起こった変化とは
二学期が始まりましたね。「学校へ行きたくない」とお子さまが訴え、悩まれているご家庭もあるかと思います。1年前、2学期の始業式に出席したのを最後に「学校をやめる」と宣言した娘。家で学ぶことを選択した子どもたちに...
公開日:2017/09/17
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと
NHKが2017年5月からスタートした「発達障害プロジェクト」。複数の番組横断で発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、悩みや対策を伝えていく試みです。5/21(日)のNHKスペシャルを見て...
公開日:2017/05/22
NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えます
2017年5月16日にNHKが「発達障害プロジェクト」をスタート。1年間かけて複数の番組横断で、発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、悩みや対策を伝えていきます。今回のコラムでは、プロジェ...
公開日:2017/05/17
人の会話に割り込むのは「衝動性」が原因?でも6歳の息子の場合は…
息子は人が会話をしているとすぐに邪魔をして割り込んできます。この行動はADHDの「衝動性」の観点から説明をされることが多いですが、息子の行動を見ていると、実は別の理由があるようなのです…!
公開日:2017/02/16
ADHDな6歳の息子、視覚優位を生かした学習法でこんなに変わった!
絵本をたっぷり用意して図書館通いもしているのに、猛スピードでページをめくるだけで本の内容を楽しめない息子。どうすれば知識を増やし、息子の世界を広げることができるのでしょうか?
公開日:2017/02/14
愛するわが子の顔を思い出せない。それが発達障害の特性だと知り…
発達障害の特性の1つに「人の顔が覚えられない」というものがあります。(全ての方が持つ特性ではありません)私はずっと、自分がこの特性を持っていると知らずに生きてきたのです。
公開日:2017/01/31
ニュースを読み上げるかのように話す発達障害の息子。そこには彼なりの言葉との格闘が…
6歳の息子は言葉に強いこだわりがあります。年齢不相応な難しい言葉ばかりを使うため、言語能力が高いと評価されることが多いです。しかし実際は、ある理由から苦しんでいるのです。
公開日:2017/01/26
知ってよかった!頭の良さや覚え方に関係する「認知特性」の話
発達障害と診断された我が子を少しでも理解したい。模索する日々の中で出会い、今でも一番役立っているのが「人によって認知特性が違う」というお話しでした。
公開日:2016/09/01
子ども達の発達の凸凹を支えたい!支援ツールを作るとき、アイデアはどこからくる?
「折角、素敵な凸凹があるんだもの。欠点克服ではなくて、苦手な凹は工夫して上手につき合えばいい」と考えて子育てしている私。今まで数多くのアイデア支援ツールを発明し、育児をしながら、楽々かあさんとして発信を続け、...
公開日:2016/07/25