吃音(きつおん)とは?吃音の3つの種類や症状、原因、治療法について詳しく解説!

吃音(きつおん)とは?吃音の3つの種類や症状、原因、治療法について詳しく解説!のタイトル画像

吃音は「どもり症」とも呼ばれ、言葉につまってしまったり、スムーズに発話ができない・言葉そのものを発することができないといった症状が現れます。この記事では吃音の症状や原因、さまざまな治療法について紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
301575 View
目次 吃音とは? 吃音の種類別の症状 どういった場面で吃音は発現しやすいの? 吃音の原因 吃音は自然となくなるの?治療は必要? まとめ

吃音とは?

吃音とは、発音や言葉の明瞭さ、聞き取りに困難さがある状態のことをさします。吃音は、吃音症(英語でstutteringもしくはstammering)や、どもり症とも呼ばれています。吃音はその子の特性のひとつで、環境を整えたり、接し方を変えることで、逆に特性として活かすことができます。

この吃音は、男女比でいうと男4:女1になっており、男性の方が多いとされています。

男女比は4:1くらいで、男性に多いですが,幼児期は男女差はあまりありません

出典:http://www.rehab.go.jp/ri/kankaku/kituon/overview.html#sec-d
わかりやすいように、吃音の会話の一例を紹介します。

通常:「わたしは、リンゴが好きです。」
吃音:「わ、わ、わたしはぁーーーーー、りっ、りん、りんごが、す、すーーーーきで、す。」

と、話す時に言葉がうまく発音できないことが多いです。

しかし、環境を整えたり、工夫して接することで、症状をやわらげることはできます。また、本人の自己肯定感が下がることを防ぎ、二次障害などにつながることもなくなります。

吃音には難発型・伸発型・連発型の3つの型があり、次の項目で詳しく説明していきます。

吃音の種類別の症状

吃音の主な症状としては、言葉を発しようとする際に言葉がつまってしまうことです。これは、長い言葉でなくても、あいさつやお礼といった短い言葉でもなってしまいます。そして、瞬間的な返事をするときも、すぐにぱっと言葉が出てこないことが多いです。

吃音には主には3つの種類があります。3つの型にしたがい、吃音の症状について具体的な特徴を説明していきます。これらの種類は併発している場合もあります。

難発型の吃音

この難発型は,言葉そのものを発するときに詰まってしまう型のことを言います。

具体的な特徴としては、
・無理して言葉を発しようとすると、顔が歪み、体が硬直してしまう
・そもそも、言葉の最初の一音が出てこない
・知力や言語能力は十分にあるが、伝えたいことが伝えられない
などが挙げられます。

伸発型の吃音

この伸発型は,最初の一音が伸びてしまう状態です。
例:「あした」→「あーーあーした」

具体的な特徴としては、
・話していると言葉の語尾をよく伸ばす
・難発型をかくすために、伸発型の吃音になる
・「えー、あー」といった音を文章の間に挿入してしまう
などが挙げられます。

連発型の吃音

この連発型は,同じ単語や音を繰り返して発音してしまう型です。繰り返し言葉を発してしまうことから、「間発性吃音」とも呼ばれます。
例:「こんにちは」→「こ、こ、っこんにちは」

具体的な特徴としては、
・文章や言葉の1音目を繰り返し発してしまう
・連発型の吃音を隠すために、難発型・伸発型の吃音になる
・最初の1音以外は流暢にしゃべられるが、一息置くとまたどもってしまう
などが挙げられます。

その他の症状

吃音には以下のような症状もあります。

■随伴運動
不自然に体を動かしてしまいます。

■吃音回避
どもりやすい言葉や、苦手な行を話さないように、しゃべらないようにします。

■動悸息切れ
吃音に対する不安や緊張から、動悸が激しくなったり、呼吸が荒くなったりします。

■変動現象
どもりが起こっていない状態でも、突然吃音が起こってしまう状態です。

どういった場面で吃音は発現しやすいの?

苦手な行の言葉を発しなくてはいけない時

吃音をもっている人の中には、「サ行が苦手」や「タ行が苦手」など、その人特定の苦手な行がある人がいます。この行や苦手な言葉を発さなくてはいけないときに、吃音を発現してしまうことが多いです。

周りの目を気にしすぎたり、不安な状況

吃音を周りの人から笑われたりからかわれたりする経験があると、周りの目を気にしてしまうようになります。学校で音読しなければならない時や皆の前で挨拶をするときに緊張してしまい、吃音になってしまうことがあります。

どもらないようにしようと、吃音を意識しすぎた時

吃音の理解がない人に、吃音のことを注意されたり叱責されたりすることで、必要以上に吃音を意識してしまうことがあります。吃らないように気をつけると、逆に症状が悪化してしまうことが多いです。

吃音の原因

精神的な緊張が声帯や口唇(こうしん)などの発声器官の運動を阻害することによって、吃音が起こると考えられています。これが発生する要因として以下の心理的要因・先天的要因・脳の要因・環境要因の4つが考えられています。

1.心理的要因

きっかけになったトラウマ経験が心理的要因となり、吃音症の原因となると考えられています。このトラウマ経験にはストレス・いじめ・過度なしつけといったものが考えられます。

2.先天的要因(遺伝)

先天的要因によるものかは、諸説あり、吃音の親族がいる家系では子どもも吃音となりやすいという仮説もありますが、これは環境要因によるものだとの反論もあります。

3.脳の要因

海外では、脳の一部に問題があり吃音症になるといわれています。脳に問題があることで、トラウマ経験といった心理的要因も関係して症状をひどくする可能性があるとも言われています。

4.環境要因

子どもが言語を獲得していく段階で、パパやママとの会話や子どもを取り巻く言語獲得の環境を受けて吃音になることがあります。これは未就学児にかぎらず、ある程度大きくなってからも周りの環境により、吃音になることもあります。

吃音は自然となくなるの?治療は必要?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

アダルトチルドレンとは?症状や、生きづらさの原因は?回復のアプローチや取り組み方も解説しますのタイトル画像

アダルトチルドレンとは?症状や、生きづらさの原因は?回復のアプローチや取り組み方も解説します

アダルトチルドレンは、「子ども時代に、親との関係で何らかのトラウマを負ったと考えている成人」のことです。自己認識の概念であり、医学的な診断...
自分と家族のこと
12936 view
2018/02/16 更新
女の子の発達障害、思春期に起こる身体と心の変化とは?時期特有の悩みごとや、その対処法を説明しますのタイトル画像

女の子の発達障害、思春期に起こる身体と心の変化とは?時期特有の悩みごとや、その対処法を説明します

思春期は子どもから大人に移ろう時期。心身の変化に戸惑いを感じやすく、本人だけでなく、周囲の大人も戸惑い、不安な気持ちを抱くことが多くありま...
発達障害のこと
17990 view
2018/02/02 更新
発達障害の女の子と親が読みたい本10選! 発達障害理解、思春期のサポートに 役立つ本を紹介のタイトル画像

発達障害の女の子と親が読みたい本10選! 発達障害理解、思春期のサポートに 役立つ本を紹介

発達障害のある女の子は、思春期を迎えるころとなると、心身の変化や性、将来についてなど、戸惑いを感じることが増えてきます。そのため、子どもの...
自分と家族のこと
14469 view
2018/02/01 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。