吃音(きつおん)とは?吃音の3つの種類や症状、原因、治療法について詳しく解説!

2016/01/18 更新
吃音(きつおん)とは?吃音の3つの種類や症状、原因、治療法について詳しく解説!のタイトル画像

言葉の一部を繰り返したり引き伸ばしたり、言葉が詰まってしまったりと、滑らかに話すことができない症状が現れる、吃音。この記事では吃音の症状や原因、さまざまな治療法について紹介します。

発達障害のキホンのアイコン
発達障害のキホン
854745 View
目次 吃音とは? 吃音の症状 どういった場面で吃音は発現しやすいの? 吃音の原因 吃音は自然となくなるの?治療は必要? まとめ

吃音とは?

吃音とは、滑らかに話すことができない状態を指し、吃音症(英語でstuttering)とも呼ばれています。

吃音のある人の男女比は、幼児期の発症時には1:1から1.4:1程度と同じくらいの割合ですが、青年期以降になると、4:1程度で男性の方が多いとされています。
わかりやすいように、吃音の一例を紹介します。

「か、か、からす」「かーーらす」「・・・・からす」

このように、話し言葉が滑らかに出ません。
しかし、環境を整え接し方を工夫したりすることで、症状の悪化をやわらげたり、自己肯定感の低下や二次障害を防ぐことができると言われています。

吃音には連発・伸発・難発の3つの中心となる症状があり、症状については次の項目で詳しく説明していきます。
国立障害者リハビリテーションセンターホームページを加工して作成

吃音の症状

吃音の代表的な症状について説明します。これらは併発する場合もあります。

連発(繰り返し)

音や語の一部を繰り返してしまう状態をさします。
例:「こんにちは」→「こ、こ、こんにちは」

伸発(引き伸ばし)

語の一部が伸びてしまう状態です。
例:「あした」→「あーーあーした」

難発(ブロック)

言葉を発するときに詰まってしまう状態を言います。
例:「おはよう」→「(……)っおはよう」

その他の症状

吃音には以下のような症状もあります。

■随伴運動
話す場面で顔をしかめる・足を叩く・舌を出すなど、必要以上に体の一部に力が入ったり動かしたりすることがあります。

■工夫・回避
どもりやすい言葉や苦手な行を話さないように、他の言葉へ置き換えたり、話すことを避けようとすることがあります。

■波現象
吃音の現れ方には波があります。特定の要因なく吃音が出やすい時期・出ない時期とが繰り返し現れることが多いとされています。また、話している状況・内容・相手などによっても変化する場合もあります。
吃音は「多く生じる時期」「少ない時期」があると捉え、吃音の現れ方に一喜一憂し過ぎないように心がけましょう。
国立障害者リハビリテーションセンターホームページを加工して作成

どういった場面で吃音は発現しやすいの?

苦手な行の言葉を発しなくてはいけない時

吃音のある人の中には、「サ行が苦手」や「イ段が苦手」など、特定の苦手な音や言葉がある人がいます。このように苦手な言葉を発さなくてはいけないときに、吃音が現れることがあります。

周りの目を気にしすぎたり、不安な状況

吃音を周りの人から笑われたりからかわれたりする経験があると、周りの目を気にしてしまうようになります。学校で音読しなければならない時や皆の前で挨拶をするときに緊張してしまい、吃音が生じる場合があります。

どもらないようにしようと、吃音を意識しすぎた時

吃音の理解がない人に、吃音のことを注意されたり叱責されたりすることで、必要以上に吃音を意識してしまうことがあります。吃らないように気をつけると、逆に症状が悪化してしまうことがあります。

吃音の原因

吃音には、小児期に他の原因となる疾患がなく起きる発達性吃音と、疾患や心的ストレスなどの原因で起こる獲得性吃音があります。それぞれの特徴を以下にまとめました。

発達性吃音

小児期にみられる吃音のほとんど、成人でも9割以上の吃音は発達性吃音です。
発達性吃音は、2歳から4歳の頃に発症することが多い発達過程の症状で、成長するにつれ解消する人も多いと言われています。その後に渡って症状が残る場合に考慮される原因として、遺伝的要因、発達的要因、環境要因などがあり、これら様々な要因が関わっていると考えられていますが、まだ確定的な研究結果はでていません。

獲得性吃音

一方、獲得性吃音は2種類あります。

■獲得性神経原性吃音
神経学的疾患や脳損傷などにより発症

■獲得性心因性吃音
心的なストレスや外傷体験に続いて生じる

どちらも発症時期は主に青年以降(10代後半~)とされています。

吃音は自然となくなるの?治療は必要?

吃音は自然と治るの?いつまで症状は続くの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
294967 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
1099128 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
9129 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。