言語療法・言語聴覚療法とは?言語療法の対象となるのはどんな人?具体的な方法、費用について紹介します

言語療法・言語聴覚療法とは?言語療法の対象となるのはどんな人?具体的な方法、費用について紹介しますのタイトル画像

言語療法(言語聴覚療法)とは、日常生活を送る上で欠かせない、話す、聞くなどの機能に障害のある子どもや成人に対して行われるリハビリテーションのひとつです。ここでは、言語療法が対象とする障害、具体的な指導、支援の内容や、言語療法を受けることのできる施設や費用について体験談を交えて詳しくご紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 l
44545 View
目次 言語療法・言語聴覚療法とは? 言語療法を受けられるのはどんな人? 言語療法は具体的にどんなことをするの? 子どもの言語療法 言語療法を受けるためには? 言語療法の体験談 まとめ

言語療法・言語聴覚療法とは?

言語療法とは、言葉を話したり聞いたりする機能に障害がある人に対して、日常生活を円滑に送るために行われるリハビリテーションのことです。言語療法は、英語ではspeech and language therapyと表記され、しばしばSTと呼ばれています。

言語療法が対象とするのは、言語機能の障害、話し言葉の障害ですが、食べたり飲み込んだりする嚥下(えんげ)機能の障害もリハビリの対象とされます。聞こえに関する障害のリハビリも行われる場合には、言語聴覚療法ともいわれます。

言語療法を受けられるのはどんな人?

言語療法が対象とするのは、言語障害、言語発達性遅滞(子どもの言葉の遅れ)、発音・発声に関する障害などがあります。言語療法ではこれらに対して検査を行いその結果から個々人にあったリハビリの計画を立てて、改善していきます。

ここでは、言語療法が対象とする障害や状態には具体的にどのようなものがあるかを紹介します。

脳機能の障害による言語障害

言語障害とは、発語や発声や運動器官に問題がないものの、脳の言語機能・高次の認知機能の障害が起こることにより、聞いた言葉を理解できなかったり、言いたい言葉が口から出なくなってしまう障害のことです。主に以下のような疾病が関わっています。

■失語症
失語症とは「言葉の記憶喪失」のような状態であり、いったん獲得された言語知識が脳の損傷により失われてしまうことです。失語症では、言語中枢に障害が現れるため、話すことのほか、相手の言ったことを理解することにも障害が現れます。

■高次脳機能障害
高次脳機能障害とは、見たり聞いたりしたことを把握し理解する脳の認知の機能の障害のことです。その結果、記憶や注意や認知において障害が起こります。例えば、注意力が削がれやすかったり、集中力が長く続かなかったり、新しいことを覚えられなかったりします。そのため言葉が出てこないのです。認知症や記憶障害なども、高次脳機能の障害のひとつです。

言語発達遅滞(子どもの言葉の遅れ)

言語発達遅滞とは子どもの言葉の遅れを指し、生活年齢から予測される平均的な発達状態よりも、言葉の表出や理解が大幅に遅れていることをいいます。

その原因は、耳の聞こえに関する問題や、言葉の理解に関する問題、または、発達障害や知的障害など脳の機能に問題がある場合、または、ただ言葉が出るのが遅れているだけなどさまざまな場合があります。

言葉が遅れるパターンは大きく分けて2通りあります。ひとつ目は、その子の言葉を獲得するスピードが「ただ遅いだけ」というものです。子どもの成長のスピードは個人差が大きく、その場合、乳児期の時点では言葉が遅れていても、年齢が進むにつれて、遅れが目立たなくなることも多くあります。

もうひとつは、発達や聴覚に障害のある可能性があり、その兆しとして言葉が遅れる場合です。この場合には、治療や発達を促す療育的なトレーニングを受けることになります。
言語発達遅滞とは?言葉の遅れ、言葉が出ない原因、家庭でできるトレーニング、相談先まとめ大公開!のタイトル画像
関連記事
言語発達遅滞とは?言葉の遅れ、言葉が出ない原因、家庭でできるトレーニング、相談先まとめ大公開!

発音・発声の障害

言語療法では、発音や発声に関する障害もリハビリの対象とします。声帯や舌、唇などを使う動作や、音を作り出す体の器官がうまく機能しないことにより起こります。これらの障害は、身体の部位が物理的に損傷を受けて起こる後天性のものと、先天性のものがあります。発声や発音の問題は、子どもの言葉の遅れに関わることもあります。

■声の障害
大きな声が出なかったり、かすれ声になってしまったります。

■発声の障害
例えば、「さかな」というところを「しゃかな」と言って、「さ」が「しゃ」という別の音に置き換わってしまったり、呂律(ろれつ)が回らなくなったり、音が省略される状態を指します。

■吃音(きつおん)の障害
同じ音を繰り返したり、言葉が円滑に出ずに詰まったりすることを指します。例えば、「みみみみかん」と同じ音を繰り返したり、「みーかん、」音が引き延ばされたり、「・・・・・みかん」など、言う言葉がとっさに出てこず、詰まったりします。
吃音とは?症状、原因、治療法を解説!のタイトル画像
関連記事
吃音とは?症状、原因、治療法を解説!

嚥下(えんげ)、咀嚼(そしゃく)の障害

言語療法では、口腔の機能、つまり食べることに関する障害も改善できます。食べることに障害があると、食べ物が肺に入っておこる肺炎や食べ物による窒息など生命に危険を及ぼす可能性のほか、低栄養による体力・免疫力の低下が起こった結果、食べる喜びも失われます。

また、言語聴覚療法の場合には、難聴などの「聞こえ」に関する疾病や障害のリハビリも行います。

言語療法は具体的にどんなことをするの?

言語療法は言語聴覚士を中心に行われる

言語療法は、主に専門家である言語聴覚士(ST/Speech-Language-Hearing Therapist)により行われます。言語聴覚士は、文部科学省または厚生労働省が指定する養成校で学び、言語聴覚士国家試験に合格している「話す」「聞く」「食べる」のリハビリに関するスペシャリストです。

また、言語療法は、言語聴覚士を中心としながらも、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などと連携し、チームで連携しつつ行われます。
言語聴覚士(ST)とは? 言語聴覚士の資格・お仕事、言語聴覚療法についてくわしく紹介しますのタイトル画像
関連記事
言語聴覚士(ST)とは? 言語聴覚士の資格・お仕事、言語聴覚療法についてくわしく紹介します

言語療法の種類

■個人の言語療法
専門家から1対1で直接、言語療法を受けることをいいます。個人のセッションの場合には、基本的に20~60分ほどの面接・訓練を、1週間~1ヶ月に1度行います。移動が困難な場合には、在宅によるリハビリテーションが行われることもあります。

■集団の言語療法
集団の言語療法とは、患者さんの社会性やコミュニケーション能力の向上を目的とします。似たような状況にいる人が集まることで助け合いながら治療を行うことができるとともに、他の人の意見を聞くことで客観的な視点を養うことができます。集団における言語療法は、歌を歌う能力を利用したり、体操をしたりしながら、言葉の出やすい身体づくりを目指します。

言語療法って具体的にどんなことをするの?

言語療法は、大きく分けて、発声、発話能力の獲得と、意思疎通を支えている高次脳機能の獲得を目指すという、2つのアプローチがあります。これらは、それぞれにリハビリの内容や注意点が異なります。

1. 発音や発声の機能の獲得
構音障害、発声に関する機能に障害がある人に対して、声を出すための基礎となる姿勢や呼吸を意識しながら、口の運動を通して、発声・発音の練習を行います。

例えば、発声のために必要な姿勢についての指導や、全身の運動、深呼吸を行います。重度の障害の場合は、発声や発音の練習だけでなく、字を書いたり、50音表を指さしたりするなどコミュニケーションの補助手段も用いるようにします。

2. 言語をつかさどる脳の機能の獲得
脳は、言葉を理解したり言葉を発する指示を出すなど、他人とのコミュニケーションを支える大事な機能をつかさどっています。

トレーニングの中では、本など一般に用いられる教材に加え、タブレット機器が用いられることもあります。

■失語症の場合
知能・心理検査によって、「聞く」「話す」「読む」「書く」のすべての言語的な検査、評価し、状態を分析します。そして、本人の状態に合わせてトレーニングのプログラムが組まれます。失語症のトレーニングの一例を以下に挙げます。

・耳で聞いたり、目で見せたりして、言葉の理解力を伸ばす練習
・絵や文字を見て、その言葉を言う練習
・日付・名前など、自分にとって身近なものを紙に書く練習
・言葉以外の方法でコミュニケーションをとる練習

■高次脳機能障害の場合
知能・心理検査によって、障害の状態や問題点を挙げ、本人の状態に合わせてトレーニングのプログラムが組まれます。高次脳機能障害トレーニングの一例を以下に挙げます。

・注意力を強化する練習
・新しく体験したことを覚える力を伸ばする練習
・物事を計画し、順序立てて実行する力を伸ばす練習
・疲れやすい、またはやる気が出ないなどの社会的行動障害に対する対応

また、その他にも、家族に対する症状の説明、本人が社会生活を営むための家族への援助や、本人への心理的ケアなど様々な側面からも行われます。

子どもの言語療法

子どもの言葉の遅れには、年月を経るごとに自然と言葉が追いついてくる場合と、発達障害や聴覚障害の兆しとして言葉が遅れているという2つの場合があります。子どもが幼い段階ではその違いに判別がつきにくいことが多いですが、言語療法のトレーニングを受けていると、後から何らかの障害があるとわかった場合にも、専門家を通して適切なサポートを受けることができます。

子どもの言語療法では、言葉に対してだけではなく、運動やコミュニケーションなどその子どもの発達全体に働きかけるようなトレーニングが行われます。

子どもへの言語療法の流れは、以下のようになります。

検査

保護者への問診、遊びを通した行動評定、聴力検査、発達検査、言語学習診断検査などにより、言葉の遅れや偏りの原因を見極め、支援の目標やトレーニングが決められます。

支援、トレーニング

子どもの言語療法の支援は、個人へのアプローチ、環境へのアプローチ、家族へのアプローチの3つの観点から行われます。

■個人に対して
子どもが楽しみながら社会性を伸ばし、日常生活で使える言葉を獲得することを目指して、個別、または集団で遊びを取り入れたトレーニングが提供されます。

子どもの言語の発達レベルに合わせて、聞く、読む、話す、書くことという言葉全般に働きかけてトレーニングを行っていきます。

その他には、コミュニケーションの面を伸ばすトレーニングも豊富に行われます。個々人によって原因は異なるものの、言葉に遅れや偏りがみられるときには、コミュニケーションの面にも偏りがみられることが多いためです。

楽しんで取り組めるような課題に取り組ませる中で、子どもが自発的に言葉を話せるようになることを促します。

例えば、「それ、とって」「もう1回」「どこ?」など、相手へ発信する言葉や、自発的なコミュニケーションなどです。保護者が付き添ってよいこともあれば、保護者と離れて別の部屋で行うこともあります。

■環境に対して
発達段階や本人の状況に合わせて、トレーニングに集中して取り組むことのできるように、環境にも配慮を行います。例えば、部屋の中に集中を妨げる刺激物を最小限にし、スケジュールを黒板に書いて視覚的に伝え時間に見通しを持たせることで、子どもが過ごしやすい環境をつくるなどです。

■ご家族に対して
子どもの発達について理解ができるように、検査の結果子どもの発達段階や、トレーニングを経たことによる子どもの言葉の変化について説明が行われたり、環境への配慮、日常生活の中でできるトレーニングなど、子どもの発達を伸ばすための工夫を教えてくれます。

また、子育てや、子どもの学校生活について家族の抱えている悩みや心配事を相談することもできます。

言語療法を受けるためには?

言語療法はどこで受けることができるの?

言語療法を受けるためには、医師の診察および処方箋が必要な場合があります。まず、かかりつけの病院で症状や困りごとなどを相談した上で、言語療法が必要かどうか判断しましょう。

日本言語聴覚士協会のホームページから、全国の施設検索が可能です。所在地や施設名や障害の種類で詳しく検索できるので、お住まいの近くの言語療法が受けられる施設を調べてみてはいかがでしょうか?

また、自治体によっては言語聴覚士による療育や在宅訪問サービスなどを行っていることもありますので、福祉などの担当窓口で相談してみるとよいでしょう。

以下のHPから、言語療法を行う専門家である言語聴覚士のいる施設を検索することができます。

言語療法を受けられる施設

■医療機関
病気やけがの治療やリハビリが目的の場合、担当医から紹介・指示を受けることになります。この場合、健康保険が適用となります。また、子どもの場合も医師の診断・指示があれば医療機関で言語聴覚士の指導を受け、健康保険が適用となることもあります。病院のリハビリテーション科を訪れてみましょう。

■教育・療育のサービス
子どもの場合、「言葉の教室」「きこえの教室」といった小学校などの支援級、特別支援学校、療育施設で言語療法を受けられる場合もあります。園や学校に相談したり、自治体に問い合わせましょう。健診や就学前健診で個別に相談・進められる場合もあるようです。その後、面談や審査など、所定の手続きに従います。地域によっても制度が異なりますので、お住まいの自治体に問い合わせましょう。

■福祉施設
施設・地域によって異なりますので、各施設や自治体の定める手続きをとります。訪問リハビリテーションなど介護保険の適用になる場合もありますので、福祉窓口、ケースワーカーや民生委員に相談してもよいでしょう。

■言葉の教室など
民間が行っている言語に関する指導を行う教室です。その場合には、施設に直接申し込みを行います。

言語療法にかかる費用は?

■医療機関
医療機関で治療・リハビリの一環として言語療法を受ける場合、費用は治療内容などによっても異なりますが、健康保険が適用されます。

一例として、辻みみはなクリニック(兵庫県)の場合の費用をご紹介します。

言語療法の費用 3割負担の方  3単位(1時間) 2,420円
        2割負担の方(未就学児) 1,690円
        各種医療券(乳幼児・障害児・母子)も適用となります
訓練時 診察をされたり、知能検査・聴力検査などを行った場合は負担額が追加となります。

出典:http://www.tuji3387.com/gengo2.html
■教育機関、民間
学校や療育センターなどで言語療法を受ける場合、無料から有料まで、自治体や施設により異なります。年会費などが必要になる場合もあります。

例えば、兵庫県の子ども発達支援センター(ひょうご子どもと家庭福祉財団)の場合の費用は以下の通りです。

子ども発達支援センターは、民間の福祉団体の「ひょうご子どもと家庭福祉財団」が運営しています。そのため、訓練やプログラムに参加していただく際には、保護者の皆様に費用の一部をご負担いただいています。
個別訓練費用
●月4回の場合:15,000円+消費税(月2回の場合:7,500円+消費税)
グループ訓練費用
●月4回の場合:9,000円+消費税(月2回の場合:4,500円+消費税)

出典:http://www5a.biglobe.ne.jp/~happykid/growth/habilitation_training.html
上記の料金は一例です。施設によって、また受ける回数や時間、サービスの内容によっても異なりますので、ご利用前に問い合わせることをおすすめします。

言語療法の体験談

言語療法について関心があるけれど、通うかどうかを迷っている方もおられるかもしれません。ここでは、実際に言語療法を行ったことのある方や、その保護者の体験談をご紹介します。

脳梗塞リハビリセンターで評価を受けた結果、失語症ということでした。軽度なのでなかなか周りが気づかないけれど、言葉がうまくしゃべれない、伝えたいことを頑張って言葉にするのだけど周りがうまく理解できない。文字がうまくかけない、短期記憶がうまくとどめられない、雑音などがイライラとしてしまうということでした。
(中略)
ちょっとした雑音なんかも気になるともう気になってダメだったんですけど、そういったことも少しずつ慣れてきたように思います。 先生からは、文字の書きやすさや記憶に関するところは少しずつ良くなったと言われています。(40代、男性、失語症)

出典:http://noureha.com/data/voice/case6/
言語療法を継続的に行っていくことで、言葉だけでなく、記憶についての機能の向上も期待できます。

初めての本格的なST指導に、お父さんは目を見張りました。「石川STは、その子がどこまで理解しているのか、何が足りないのか、ひとりひとりの状態を明確に把握している」と感じたからです。

(中略)
「ストローを吹く練習をしましょう」と教わったことも。「目的は口をすぼめた発音ができるようになることだったと思います。伸明は、意識的に息を吹くことができなかった。“ウーウー”になったり、“フ・ウ・フ・ウ”」と一語一語発声したりしていましたね。でもそういう練習をするといいだなんて、われわれには思いつかないですよ!」お母さんも、「“熱い食べ物をフーフーしましょう”とかね。そんなふうに生活の中で取り組めるヒントをくださる。それがさすがだと思いますし、親にはとてもありがたいんです」とおっしゃっています。

中川信子/著『発達障害とことばの相談 子どもの育ちを支える言語聴覚士のアプローチ』2009年/小学館/刊

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4098250470
思い通りに息をふきだすために、子どもが楽しみながら取り組むことのできるトレーニングを提供してくれます。家庭でも簡単に取り組むことのできるトレーニングを専門家に直接教えてもらえる場合もあります。

まとめ

言語療法とは、日常生活を送る上で欠かせない言葉や聴覚、嚥下(えんげ)に障害のある子どもや成人に対して行われるリハビリテーションのひとつです。

言葉を使って私たちは生活をしています。阻害されていた言葉や聞こえの問題を解決することは、単に言葉を話す、聞くことができるようになるという機能面の向上に留まらず、言葉を使って人とやりとりや、人とのふれあい通した安らぎというコミュニケーションをとることによる心の安定をもたらします。

障害のある人が、思い通りに言葉によるコミュニケーションを通して人とやり取りを行い、自分らしい生活を送ることのできるように手助けを行うのが言語療法です。
言葉が話せない子にもコミュニケーションの楽しさを!その方法とは?のタイトル画像
関連記事
言葉が話せない子にもコミュニケーションの楽しさを!その方法とは?
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…のタイトル画像
関連記事
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…
PECSとは?絵カードによるコミュニケーション支援の効果と内容、対象者まとめのタイトル画像
関連記事
PECSとは?絵カードによるコミュニケーション支援の効果と内容、対象者まとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

言語聴覚士(ST)とは? 言語聴覚士の資格・お仕事、言語聴覚療法についてくわしく紹介しますのタイトル画像

言語聴覚士(ST)とは? 言語聴覚士の資格・お仕事、言語聴覚療法についてくわしく紹介します

言語聴覚士とはどんな仕事かご存知ですか?比較的新しい資格ですが、映画『英国王のスピーチ』やドラマ『はつ恋』、『ラヴソング』などにも登場し、...
発語・コミュニケーション
54665view
2016/06/07 更新
構音障害とは?構音障害の原因、診断方法、訓練方法、家庭でできる工夫などを紹介のタイトル画像

構音障害とは?構音障害の原因、診断方法、訓練方法、家庭でできる工夫などを紹介

「構音障害」とは言語障害の一つで、同じ発達年齢の人が正しく発音できる音を習慣的に誤って発音している状態を指します。ことばの発達は心身の発達...
発語・コミュニケーション
84277view
2017/03/24 更新
特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
209007view
2016/08/14 更新
子どもの言語障害とは?さまざまな言語に関する障害の違いを徹底解説しますのタイトル画像

子どもの言語障害とは?さまざまな言語に関する障害の違いを徹底解説します

言語障害とは、言葉に関して困難さのあることをさします。中でも医学的なシーンで使われる「言語障害」は、発達期に言語の産出と理解が苦手であるた...
発語・コミュニケーション
10735view
2017/05/30 更新
ダウン症の治療法は?効果的な治療薬は存在するの?合併症の治療、療育、最先端の研究までご紹介しますのタイトル画像

ダウン症の治療法は?効果的な治療薬は存在するの?合併症の治療、療育、最先端の研究までご紹介します

ダウン症は染色体の突然変異によって起こります。ダウン症そのものの治療法は現在までのところありません。しかし心臓疾患などの合併症は早期発見、...
自分と家族のこと
7843view
2017/07/20 更新

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

熱性けいれんとは?対処方法やてんかんとの違い、危険なけいれん状態などについて詳しく解説しますのタイトル画像

熱性けいれんとは?対処方法やてんかんとの違い、危険なけいれん状態などについて詳しく解説します

熱性けいれんとは発熱時に起こる意識障害を伴う全身けいれんのことです。ひきつけとも呼ばれ、乳幼児期によく発症します。けいれんは自分の意志とは...
発達障害のこと
18973view
2017/08/17 更新
てんかんとは?原因や発作の種類、発達障害との合併や支援制度について紹介します!のタイトル画像

てんかんとは?原因や発作の種類、発達障害との合併や支援制度について紹介します!

てんかんは慢性的な脳の疾患で、けいれんなどの発作が起こります。100人に1人の割合で老若男女誰にでも発症する疾患です。てんかんの発作にはい...
発達障害のこと
91787view
2017/08/17 更新
夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介のタイトル画像

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介

夏休みの宿題、うまくいかずに悩んでいる親子も多いのではないでしょうか?一人ひとりの特性ごとに、その困りごともいろいろ。フォローする親のスト...
学習・運動
629view
2017/08/16 更新
国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!のタイトル画像

国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!

2017年9月に公認心理師法が施行されると、心理職初の国家資格「公認心理師資格」が誕生します!これまで、日本国内の心理職は「臨床心理士」と...
将来のこと
20081view
2017/08/09 更新
発達障害の子どもとの夏休みはどう過ごす?よくあるお悩みと対処法5選!のタイトル画像

発達障害の子どもとの夏休みはどう過ごす?よくあるお悩みと対処法5選!

いよいよ8月、子どもの夏休みにちょっとお疲れの保護者の方も多いのではないのでしょうか?子どもにとってはワクワクの夏休みも、「宿題が計画的に...
自分と家族のこと
13463view
2017/08/07 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。