言語聴覚士(ST)とは? 言語聴覚士の資格・お仕事、言語聴覚療法についてくわしく紹介します

言語聴覚士(ST)とは? 言語聴覚士の資格・お仕事、言語聴覚療法についてくわしく紹介しますのタイトル画像

言語聴覚士とはどんな仕事かご存知ですか?比較的新しい資格ですが、映画『英国王のスピーチ』やドラマ『はつ恋』、『ラヴソング』などにも登場し、知名度も上がっています。ことばやコミュニケーション、摂食嚥下に困難がある人にとって、言語聴覚士はとても頼りになる存在です。言語聴覚士の資格や仕事について、また、言語聴覚療法に関してどんなサービスが受けられるかまとめました。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 l
37133 View
目次 言語聴覚士とは? 日本における言語聴覚士の位置づけ 言語聴覚士になるには 言語聴覚士が支援する対象 言語聴覚士のサービスを受けるには? 言語聴覚療法の概要 言語聴覚療法の効果・メリット 他機関との連携 まとめ

言語聴覚士とは?

言語聴覚士は、言語や発声・発音、聴覚、認知などの機能が損なわれておこるコミュニケーション障害と、食べたり飲み込んだりすることなどに困難がある摂食・嚥下障害(えんげしょうがい)に対しての支援を行う専門家です。医師や他の医療関係者と連携を取りながらサポートをするコ・メディカルスタッフの一員で、英語のSpeech-Language-Hearing Therapistを略してSTとも呼ばれます。

食べること、人とコミュニケーションをとることは、人間が生きていくうえで欠かせません。ところが、なんらかの要因でこれらがうまくいかないと、日常生活を送るだけでもとても大変になってしまいます。なかでも、音声によって自分の気持ちや意思を伝える「話しことば」は、コミュニケーションの大きな手段です。その手段がうまく使えないと、孤独や生きにくさを感じてしまうかもしれません。

言語聴覚士は、そんな人々をサポートする重要な役割を担っているのです。まず、その困難の原因がどこにあるのかを調べ、どんなサポートが必要かを考えます。そして、必要な機能やその代わりとなる手段の獲得を目指し、その人らしい豊かな生活を目標に様々な支援をします。

日本における言語聴覚士の位置づけ

日本において言語聴覚士は、1997年に制定された言語聴覚士法で定められた国家資格です。厚生労働省は法律に基づき、以下のように定義しています。

II 言語聴覚士の定義
 言語聴覚士とは、厚生大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある人々に対して、その機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいうものです。

(言語聴覚士国家試験受験資格の認定について |厚生労働省HP)

出典:http://www1.mhlw.go.jp/topics/tyokaku/tp0918-a.html
この制度は1999年からスタートしました。毎年1千5百名程度が国家試験を経て有資格者となり、2015年の時点で2万5549人が言語聴覚士として活躍しています。

言語聴覚士になるには

高い専門性を要する言語聴覚士になるには、文部科学省または厚生労働省が指定する養成校で学び、言語聴覚士国家試験に合格する必要があります。

2016年現在、全国に73校ある指定養成校で「言語聴覚士学校養成所指定規則」に定められたカリキュラムを修了し、一般教養と言語聴覚障害学の専門的な知識や技術を身につけるのです。

卒業する前に、例年2月に行われる国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣より免許が交付されます。有資格者となり、言語聴覚士名簿に登録すれば医療機関や福祉の現場などに就職し、言語聴覚士として働けます。

言語聴覚士が支援する対象

言語聴覚士はことばとコミュニケーションに障害のある人を支援するスペシャリストです。その業務には、単なる障害の克服・機能回復だけでなく、機能面で障害があってもその人らしい生活が送れるように支援することも含まれています。

主に支援するのは言語・聴覚の障害ですが、食べ物を飲み込む嚥下障害(えんげしょうがい)もカバーします。

それらの障害のもととなる原因は、病気・事故・発達上の特性など多種多様です。また、ことばの発達などに問題を抱える子どもから、嚥下障害や失語症のあるお年寄りまで、対象となる年齢が幅広いのも特徴です。

対象とする障害の種類

言語聴覚士が支援する障害は、おおまかに3つに分けられます。

1.ことばの障害
ことばの障害にはさまざまなものがあります。

言語機能の障害
認知や感情、言語をつかさどる脳機能の障害である高次脳機能障害のひとつです。以前は獲得していた言語能力(ことばを理解する・話す・読む・書くなど)が失われたり低下する失語症など、事故や病気による脳機能の損傷で起こる場合があります。

言語発達遅滞(げんごはったつちたい)
子どもの場合、知的障害や自閉症など発達障害のため、ことばやコミュニケーションの習得が、同年齢の子どもに比べて遅れる場合があります。

声や発音の障害
声の高さや大きさ、イントネーションや速さに異常がある、かすれるなど声質の異常(嗄声)がある、声が出ないなどの音声障害、正しく発音ができにくい構音障害、ことばが円滑に出てこなかったりつまったり、同じ音を繰り返してしまう吃音(きつおん)などがあります。

2.きこえの障害(聴覚障害
高齢、また病気や怪我できこえが悪くなる場合もあります。きこえが非常に悪ければ、周囲の音が聞こえずに生活しづらく、ときに危険な目に遭うこともあります。大きな物音はきこえる状態であっても、状況や音量によって会話がうまく理解できないなど、日常生活に影響が出てしまうこともあります。高い音や低い音だけがきこえづらい場合も、言語の獲得に支障が出たり、生活で困ったことが起こることもあります。

また、生まれつき耳のきこえが悪い場合には、ことばの習得が遅れることがあります。子どもは乳児期から周囲の大人の話しているのを聞いたりコミュニケーションを取ることなどを通してことばを覚えていくからです。しかし、たとえ聴覚障害があっても、適切な支援や指導があれば、ことばやことばに代わるコミュニケーション手段の習得は可能です。

3.食べる機能の障害(摂食・嚥下障害
脳卒中やがんなどの病気や外傷、加齢などにより、食べ物をそしゃくしたり、飲み込んだりするのが困難になる障害です。うまく飲み込めず、むせてしまったり、気管に入って肺炎を起こすこともあります。脳性まひや知的障害、口唇口蓋裂などにより起こる場合もあります。

言語聴覚士のサービスを受けるには?

言語聴覚士のサービスを受けられる場所

言語聴覚士のサポートを受けようとする場合、まず考えられるのは、医療機関に紹介を受けてのリハビリや訓練です。現在、言語聴覚療法士の7割以上が医療機関に所属し、言語聴覚療法を行っています。病院で受診する科は障害によって異なりますが、医師に言語聴覚療法について相談してみましょう。必要に応じて紹介してくれます。

そのほか、療育施設や老人介護施設などの福祉施設や、「ことばの教室」「きこえの教室」・通級指導教室・特別支援学級・特別支援学校などの教育現場に言語聴覚士が配属されていることもあります。また、個人で開業している教室などもあります。

日本言語聴覚士協会のホームページから、全国の施設検索が可能です。所在地や施設名、施設や障害の種類で詳しく検索できるので、お住まいの近くの言語聴覚療法が受けられる施設を調べてみてはいかがでしょうか?

また、自治体によっては言語聴覚士による療育や在宅訪問サービスなどを行っていることもありますので、福祉などの担当窓口で相談してみるとよいでしょう。

言語聴覚士のサービスを受ける手続き

・医療機関で言語聴覚療法を受ける場合
病気やけがの治療やリハビリが目的の場合、担当医から紹介・指示を受けることになります。この場合、健康保険が適用となります。また、子どもの場合も医師の診断・指示があれば医療機関で言語聴覚士の指導を受け、健康保険が適用となることもあります。

・教育・療育のサービス
子どもの場合、「ことばの教室」「きこえの教室」といった小学校などの支援級、特別支援学校、療育施設で言語聴覚療法を受けられる場合もあります。園や学校に相談したり、自治体に問い合わせましょう。健診や就学前健診で個別に相談・進められる場合もあるようです。その後、面談や審査など、所定の手続きに従います。地域によっても制度が異なりますので、お住まいの自治体に問い合わせましょう。

・福祉施設
施設・地域によって異なりますので、各施設や自治体の定める手続きをとります。訪問リハビリテーションなど介護保険の適用になる場合もありますので、福祉窓口、ケースワーカーさんや民生委員さんに相談してもよいでしょう。

・言語教室など
民間の言語指導を行う教室などもあります。その場合、施設に直接申し込みます。

言語聴覚士のサービスにかかる費用

・治療・リハビリの場合の費用
医療機関で治療・リハビリの一環として言語聴覚療法を受ける場合、費用は治療内容などによっても異なりますが、健康保険が適用されます。

一例として、辻みみはなクリニック(兵庫県)の場合の費用をご紹介します。

言語療法の費用 3割負担の方  3単位(1時間) 2,420円
        2割負担の方(未就学児) 1,690円
        各種医療券(乳幼児・障害児・母子)も適用となります
訓練時 診察をされたり、知能検査・聴力検査などを行った場合は負担額が追加となります。

出典:http://www.tuji3387.com/gengo2.html
・教育・療育の場合の費用
学校や療育センターなどで言語聴覚療法を受ける場合、無料から有料まで、自治体や施設により異なります。年会費などが必要になる場合もあります。

例えば、兵庫県の子ども発達支援センター(ひょうご子どもと家庭福祉財団)の場合の費用は以下の通りです。

子ども発達支援センターは、民間の福祉団体の「ひょうご子どもと家庭福祉財団」が運営しています。そのため、訓練やプログラムに参加していただく際には、保護者の皆様に費用の一部をご負担いただいています。
個別訓練費用

●月4回の場合:15,000円+消費税(月2回の場合:7,500円+消費税)
グループ訓練費用

●月4回の場合:9,000円+消費税(月2回の場合:4,500円+消費税)

出典:http://www5a.biglobe.ne.jp/~happykid/growth/habilitation_training.html
上記の料金は一例です。施設によって、また受ける回数や時間、サービスの内容によっても異なりますので、ご利用前に問い合わせることをおすすめします。

言語聴覚療法の概要

言語聴覚療法の流れ

では、実際に言語聴覚療法はどのように行われるか、基本となる流れを見ていきましょう。

1. 検査・評価
まずは最初にご本人の状態や状況を調べるため面接をします(導入面接・初回面接)。そして検査をしたり、行動を観察したりしながら、問題やメカニズムについて調べます。既往症や生育歴、医師による診断などの情報を集め、分析し、その人に合った支援の方針やプログラムを考えます。

2. 訓練・指導
機能の獲得や回復を目指し、その人にあったさまざまなプログラムが行われます。ご本人への訓練や指導のほか、ご家族や職場にも環境調整へのアドバイスや代替手段の提案を行うこともあります。

3. 効果の測定 
訓練や指導でどのような効果があったのか、検査なども行いつつ客観的に判断します。その結果を分析しつつ、訓練や指導の方向性を修正し、効果の測定を繰り返していきます。

障害ごとの訓練の内容

障害の状態に応じて行われる機能訓練を具体的にご紹介します。

■発声
声を出しにくい場合、息を吐いたりためる練習、長く声を出す訓練など、声を適切な強さで出すための訓練をします。壁や机を押すなど上半身に力を入れながら声を出すプッシング・プリング訓練と呼ばれる方法もあります。声を無理に出している場合は、しばらく声を出さないよう安静にしたり、声の出し方をコントロールする練習をします。

■構音
声帯から唇まで、ことばを話すときに使う器官をうまく動かすためのトレーニングをします。舌を適切に動かす運動をしたり、発音する口の形を練習したり、さまざまな方法でことばを明瞭に発する訓練をします。子どもの構音障害の場合、発声・発語器官へのアプローチだけでなく、自分の声や人の声に耳を傾ける練習や音韻認識の課題なども併せて行います。

■言語
様々な場面で、言葉を理解し使う練習をします。絵の描かれたカードから言語聴覚士が示したことばに合うものを選んだり、状況を説明したりする訓練や、文章を読んだり書きとる訓練などがあります。子どもの場合、意味の理解や語いを広げる、興味の幅を広げるなどの関わりも行われます。これらを遊びの場面で行うこともあります。話しことばの獲得とともに、ことば以外のコミュニケーション手段の獲得を目指すこともあります。

■聴覚障害
補聴器や人工内耳などを使い、調整しながら音を聞き取る訓練をします。手話やサインなどのコミュニケーション手段の獲得を目指すこともあります。

■高次脳機能障害
記憶、注意力を高める、ものごとを遂行する、気持ちをコントロールするなどの練習をします。思い出して話したり、数字を並べたり、方法はさまざまです。

■食べる機能の障害
レントゲンを使った嚥下造影検査(VF)など様々な検査・観察・多角的な評価を行い、問題点を把握します。その上で食事の種類や形状といった内容の検討を行います。口や舌、飲み込む動きのトレーニングや、実際に食べたり飲んだりする練習もします。食事の姿勢や食べ方、いろいろな角度から安全に食べる機能の回復を目指します。ケースによっては医師らとともに胃ろう造設などの検討を行うこともあります。

■生活上の障害
・実用的な方法の提案
上記のような機能獲得の練習と同時に、今すぐ役に立つような代替手段を提案することもあります。うまく話せなくなったり、声が出にくくなった場合、絵や写真、50音表、パソコンやタブレットを使うなど、その人が円滑に意思表示をするための方法を考え練習します。また、記憶に障害がある場合はメモやボイスレコーダーの使用を試してみることがあります。これらは機能改善の練習と一緒に行うことで相乗効果を生むと言われています。

・家族やまわりの人への指導
家族や先生、職場の方がご本人とコミュニケーションをとったり、援助をしたりする方法についてアドバイスを行うこともあります。

子どもの言語聴覚療法について

子どもの場合、年齢や発達に合った方法を取りながら、一人ひとりに合わせた支援を行います。興味のある教材を使い、遊びの中で行うこともあります。場合によっては、個別のほか、グループ療法も行います。学童期の子どもで、すぐ忘れてしまう、文字が読むのが難しいなど、学習面で困難を感じている場合は学習指導をすることもあります。

摂食・嚥下障害の場合、食べる機能の訓練のほか、食べる楽しさや意欲を引き出す食環境指導や、食事の内容や食器の選び方、介助へのアドバイスなど、子どもがうまく食べられるようになるための支援を行います。

言語聴覚療法の効果・メリット

自分の気持ちを伝えられないもどかしさは、とても苦しいもの。言語障害の場合、努力をしても効果がすぐに出にくいことも多く、つらいこともあるでしょう。周りの人に話し方を否定されたり、強制的に直されたりするうちに、話すこと自体をあきらめ、コミュニケーションを取ろうとしなくなってしまうことさえあるのです。

そこで、コミュニケーションを取りたいと思えるよう、意欲を高めつつ、適切な方法で訓練を進めることがとても大切になってきます。

そんなとき、言語聴覚士はとても頼りになる存在です。専門的な知識や経験から、その人に合わせた適切なリハビリの方法やプログラムを考えてくれます。言語聴覚療法を受けるのは、わずかな時間かもしれませんが、そこで知った正しいトレーニングは、日常生活に生かせます。また、その訓練が効果的かどうか、言語聴覚士は常に評価しながら進め、見直してくれます。

機能回復だけでなく、生活やコミュニケーションがしやすくなる実用的な手段をアドバイスできるのも言語聴覚療法の強みです。心理面でのアプローチや本人をはじめ、家族への指導もしてくれるので、精神面での支えにもなってくれます。

以下に、実際に言語聴覚療法を体験した方の経験談をご紹介します。

病院などにいるST(言語聴覚士)は、医療の立場からことばや聞こえの問題、発達の問題にたずさわるリハビリのプロです。声が出る仕組みや、聴覚、嚥下など・・かなり幅の広い知識をもち対応していただけます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1438438094

不快な練習から生まれたものでは、コミュニケーションは暗いものになってしまいます。
パターンを提示する側が矯正しようと躍起になっていれば、子どもは喋ることに恐れを抱くようになります。

まずは、一度「言語聴覚士」の評価を受けて、プログラムを提示して貰うのが得策かと思いますよ。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1270633192

どう関わったら伝わりやすいのかなど、ヒントを見つけることができましたし、アドバイスもいただいてきました。

言葉の遅れもありましたので、先生とのやりとりの中で、幼い頃は語彙を増やす訓練。訓練中は座位を保ち、椅子から離れないなど。

小学校に入ってからは、勝つこと、一番になることにこだわり、それができないと悔し泣きをする回数を少しでも減らすべく、感情のコントロールができるようにするような訓練でした。

最後の方では、文章を先生が読み、その文章を聞き取れているかどうかを確かめるために、問題を出し、口頭で答える訓練でした。

その時々で、息子の課題は異なり、必要なことを訓練していただいたと思っています。親としての希望も伝えました。惰性で長く通いましたが、診断された頃のことを考えると、思った以上に伸びているので、通った意味はあったかと思います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12147549947

他機関との連携

言語聴覚士はチーム医療の一員として、言語聴覚療法を進めていきます。医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、保健士や児童相談所の職員・ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職など、必要に応じて、幅広い人々と連携し、協力し合って、支援が行われます。

まとめ

おいしく食べることや、人とつながりあいことばや気持ちを通わせることは、大きなよろこびであり、人間が根源的に持っている大切な欲求です。それが困難であるつらさや生きづらさを理解し、その人の気持ちに寄り添いながら、伝え合うための手段を示し、その喜びを支えてくれるのが言語聴覚士のもっとも大切な役割ではないでしょうか?

言語障害や摂食・嚥下障害は、適切な訓練を早くスタートすることが回復への近道です。特に高次脳機能障害の場合、早期のリハビリがその後の機能回復を左右すると言われています。

ぜひ、言語聴覚療法について理解を深め、困難を感じている人がコミュニケーションの楽しさを獲得してくださることを願ってやみません。

言語療法・言語聴覚療法とは?言語療法の対象となるのはどんな人?具体的な方法、費用について紹介しますのタイトル画像
関連記事
言語療法・言語聴覚療法とは?言語療法の対象となるのはどんな人?具体的な方法、費用について紹介します
吃音とは?症状、原因、治療法を解説!のタイトル画像
関連記事
吃音とは?症状、原因、治療法を解説!
言語発達遅滞とは?言葉の遅れ、言葉が出ない原因、家庭でできるトレーニング、相談先まとめ大公開!のタイトル画像
関連記事
言語発達遅滞とは?言葉の遅れ、言葉が出ない原因、家庭でできるトレーニング、相談先まとめ大公開!
9b82ca9c4b4efc235f1a9b6c99ebbe5965543abb l
監修: 井上 いつか
言語聴覚士(ST)
フリーランス
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

言語療法・言語聴覚療法とは?言語療法の対象となるのはどんな人?具体的な方法、費用について紹介しますのタイトル画像

言語療法・言語聴覚療法とは?言語療法の対象となるのはどんな人?具体的な方法、費用について紹介します

言語療法(言語聴覚療法)とは、日常生活を送る上で欠かせない、話す、聞くなどの機能に障害のある子どもや成人に対して行われるリハビリテーション...
発語・コミュニケーション
26419view
2016/10/25 更新
特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
131108view
2016/08/14 更新
構音障害とは?構音障害の原因、診断方法、訓練方法、家庭でできる工夫などを紹介のタイトル画像

構音障害とは?構音障害の原因、診断方法、訓練方法、家庭でできる工夫などを紹介

「構音障害」とは言語障害の一つで、同じ発達年齢の人が正しく発音できる音を習慣的に誤って発音している状態を指します。ことばの発達は心身の発達...
発語・コミュニケーション
23539view
2017/03/24 更新
作業療法士(OT)とは?資格・お仕事、発達障害への支援について紹介しますのタイトル画像

作業療法士(OT)とは?資格・お仕事、発達障害への支援について紹介します

作業療法士とは、人々の個性や症状を考慮しながら、その人らしくいきいきと生活していけるように、からだとこころのサポートをしてくれる存在です。...
身のまわりのこと
24481view
2016/07/28 更新
コミュニケーション障害とは?俗称と医学的定義の違いは?症状の種類や原因、治療方法まとめのタイトル画像

コミュニケーション障害とは?俗称と医学的定義の違いは?症状の種類や原因、治療方法まとめ

コミュニケーション障害とはことばを扱うことに対して障害が発生する疾患です。インターネットなどでは「コミュ障」として認識されている場合もあり...
発語・コミュニケーション
62661view
2016/12/25 更新

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

ターナー症候群とは?特徴や合併症、検査内容、治療法などをご紹介しますのタイトル画像

ターナー症候群とは?特徴や合併症、検査内容、治療法などをご紹介します

ターナー症候群とは、染色体の異常が原因で低身長や女性ホルモンの不足といった特徴を引き起こす疾患で、女性だけに起こります。症状は一人ひとり異...
自分と家族のこと
152view
2017/04/26 更新
精神疾患とは?症状や診断方法ごとの種類、原因からチェック方法まで解説しますのタイトル画像

精神疾患とは?症状や診断方法ごとの種類、原因からチェック方法まで解説します

精神疾患とは、何らかの脳の働きの変化により心理的な問題が生じ、感情や行動などに著しいかたよりがみられる状態のことです。厚生労働省が指定する...
自分と家族のこと
394view
2017/04/25 更新
解離性障害とは?そもそも解離って?原因や症状、治療方法や自閉症スペクトラムとの関連も詳しく解説しますのタイトル画像

解離性障害とは?そもそも解離って?原因や症状、治療方法や自閉症スペクトラムとの関連も詳しく解説します

解離性障害は、耐えられないほどのつらい出来事やストレスがあると、その記憶や感情を脳が切り離してしまい、記憶を失ったり、自分が自分でないよう...
発達障害のこと
1525view
2017/04/25 更新
DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル第5版)とは?概要、作成目的、ICDとの違いを解説しますのタイトル画像

DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル第5版)とは?概要、作成目的、ICDとの違いを解説します

病気や障害について調べていると、「DSM-5」や「ICD-10」という言葉を多く目にするのではないでしょうか。これらは、疾患や障害を分類す...
発達障害のこと
787view
2017/04/25 更新
児童発達支援管理責任者って?実務経験って何を指す?なるための要件、研修の申し込み、注意点についてのタイトル画像

児童発達支援管理責任者って?実務経験って何を指す?なるための要件、研修の申し込み、注意点について

児童発達支援管理責任者とは、放課後等デイサービス事業所をはじめとする障害児支援施設で、療育をリードする役割の人です。平成29年4月より新た...
発達障害のこと
2159view
2017/04/22 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。