子どもがお友達を噛んでしまう・・・そんな時はどうしたらいい?

2016/01/18 更新
子どもがお友達を噛んでしまう・・・そんな時はどうしたらいい?のタイトル画像

わが子がようやく幼稚園に通い始めたと安心したのに、お迎えに行くと先生からトラブルのお知らせ・・・。お友達とのけんかでは、怪我をした方もさせた方も、ママはつらいものですよね。しかし、たびたび噛んでしまう場合は、どのように対応していけばいいのでしょうか。子どもの噛み癖について解説していきます。

5a14ec71168ce0b15c0e9cece3865e308e28e32b s
yumiK
25519 View

なぜ噛んでしまうの?

子どもは、理由なく家族やお友達を噛むわけではありません。

幼い時期では、相手に甘えたりじゃれたりする延長で噛むことがあります。噛むこと自体が遊びになっているのでしょう。

幼稚園に行く時期になると、自分の意志とお友達の意志が衝突する場面も増えます。自分の気持ちを伝えたい、でも言葉が追いつかないというときに、噛んでしまうのです。

噛まれた相手にとっては、痛くて嫌なこと。
噛んだ後の相手の表情や、喧嘩の展開をみて、意見を通したい場面での安易な手段として、誤って覚えてしまう事もあるそうです。

自我が芽生え、自分の気持ちを認識しはじめたとき、言葉でうまく伝えることができないがために、噛むという手段をとるのです。

発達の個人差が大きい保育園・幼稚園時代

幼稚園・保育園の年齢は、成長のスピードの様々。

すごく発達の幅が大きい年齢でもあるかも知れません。
ある子は自分の名前を漢字で書き、ある子は未だ一人遊び…しかしどちらも正常発達の範囲内なんですよね。

出典:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2329289.html
大人でも、感情が高ぶったり、動揺している時は、上手く言葉が出てこないもの。
喧嘩の手段として誤って学んでしまうことは避けたい一方で、我が子なりの成長は見守っていきたいですよね。

でも、言葉が話せるようになって、意思の疎通ができるようになると、うそのように収まりますよ。

それまでは、お子さんの気持ちに寄り添って、目を離さないことです。
そして、いっぱい話しかけて、会話を楽しんでください。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1356870548

言葉の代わりに噛んでしまう!そう知ったママができること

一緒にいるときに、子どもが噛んで気持ちを伝えてきた場合、どうすればいいのでしょうか。

おもちゃを貸してほしい、順番を変わってほしいなど交渉の場面では、その子が言葉に詰まってしまい困る前に「次かして、だよね」など、気持ちを表現する言葉を教えてあげましょう。

もし、子どもが噛んでしまった場合、叱ったり相手の痛みを伝えるだけではなく「噛む代わりにどう伝えれば良いのか」そのフレーズを教えてあげましょう。

・噛んだ相手がわかっている場合は出来るだけその都度謝って誠意を見せる
・子供には口で噛んだらダメな事を伝える
・先生に協力をお願いする

出典:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5116108.html?from=recommend
子どもがお友達を噛んでしまう・・・そんな時はどうしたらいい?の画像
Upload By yumiK
保育園・幼稚園の集団生活では、子どもの発達の段階に差があり、それぞれのママの考え方も異なります。

場面に応じて謝罪したり説明したりする場面も出てくるかもしれません。時間はかかっても、収まる時はやってきます。それまでは、必要に応じて担任の先生に相談する、パパにも協力してもらう、など周囲の人を頼りながらじっくりとつきあっていきましょう。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
50193 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4403949 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2134909 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
25704 view
2018/09/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。