持ち上げロボットになってない?私が学んだ「本当の抱っこ」とは

持ち上げロボットになってない?私が学んだ「本当の抱っこ」とはのタイトル画像

療育施設に息子と一緒に通い始めた私。先生が教えてくれたのは、特別な訓練法ではなく「抱っこ」の大切さでした。

Eb4ac3033e8ab3591e0fcefa8c26ce3fd36d5a0f s
かず
25531 View

成長の土台に「母子関係」がある??

当時3歳の息子が発達障害と診断され、一緒に通い始めた療育施設。

そこでは何よりもまず、母(家庭で母的な役割をする人)と子どもの愛着関係をしっかり作ることを、療育の重点に置いていました。

子どもの発達には、人と関わることなど様々な体験が必要です。
しかし「自信」がなければ、子どもは冒険に乗り出していくことはできません。ではその「自信」はどこから来るのでしょう。

それは「自分は親に、皆に愛されて、大切にされている」という実感から生まれるというのです。
親子の深い絆が、子どもの心の発達の土台であり、生きる原動力となる、こういった考えから施設で大事にされていたのが「抱っこ」でした。

はじめは戸惑いました。
息子は頻繁に抱っこを求めてくる子どもでしたから、私には「もう十分にやっている」という気持ちがあったのです。

その頃の私の悩みは、息子が同じ年くらいの子どもと関わろうとしないこと。
親子関係はいいから早く友達と遊べるようになれる療育をして欲しい、というのが本音だったのです。
持ち上げロボットになってない?私が学んだ「本当の抱っこ」とはの画像
Upload By かず

充分だと思っていたのに。心が抱っこされていなかった…

ところが、「お母さん、ぎゅーっと抱っこして」などと繰り返し声かけされるうちに、私は、あることに気づきました。

息子が、抱っこされながらも私の胸にぴったりくっついていられない、ということ。
息子の体を引き寄せても、緊張したような顔をしてすぐに離れてしまうのです。
抱っこされている息子と私の目が合うこともほとんどありませんでした。

息子は、抱っこの最中も、母親と一緒にいるという安心感や愛情をまるで感じていなかったのでした。
私は、息子にとって体を持ち上げてくれるだけの「抱っこロボット」みたいなもの。
息子が他の子どものように、母親の体に安心して体を預けていないことに、気付かなかったのです。

今まで息子が何度も、しかも長時間抱っこを求めてきたのは、安心させてくれるはずの母親にいくら抱かれても、安心感を得られなかったからなのだと、その時やっと理解しました。

ショックでした。
しかし、私が息子を抱っこしながら考えていたことは、「重い」「いつ降ろそうか」「そろそろオムツ替えしないと…」といったことばかり。
息子の表情をよく見たり、ほほえみ合ったりすることを、意識していませんでした。
持ち上げロボットになってない?私が学んだ「本当の抱っこ」とはの画像
Upload By かず

抱っこ、抱っこ、また抱っこ!息子の変化

それからは、しっかりと母子関係を築こうと気持ちを入れ替え、今まで以上に息子を抱っこするように心がけました。

すべり台の下で待ち、滑り降りて来た息子をキャッチ。そしてぎゅーっと抱っこ。

朝の会で先生とタッチして戻って来た息子を「すごいね!」とほめながら抱っこ。

先生たち「お母さんの所に行くよ」「お母さんの抱っこ、嬉しいね」と母親を意識させるよう声掛けしてくれました。

しばらく経つと、息子は私に抱っこされたくて、勢いよく飛び込んでくるようになりました。
ぴったりくっついて、嬉しそうな息子に私は母親としての喜びをひしひしと感じることができました。

「本当はずっとこうしたかったのかぁ」
やっと、心が通うことを実感できた瞬間でした。
持ち上げロボットになってない?私が学んだ「本当の抱っこ」とはの画像
Upload By かず

療育をしようと、母のすることは一つだけ。

その頃から、息子はクラスのお友達に興味を持ち始め、遊びたがるようになりました。
私との関係を足掛かりにして自分から「友達関係」という冒険に乗り出して行ったのです。

本当の抱っこを知って、そして新しい成長のステップへ進んだ息子をみて、「母子関係の土台作り」が子どもの成長にいかに大切かを知りました。

療育というと特別なことをするのだと思いがちですが、母親がすることは、あくまでも「子育て」なんですね。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
50503 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4404603 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2135382 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
26054 view
2018/09/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。