2度の転校から学んだ、引っ越しを「成長の転機」にする工夫とは?

2度の転校から学んだ、引っ越しを「成長の転機」にする工夫とは?のタイトル画像

NPO法人HAHATO.CO盛岡支部代表SONOです。転勤などで引っ越しとなると、通勤時間と住環境を優先してしまいがちではないですか? すると、学区の学校に子どもたちは自動的に通学することになります。一度住所が決まってからの越境や更なる引っ越しは、とてもエネルギーの要ることですよ。我が家の体験から、引っ越しと学校選びについて書いてみたいと思います。

27b37cbcd1da7b04f8f78c990fe964c5804e0506 s
24905 View

我が家の引っ越しと転校

我が家は主人の転勤による引っ越しが多く、子どもたちは2度の転校を経験しました。人見知り・場所見知りが激しく変化に抵抗のある子どもたちには、転校は一大事。そこで行った工夫をみなさんにお伝えしたいと思います。

一度目の転校は…

小さい頃何度か引っ越しを経験してましたが、3歳から10歳になろうという時まで、約7年間も関東で過ごした息子。
友だちもでき、学校生活も徐々に慣れてきていた時期だったこともあり、京都への引っ越しを伝えると大荒れに荒れました。

「オレのせいじゃないのに、なんでオレがこんな目にあわないといけないんだ!」

引っ越した京都には息子の好きな自然もありました。学校も大きすぎず落ち着いており、クラスの子どもたちも暖かく迎えてくれました。

しかし息子は、何とか教室に入れても、席にはつけず、給食も食べられず…といった状況に陥りました。
担任の先生は息子に無理強いをせず、加配の先生も丁寧に相手をしてくれました。

それでも毎朝登校までに時間がかかったり、たどり着いても教室の隅に座り込んでいたりとなかなか馴染めない様子に、担任の先生から勧められて、通級と児童相談所通いがスタートしました。

元々マイナス思考な息子は、前の学校では当たり前だった、学校に通うことや集団活動に参加することができなくなってしまった自分に大ショック。

できていたことができない。できるはずのことができない。

クラスの子たちも先生方も親切にしてくれましたが、息子は「何が分からないのかも分からない」ので、つまづく度に本人にも先生にも「前の学校との違いは何なのか、どうすれば抵抗が少ないのか」を伝えました。

その地域やその学校では当たり前となっていることが、息子にとっては知らないこと・初めてのこと。

息子には分からないかもしれない・難しいかもしれないのだと、想像を働かせてもらわなければならないので、理解してもらうには、なかなか時間がかかりました。

多くの方の協力により少しずつ学校に慣れていった息子ですが、その後クラス替えによってまた状況は振り出しに戻ってしまいます。

それ以降、5年生から中学校1年生の1学期までの間は、教室を変えても何をしても給食が全く食べられず昼食抜きの日々、体操服にも着替えられず小学生の間は私服、中学生になってからは制服の下に体操服を着ることでしのぎました。

どんなことで、なぜつまづくの?

2度の転校から学んだ、引っ越しを「成長の転機」にする工夫とは?の画像
Upload By SONO
転校は子どもにとって大きなストレスです。

地域や学校によって、「当たり前」とされていることが大きく違っているのですが、保護者も先生も、どのような変化があり、どれくらいのことを克服していかなければならないのかという具体的な課題とそのストレスを、あまり重く見ていないように思います。

私も実際、息子がつまづくことで気付いたことが多いです。
1度目の転校で息子がつまづいた点は次のとおりです。

前の学校は校舎の入口が一つで、全学年の靴箱が並んでいたが、新しい学校は学年ごとの校舎や靴箱に変わり、履き替え方が分からない。

前の学校は壁のない教室だったが、新しい学校は壁やドアのある教室で、ドアを開けなければならず入りづらい。

・給食に出てくるメニューに見たことのないものが多く、食べられない。

・体操服が変わり、体育の授業での着替え方も違っていて、どう着替えていいか分からない。

・移動する授業で、どこに移動したらいいか分からない。

・「リュック」→「ナップザック」など、モノの呼び方が違っていて分からない。

教科書が変わって、習う順番も違っているので、みんなが覚えていることが分からない。

・図工で「コンテ」を持ってくるよう言われたが、どんなものか分からない。買っても使い方を知らない

・話されていることが方言だったり訛りがあったりで、よく分からない。

周りの子の見様見真似で乗り切ることのできる子でも、このような違いに自ら気づき質問することができたり、周りの友だちや先生が「当たり前と思わずに」教えてくれなければ、新しい環境に対応できないでしょう。

発達凸凹っ子がすんなり対応できるかどうかは、言う必要もありませんね。

二度目の転校…の前に一工夫

一度目の転校は、良い先生方に恵まれ、通級教室の親の会の方々にも助けていただき、食べる・着替える以外のことには徐々に対応できるようになり救われました。「少しでも馴染める環境を」と配慮していただき、運と縁に恵まれたと思います。

次なる夫の勤務先が決まったのは、息子が小学校卒業、娘が卒園を間近に控えた時です。どちらも入学という時期ですので、いずれにせよ環境の変わる今が転校のチャンスだと、夫や親戚の人たちは言いました。

しかし実際は、入学先の学校と何度も面談をしたり、本人も見学や体験に行ったりなど、環境の変化に対応する準備をいくつも積み重ねる必要がありました。

一度目の転校で、住まいや学校の違いによるストレスが大きいことを学んだ私は、あまりにも急な転勤に、「転校までの移行期間」を設けました。

「転校しても良い」と子どもたち2人が思え、共に良い転校先が見つかることを目的に、すぐには転校せず少し時間を設けたのです。
夫には単身赴任を体験してもらい、子どもたちはゴールデンウィークに父親の元へ遊びに行きました。

「引越す場所を見に行く」のではなく「父親の住んでいるところへ遊びに行く」というのは、抵抗なく楽しめた様子です。

短期間の滞在でしたが、見知らぬ町が「行ったことのある町」になりました。父親のワンルームマンションでぎゅうぎゅう詰めの不便さも、楽しい思い出となったようです。

その後、子どもたちは「引越してもいい」と言うようになりました。

そこから本格的な就学相談をスタート。既に父親が住んでいることもあり、仕事の合間に様子を見たり相談に出向いたりもお願いしました。

そしていよいよ転校。子どもたちは…?

【息子の場合】

息子には、特別支援学級があり、理解と配慮を得やすい中学校を紹介していただきました。どのようなことでつまづくのか、事前に学校の先生方に伝えておきました。

本人にも、「きっと分からないことがあるだろう」という心の準備をしてもらいました。

今度の中学校は、始業式など学期の始めに実力テストがありましたが事前に教えてもらっていたので、疲れはしたものの、落ち着いていられました。

靴を「ズック」、上履きを「中ズック」、登校用の指定リュックを「ザック」と呼んでいました。初めは混同してどちらを指しているのか分かりませんでしたが、パニックにはなりませんでした。

習っていることの違いにも、今回は動揺せずにすみました。先生方も、「前の学校とは違うかもしれない」ことを常に考えて接してくれました。
前の中学では靴も靴下も自由だったので、学校指定の靴に、これまでと同じ靴下を履いていましたが、クラスの子が「色付きは違反だよ」と教えてくれ、校則違反だと知りプチパニックになる事もありました。

これらは息子が困ることを予測して、配慮を受けての結果です。配慮を受けられる学校を選んでいなければ、きっと結果は違っていたでしょう。

食べることと着替えることについては、息子自身が小学校時代の通級指導の先生に言われた「環境が変わる時がチャンス」という言葉が浮かんだそうで、意を決して本人自ら挑戦しました。

昼食はおにぎりからスタートし、徐々に弁当に移行しました。着替えについては「制服の下に体操服を着る」ことが新しい学校のやり方だったため、すんなり対応できました。
2度の転校から学んだ、引っ越しを「成長の転機」にする工夫とは?の画像
転校後に娘が書いていた言葉
Upload By SONO
【娘の場合】

幼稚園の間に不登校を経験し、入学前から小学校の配慮を受けていた娘。たった1学期の期間でしたが、通級しながら安心して登校させてもらっていた学校からの転校です。

事前に2つの転校先候補を紹介していただきました。感覚過敏から、1つの学校の校舎には一歩も足を踏み入れることができず…もう一方の学校へ入学をお願いしました。

「体操服はみんなと違っていてもいいから、前の学校のがいい」という娘に「転校生も何人もいるから、サイズが合わなくなるまでは、それでいいよ」と校長先生。

後ろに人がいると落ち着かなくなる娘は、最初は一番後ろの席にしてもらえました。

場面緘黙の起こる娘が返事のできないことがあっても、かすかな反応を大事にしてくれました。通級はさせてもらっていませんが、学校内の多くの先生方に配慮を受けています。

これから転勤などで引越しされる方へ

住む場所さえ決めれば、後は自動的に決まってきますし、様々な手続きも早いです。

でも、もし子どもがその選択により学校に通えなくなったらどうでしょうか?

学校とのやり取り、通院、日々の子どもへの対応など、私はとても大変でした。

出口のないトンネルを歩いているような生活が始まります。その状態になってしまってから、越境しようか、また引っ越そうかというのも相当なエネルギー。

実際にいくつかの学校を見てきましたが、親子共に心身疲弊している中でそれをするのは本当に大変です。

息子の一度目の転校は、たまたま運が良かったものでした。それでも、みんなと一緒に給食を食べられない2年余りの日々は大変でした。

例えば、林間学校はどうやっても食事が取れず具合を悪くした息子を迎えに行きました。一泊だった修学旅行では、大量のアミノ酸飲料で凌ぎましたが、帰るまで心配でしたよ。

それでも息子が様々な体験に挑戦しようという気になり、達成感を得られたのは配慮やたくさんの方の支えがあってのことなのです。
2度めの転校を機に「お昼を学校で食べてみよう」と思えたのも、その下積みのおかげです。おにぎりからスタートして今では普通にお弁当を食べられるようになったのも、その後の支えのおかげ。

転勤などで引越しされる方、そして家を建てようという方、家族みんなが落ち着いて生活していくために、どうぞ学校選びを優先してはいかがでしょうか。

必要な配慮をもとに子どもが安心して過ごしていくためには、学校選びだけではなく、配慮のために必要な情報を子ども本人や学校の先生方にきちんと伝えいくことが大事だと思います。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

インクルーシブ教育とは?その考え方や背景、具体的な取組み、課題点についてまとめました。のタイトル画像

インクルーシブ教育とは?その考え方や背景、具体的な取組み、課題点についてまとめました。

インクルーシブとは、「包括的な」「包み込む」という意味です。インクルーシブ教育の導入により、就学先決定の仕組みや、通常学級で障害のある子ど...
進学・学校生活
94639 view
2016/09/20 更新
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」のタイトル画像

自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」

子育てを楽にするアイデアツール発明家、楽々かあさんこと大場美鈴さんが『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる1...
自分と家族のこと
21567 view
2017/05/01 更新
第11回教育実践フォーラム開催!テーマは「学校教育における合理的配慮」のタイトル画像

第11回教育実践フォーラム開催!テーマは「学校教育における合理的配慮」

教育を取り巻く課題と実践、未来の展望を考える「教育実践フォーラム」、第11回のテーマは「学校教育における合理的配慮」。最新の実践・研究動向...
進学・学校生活
9367 view
2017/10/06 更新
新学期、学校生活をスムーズに始めたい! 夏休み中にできる準備・新学期前後に心がけるポイントまとめのタイトル画像

新学期、学校生活をスムーズに始めたい! 夏休み中にできる準備・新学期前後に心がけるポイントまとめ

8月も終盤、もう少しで新学期が始まるという子どもも多いのではないでしょうか?新学期を迎えるにあたり、「再び学校生活になじめるか不安」「学校...
進学・学校生活
7204 view
2017/08/21 更新
「スクールカウンセラー」は悩める親子の強い味方!専門家・池田行伸教授に聞く、上手な活用術とは?のタイトル画像

「スクールカウンセラー」は悩める親子の強い味方!専門家・池田行伸教授に聞く、上手な活用術とは?

就学期のお子さんを育てている、悩める保護者のみなさん!「スクールカウンセラー」って、どんなイメージがありますか? 「まとまった相談ごとが...
進学・学校生活
6333 view
2017/11/06 更新

この記事を書いた人

SONO さんが書いた記事

学校に行き渋る我が家の子どもたち、おこづかい制度に新システムを導入したところ…のタイトル画像

学校に行き渋る我が家の子どもたち、おこづかい制度に新システムを導入したところ…

お久しぶりです。学校になかなか行けない息子と、やはり時々何かしらで休んでしまう娘。そんな状態の我が家ですが、楽しく学ぶ視点や発想は失われて...
学習・運動
16819 view
2017/06/04 更新
社会科が苦手な発達障害の娘。試行錯誤の末、辿りついた学習法は…のタイトル画像

社会科が苦手な発達障害の娘。試行錯誤の末、辿りついた学習法は…

娘と試行錯誤をしながら都道府県の暗記学習に取り組み、県庁所在地まで覚えた過程をご紹介します。子どもによって、物事の記憶の仕方は違いますよね...
学習・運動
28951 view
2017/03/19 更新
できないことが増える…それは息子にとって、必要な変化だったのタイトル画像

できないことが増える…それは息子にとって、必要な変化だった

子どもは様々なことが理由で、これまでできていたことも、できなくなることがあります。気付いたのは、「できない」ことが増えるのは、多くの場合は...
発達障害のこと
17754 view
2017/02/01 更新
小4の娘が漢字を習得した方法で気付いた、学習支援で大切なことのタイトル画像

小4の娘が漢字を習得した方法で気付いた、学習支援で大切なこと

NPO法人HAHATO.CO盛岡支部SONOです。発達障害の子には、漢字や計算の繰り返し練習が苦手な子が多いですよね。我が家の子どもたちも...
学習・運動
45575 view
2016/10/15 更新
気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とはのタイトル画像

気づけば息子を責めてばかり…。感情のまま叱らずに済む方法とは

息子の子育てで落ち込んでいた私ですが、失敗から学んだことも沢山ありました。発達障害児の子育ては予想外の連続。私の体験談をご紹介することで、...
自分と家族のこと
22612 view
2016/07/30 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。